主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雑記 teclast t51

ヘッドホンにこだわるのもいいけど
音源にもこだわったらどうなんだい!

という心の叫びに答える形であちこちの情報をさまよいまして、
選んだDAP(デジタルオーディオプレーヤー)が、Teclastのt51です。

個人輸入をすると、8Gの内蔵メモリに8GのSDがついて14,000円くらい?
iPodnanoくらいのお値段で買えますのです。

ふむふむと情報を見てみると、
高性能なアンプが2つも搭載されてるみたい。
こりゃ一大事だぜ!と思い、owntaで購入を決意。

届いて聞いてみると、いやぁやばいやばい。
初めてアバターを見たときくらいやばいです。

チープでよく分からない表現をすれば、音に立体感が出る感じ。
メリハリもあって、ライブハウスだったりコンサートホールだったり。
目を閉じれば浮かんでくるあの日の景色!

中国製の偽iPodtouchみたいなつくりのくせに
インターフェイスは結構がたがたのくせに
音だけはほんと感動です。

国内でも2箇所くらいで買えるみたいです。
ぜひお試しを!

ちなみに、備忘録を兼ねまして以下メモ書きです。

・ノイズの問題
t51のノイズは2種類

1.電源投入時のポップノイズ(大きめの音 ポッポッ)と
2.液晶がついているとき、無音部分(曲の頭やおしり)に乗るノイズ(小さめの音 ポポポポポポ)

1は、再生時の影響が無いという意味で特に問題なし
(イヤホンへのダメージは僅少と思われるが、注意が必要かも?)

2は、BA型イヤホン(AURVANA in EAR)等、特に能率の高いものを使用する際に気になる程度
設定で「操作をしなければ、液晶が6secで勝手に消える」ように出来るので
頭出し操作時のノイズだけ許容すれば以後問題なし
※試しに操作せず画面を消灯させた状態で1曲聴き、
 そのまま操作せず次の曲に自然にうつったところ、ノイズは発生しなかった
 上記の動作を複数回再現、再現率は100%

頭だしを多用する場合など、気になるときはアッテネーターを挟むと改善するかも?

・エンコーディング
ファイルエンコーディングにはEACを使用
ファイル形式はFLACがよい(可逆圧縮であり、理論上は音質の変化が無い)

・聞き比べ
CD6002+HD53Rと聞き比べたところ、主観的にはほぼ遜色なし
HD53Rの方がすっきり目でフラット、横方向の広がりが広い
t51の方がしっとりで、奥方向の深みが深い印象

ポータブルCDプレイヤー(D-NE20)と聞き比べたところ、差異を感じた
NE20は繊細だが音が軽く、広がり、深み共に足りない

iPhone(3GS)と聞き比べたところ、大きな差異を感じた
iPhoneの方が音が耳に近く、NE20以上に立体感が感じられない
音域バランスにクセがないため、あっさりともしっとりともいいがたいが
気軽に持ち歩くには最適
逆に、クラシックなど録音自体が広い空間で行われているもの、
ヒーリングなど意図的に広い空間を作り出しているものは
t51の方が圧倒的に良い
※ただし、iPhoneのファイル形式はMP3のため、
 厳密な意味での比較にはなっていない

・インターフェイス
タッチの誤認識、かゆいところに手が届かないシステムなど、総じてよろしくない
曲を送るとき、わざわざポッケから出して操作しないといけないのがめんどい
なんでタッチパネルにしちゃったの…

音量が無段階ダイヤル式なのは非常に良い
ポケットの中などで誤って動かしてしまうこともないし、
インターフェイスロック中でも音量操作が可能
ただし、乱暴に扱うとここから壊れそう

・耐久性
物理的に動作する駆動部がないため、衝撃には比較的強いと思われる
ガワの作りもしっかりしており、安心して使える
ただし、水分には注意

・おまけ
AppleのBA(4極式プラグ)では、音が歪んで聴こえることが判明
延長コードなど、本体を3極プラグで接続しさえすれば問題ない

LINEOUTが付いているため、スピーカーでも高音質を楽しむことが可能
とされているが、試してない

付属のUSBコードは、素人…もとい玄人にはオススメできない
とりあえず、フェライトコアのついてるUSBコードがオススメ

画面のキズが気になるなら、iPhone用のシートが使える…かもしれない
物によってはハサミでリサイズする必要があるため、注意が必要
100円ショップのやつを買ったら、あっという間にキズだらけになりました

バッテリーは不安でいっぱい
一応交換できない仕様になってるし
とりあえず、説明書の指示通り、
最初の3回までは満充電→完全放電を繰り返した

充電には7時間くらいかかる 長い!
使用時間は10時間くらい ちょっと短い…
バックライト設定を一番暗くしとくと吉
でも、ほっとくと画面が消える設定は気持ち長めがいいかも
画面消えると、すぐに次の曲の頭だしとかできないから
コンセントから充電できるのは良心的

イコライザはどいひー
無い(Nomal設定)方が10000倍良い
なぜか巻き戻しボタンのすぐ下にイコライザ設定ボタンがあるため
誤タッチしないように注意が必要
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雑記 音の科学 Pioneer SE-CLX9をいじって遊ぼう! | HOME | Creative 『AURVANA IN EAR』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。