主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CREATIVE 『Aurvana air EP-AVNAIR』 アタッチメント無し

「すごくいいですよー!」って言われると、逆に冷めたりしますよね。
でも、本当に気に入ってしまったので、調子に乗ってまさかの第2弾です。
今回は、『アタッチメント無し』でのレビューをお送りいたします。
第1弾の『アタッチメント有り』と比較してお楽しみ下さいませ。
CREATIVE社の開放型耳掛けイヤホン「Aurvana Air EP-AVNAIR」です。

※画像は本当にすみません。期待せずお待ち下さい。

○購入価格 (購入場所)

7980円(Amazon)

○音の印象(付属のアタッチメントは使用していません)

EP-AVNAIRは、AURVANAヘッドホンやEP-630などが代表的な、
CREATIVE社の耳掛け型の開放型イヤホンです。
先日『アタッチメントあり』でのレビューを行いましたが、
アタッチメントが無いほうが個性的なので、こちらもレビュー致します。

低音は、アタッチメント無しのほうがよく跳ねます。
キレがあきらかに向上する印象です。
全体を包み込む低音ではなく、
曲をリードするような積極的な低音が響きます。

中音域は、アタッチメント無しだととてもソリッドに出ます。
エッジがやや増し、元気のよさが一段階上がります。
反面、ちょっとうるさく聴こえてしまうこともあります。

高音域も他の音域に漏れず、さらに主張が強まります。
温かみというよりは、クリアな印象です。
金属的な響きはより豊かになりますが、
声楽のハイトーンなどはさらに細く感じました。

音の分離もさらによくなり、よりはっきりくっきりと分かれます。
反面、一体感はさらに減少しています。
装着感はさらに向上し、軽さとあいまって非常に快適です。

より万能な使い方をしたいなら、アタッチメント有りがオススメです。
様々なクセが抑えられ、不足がちな厚みが若干増します。

EP-AVNAIRの個性を楽しみたいなら、アタッチメント無しがオススメです。
複数のイヤホンを使い分けている方、
あるいは曲の好みがはっきりしているような方であれば、
万能を求めて個性を薄めるのはもったいないかもしれません。
アタッチメント無しこそ、このイヤホンの本領だと感じました。

○似ている機種

アタッチメントをはずすことでよりA8からは離れ、SR225に近づきました。
高音域だけならば、ATH-CM700のクールで無機質な感じが似ています。

○ハードウェア面の印象

耳に当たる部分にゴム状の素材が使われており、
形状記憶合金のフック部分とあいまってより快適な付け心地です。

○価格など

評価が変わるほどではありませんが、コメントが変わります。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆★ (量が増え、無機質になりました)
中音域:☆☆☆☆★ (よりクールになりました。温かみは減りました)
低音域:☆☆☆☆☆ (分離がさらによくなりました≒曲との一体感がさらに減りました)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆☆ (個人的には、アタッチメント有りより評価は高いです)
ハードウェア面    :☆☆☆☆★ (細かいところにこだわりを感じます)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ (ここは変わりなく)
お気に入り度     :☆☆☆☆☆ (アタッチメント有りより気に入っています)

得意ジャンル:ロック、ジャズ、クラシック(一体感は無し)など
苦手ジャンル:ヒーリングなどは合わないものがあるかもしれません
オススメCD:未だ絞れずにおります。

※追記
べた褒めをするというのは、中々怖いものです…
他のレビューでは批判的な意見も散見されますので、
様々なサイトをご覧頂ければ幸いです。
インイヤー型イヤホン | コメント:1 | トラックバック:0 |

CREATIVE 『Aurvana Air EP-AVNAIR』 アタッチメント有り

在庫があるのに、最近買ったものからレビューしてしまうのは、
いわゆる先入先出法というやつに近いかもしれません。
今回ご紹介するのは、最近何かと話題の、
CREATIVE社の開放型耳掛けイヤホン「Aurvana Air EP-AVNAIR」です。
なお、アタッチメント(付属のスポンジ)を使用しております。
アタッチメント不使用のレビューもございますので、合わせてお楽しみ下さい。

