主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

GRADO 『SR225』

すっかり暑くなりましたね!密閉型が嫌がられる季節の到来です。
と、友人に言っても全く理解してもらえませんでした。
というわけで、今回のレビューはGRADOの開放型ヘッドホン『SR225』です。

※写真は後ほどアップします。

○購入価格 (購入場所)

25000円 (インターネット通販:エアリー)

○音の印象

初めて聴いたときに、ものすごいショックを受けました。
開放型のヘッドホンなので、低音の音圧は感じません。
ですが、思いっきりロックです。ロックです!
私、趣味でドラムをたしなんでいるのですが、
スネアの音がこんなにスパーンと響くヘッドホンを他に知りません。
音域がどうこうと詳細に書くのが本来のレビューのあり方なのでしょうが、
そんなことを書くことすらためらわれるほどに『ロック』なヘッドホンです。
ただ、音の重量感は全くありません。スパーンと鳴らすのは得意でも、
ズバーンとかズドーンとかいった音は苦手です。

開放型なので遮音性はほぼゼロ、当然音もれもしまくりですが、音のこもりは皆無です。
まるでそこにバンドがいるかのような空気感です。

分解能も充分です。
例えるならば、全ての音が全て違うところから聴こえます。

音場は保有機種中最も広いです。
野外ライブの雰囲気が味わえます。

音の重厚さは全く感じませんので、ソースによっては全くのダメホンと化します。
後述しますが、これでクラシックを聴くとスカスカです。感動も何もあったもんじゃありません。
また、音が明るく楽し過ぎるので、ハードロックにも向いていないかなと感じます。

○似ている機種

GRADOサウンドと言う言葉があるほどに特徴的な音の鳴らし方なので、
似ている機種というのは見て取れません…
強いてあげれば、同社の他機種(SR325など)は当然のごとくそっくりです。
SR325はSR225の上位モデルで高いのですが、
私の耳では価格ほどの違いは感じなかったので、SR225を購入した次第です。

雰囲気だけなら、PX100がちょっと似ているかもしれませんが、どう考えても別物です。

○ハードウェア面の印象

特徴的過ぎて、何から書けばいいのやらと迷います。
まず、装着感は超独特です。誤解を恐れず書くのなら、
初めて付けた時に「これはひどい!」と感じました。

とにかく「ざらっ」とする耳あてスポンジ。
ところどころ毛羽立っているメッシュ地。
軽くてバリのあるプラチックなハウジング部分。

とても25000円の機種とは思えません!

ところが、これが意外なほど頑丈で、
すでに3~4年使用しておりますが、未だ何らの不具合もありません。
しかも、長年つけている内にスポンジのざらつきにも愛着が湧いてきて、
今では最も個性的で、最も愛すべきヘッドホンとなっております。

当初は1時間の装着で耳周りが痛くなっていましたが、
今はバンド部分も最適化され、長時間の使用にも違和感ありません。
※バンド部分は手で押し広げて調節しました。荒い!!

コードは硬めです。太くて扱いづらい印象です。
両耳出しのY字型なのですが、合流部のつくりもまたチープです。
絶対これはいかれるなと思いましたが、どっこい現役です。
驚きです。

あと、外では絶対に使えません。
音もれ的な意味でも、デザイン的な意味でも!
デザインは個性的で古めかしくて大好きなのですが、
これ付けて外に歩いて人に好印象を与えるほど、私はルックスに自信がありません。
早く写真アップしますね。多分、見たことない形状ですよ。

○価格など

参考価格は28000円前後です。
音の軽いロックを好んで聴き、
かつ個性的な音を出すヘッドホンがほしい人にのみオススメですが、
コストパフォーマンスがいいかどうかは疑問です。
あえて外で付け、「変態紳士」と呼ばれたい方には間違いなくオススメです。

GRADOは他にもヘッドホンをいくつかリリースしていますが、
音の方向性はどれもそっくりですので、
当機種かあるいは下位機種で充分のような気がします。

(音のバランス)
高音域:☆☆☆☆★(ジャズのライドなど、とてもきれいに響きます)
中音域:☆☆☆☆  (ごく自然な印象です。息継ぎまでわかります)
低音域:☆☆☆☆★(軽いですが、グルーヴ感たっぷりです)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆★ (ロックに限り、すばらしい音とバランスです)
ハードウェア面    :☆      (個人的には好きなのですが、ひどいです)
コストパフォーマンス:☆☆★   (ソースが極端に限られます)
お気に入り度     :☆☆☆☆☆(ロックが好きなので、最愛の機種です)

得意ジャンル:ロック(グラムなど軽いもの)、バンドサウンド、ジャズ
苦手ジャンル:ヘヴィなロック、クラシック、癒し系
オススメCD:DAVID BOWIE 『ZIGGY STARDUST』
        キラキラと星が瞬くようなロックです。
        名盤中の名盤ですが、最初から最後まで、
        その魅力をあますところなく引き出せるヘッドホンです。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング後の評価です。
スポンサーサイト

家用ヘッドホン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<特売情報 その1 | HOME | リンク追加しました!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。