※画像は半分あきらめております。期待せずお待ち下さい。

○購入価格 (購入場所)

7980円(Amazon)

○音の印象(付属のアタッチメントを使用しています)

EP-AVNAIRは、AURVANAヘッドホンやEP-630などが代表的な、
CREATIVE社の耳掛け型の開放型イヤホンです。
超いいです。良すぎるので、冷静に書きたいと思います。

低音は、量、しまり、共にすばらしいです。
開放型イヤホンでは珍しいほど低音が響きますが、決して下品ではありません。
立ち上がりが早く、キレも十分に感じます。
伸びのあるふくよかな低音もいけますが、
ドラムなどに見られる破裂音の方が得意なようです。

中音域は十分ですが、他の音域に比べると気持ち引っ込んでいるように感じます。
まったりとしたボーカルよりははつらつとしたボーカルが合うようですが、
深みのある量感豊かな声(声楽など)もうまく表現してくれます。
ここは非常に表現の難しいところですが、
相反する2つの性質を両立している気がします。

高音域は伸びやかで、力強く鳴ります。
エッジが強めなので、ここで好みが分かれるかもしれません。
激しいときは力強い勢いを見せますが、
必要なときには十分に艶やかで、品のある高音を奏でてくれます。
しかし、低域や中域にふんわりと乗ってくるような音のときには、
少しだけ違和感を感じることもあるような。ないような。

音が形をもってきらきらと飛んでくるような印象です。
TVに例えれば、はっきりくっきり精細液晶という感じです。
そのため、繊細に作りこまれている音源であればあるほど、
非常に感動的な体験を得ることができます。
反面、音源に粗がある場合には、
粗がごまかし無く(むしろ目立って)聴こえてきます。
贅沢ではありますが、このイヤホンを使うならば、
iPod直差しのような最低限の環境で楽しむよりも、
そこそこの環境を整えた上で使用する方がいいかもしれません。

開放型なりの音漏れがありますので、注意が必要です。
外の音も聴こえますので、電車などでは聴こえづらく感じるでしょう。
他の開放型イヤホンヘッドホン同様、
室内かあるいはお散歩用途以外では、安易にすすめられない印象です。
モニター用途には向いていると思います。

可動部分が少なく、装着にコツが必要です。
また、カナル型やヘッドホンではないために、
耳の形によってうまく音が鳴らないことが考えられます。
iPod付属イヤホンなどのインナーイヤー型のものを使い、
ご自分の耳がインナーイヤー型に適しているのかを見極めた方がよいかもしれません。
装着がうまくいけば、装着していることを忘れるくらいに自然で軽いです。

分解能は、非常に高いです。このイヤホンの一番の特徴かもしれません。
分離が非常に良いためか、立体感のある音が聴こえます。
オーケストラでは、演奏者の位置までも把握できそうなほどです。
音場も広いですが、開放型としては普通~広め程度です。
しかし、密閉型やカナル型では中々得られない空間の広がりを感じられます。

総じて、
①音の立ち上がりがよく明瞭に聴こえ
②全体的にテンションは高めだが、響きの豊かな曲も十分こなし
③高い分離と広い音場で開放感あふれる音楽
を聴かせてくれるイヤホンだと思います。

○似ている機種

イヤホンではB&OのA8をさらにクリアにした感じ、
ヘッドホンではGRADOのSR225をもうちょっとおとなしくして万能にした感じです。
Edition7に匹敵するとのレビューもあるほどですが、
持っていないのでわかりません…
でも、ものすごくいい音です。

○ハードウェア面の印象

デザインにこだわっているらしく、美しいフォルムだと思います。
革製?のケースも付属しており、梱包などを見ても気合の入れようが伝わります。
反面、一つ一つのパーツが細いので、
ちょっとした反動でぽきっといってしまいそうで怖いです。
繊細で美しいがゆえに、扱いは慎重にといった印象です。
あと、先述の通り装着が慣れない内は難しく、
しかも装着方法によって音が変わりますので注意が必要です。
コードはくせがつきづらく、好印象です。
延長コードが無いのがちょっともったいないかも。
長さは普通ですが、家で聴くには短いかもしれません。

○価格など

Amazonでは9100円前後、クリエイティブストアでは10000円で
ここしばらく固定されているようです。
たまたまAmazonで7980円だったときに買いましたので、
今後値段がまた動くこともあるかもしれません。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆★ (キレの良さと品性を両立しています)
中音域:☆☆☆☆★ (クリアでありつつ余韻を感じます)
低音域:☆☆☆☆☆ (ふくよかで立ち上がりやしまりもよく、文句なしです)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆☆ (初めて満点を付けた気がします。超好みです)
ハードウェア面    :☆☆☆☆★ (丁寧に作られていますが、扱いは慎重に)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ (2~3万円台でもおかしくないと思います)
お気に入り度     :☆☆☆☆☆ (初聴きで鼻血が出たのはSR225以来です)

得意ジャンル:ジャズ、ポップス、ロック、クラシックなど
苦手ジャンル:未だ見つからず ヘビーロックがやや迫力に欠ける?
オススメCD:ありすぎて困ります。
        一つに絞って、追記します!

※特記!
これまででもトップクラスの超オススメ品ですが、
オススメであるがゆえの注意点をいくつか追記致します。

耳の形によっては合わない可能性があります。
装着状態によっては低音がスカスカになったり定位がおかしくなったりと、
十分なパフォーマンスが得られない場合があります。
特に耳穴の小さい方は、ご注意下さい。

また、音の分離が強く一体感が得られにくいため、
バンドサウンドやオーケストラの一体感が好きな方には嫌われてしまうかもしれません。

あと、耳掛け型ですので眼鏡の方は注意が必要かと思います。

金属アレルギーの方は、医師と十分にご相談下さい。

よいイヤホンライフを!
インイヤー型イヤホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

備忘録 未評価ヘッドホン一覧

10月7日現在、未評価の手持ちヘッドホンは以下の通りです。
(生産完了品(×印)を含みます)

・PHILIPS
 SHP8900
 HP1000 ×
 SBC HP830 ×
 SHE9501 (旧バージョン) ×
 SHE9501 (現行バージョン)
 SHE9500 (現行バージョン)←SHE9501の色違いです

・AUDIO TECHNICA
 ATH-ES7

・AKG
 K312P
 K24P ×
 K450

・CREATIVE
 AURVANA LIVE!
 AURVANA IN EAR

・DENON
 AH-P372

・GOLD RING
 DR150

・SENNHEISER
 PX200
 MX560
 MX760

・ETYMOTIC RESERARCH
 hf5

・BANG & OLFSEN
 A8

・大山コーポレーション
 AU-618 ×

以上、SHE9500を除き19台(14台+×5台)でございます。
こうしてみると、意外に少ない…。

基本的には、現行のものから気まぐれに進めます。
何か希望がありましたら優先して行いますので、
お手数ですがお知らせくださいませ。
その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

オーディオテクニカ 『ATH-CKS70』

久しぶりの更新に、ブログの感覚が戻っておりませんが…
この半年の間にも、イヤホンヘッドホンの在庫は増えるばかりでした。
今回ご紹介するのは、その中でも飛びぬけてお気に入りの、
オーディオテクニカ社のカナル型イヤホン「ATH-CKS70」です。

※画像は例によって準備中です。期待せずお待ち下さい。

○購入価格 (購入場所)

不明 (プレゼントでもらいました)

○音の印象

ATH-CKS70は、SOLID BASS SYSTEMなる機構を搭載した、
いわゆる低音よりのカナル型イヤホンです。

低音域はふくよかで、なかなか心地よいです。
量は多いですが下品ではなく、音楽全体をふんわりと包み込むような印象です。、
反面立ち上がりは遅めで、繊細さにはやや欠けます。

中音域は低域にやや引っ張られている印象ですが、
低域重視のカナル型にしてはなかなか良く出ています。
やわらかく、落ち着いた雰囲気のボーカルと相性が良いと思います。
アコースティックギターや、キレの良いボーカルには合わないようです。

高音域は、伸びやかに広がります。
キンキンとする感じが少なく、好印象です。
エッジが丸くふんわりとした印象の音であり、
金属的な響きは苦手のようです。

音が全体的に丸っこいですので、派手な音の表現は苦手のようです。
派手な音の好きな方が『低音重視』という言葉に引かれて購入されると、
ノリの悪さにがっかりされるかもしれません。
むしろ、薄暗い部屋で目をつむって、ヒーリングなんかを聴くのに合いそうです。

音漏れはほとんどありません。
装着感は良いですが、やや補足が必要で、
イヤーピースの位置が「浅め」「深め」の2種類から選択できます。
低音重視カナル型は耳の奥までしっかり入れたほうが個性が出ますので、
個人的には「浅め」(より出っ張る形)がオススメです。

分解能は、しっとりタイプのイヤホンの中では高いと思いますが、一体感は充分です。
音場は中々のもので、低音重視型にありがちな閉塞感は少なめです。

ブーミーで篭りがちになってしまう『低音重視』というコンセプトを、
なかなか高い満足度で仕上げているような印象です。
汎用性は非常に高いと思いますが、元気な音楽よりも、
しっとりとした音楽で本領を発揮してくれます。
クラシックも充分聴ける、貴重な逸品です。

○似ている機種

実は、MDR-EX500SLととてもよく似ています。
ちょっとドキッとするくらいよく似ています。
MDR-EX500SLの方が、よく言えばダイナミック、
別の言葉で表現すれば、やや大げさです。
MDR-EX500SLの方が、音の広がりが良くやや明るめです。
ATH-CKS70の方が聴き疲れしにくく、万能な印象です。
何となく違いが伝わりますでしょうか?

○ハードウェア面の印象

コードはしっかりしていて絡みづらく、とてもグッドです。
重さもほとんど感じませんし、長時間の装着にも疲れにくいです。
全体的に丁寧な作りで、作り手の愛を感じます。
特にマイナスポイントは見つかりませんが、強いて言えば、
装着時に「ロゴ」が目立つのがイヤという人もいそうです。

○価格など

価格コムで5000円をやや上回るあたりが、10月現在の最安値のようです。
最近は、いいイヤホンがお手ごろな価格で手に入るようになりました。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆★ (しっとりとしていて、伸びやかに広がります)
中音域:☆☆☆  (不満はありません)
低音域:☆☆☆☆★ (音楽をふっくらと包み込む低域です)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆★ (限りなく4に近いです)
ハードウェア面    :☆☆☆☆  (しっかりしていて好印象です)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆★ (この価格帯では、頭1つ出ていると思います)
お気に入り度     :☆☆☆☆★ (現在最も愛用しています)

得意ジャンル:あったかヒーリング、荘厳な音楽、バラード、ポップス
苦手ジャンル:パンク、テクノ
オススメCD:ドイツ グラモフォン スーパーベスト101 『PIE JESU』
        クラシックを聴けるイヤホンなんて、
        手持ちではこれとhf5くらいのものです!
        まして、この価格帯ではかなりまれなのではないでしょうか。
        外でも使えますが、クラシックなら家でじっくりが一番です。
        それでもイヤホンを使ってしまうのが、アレな感じです。
        オススメですよ!
カナル型イヤホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

更新再開します!

本当にすみませんでした!!
しばらく更新が止まっておりました…。
もう、半年以上?

それなのに、毎日数十人のお客様がいらして頂いていたみたいで、
本当に申し訳ない限りでございます…
ありがとうございます!

またぼちぼち続けさせて頂きますので、
暇つぶしにご覧頂ければ幸いです…
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。