主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オーディオテクニカ 『ATH-CKS70』

久しぶりの更新に、ブログの感覚が戻っておりませんが…
この半年の間にも、イヤホンヘッドホンの在庫は増えるばかりでした。
今回ご紹介するのは、その中でも飛びぬけてお気に入りの、
オーディオテクニカ社のカナル型イヤホン「ATH-CKS70」です。

※画像は例によって準備中です。期待せずお待ち下さい。

○購入価格 (購入場所)

不明 (プレゼントでもらいました)

○音の印象

ATH-CKS70は、SOLID BASS SYSTEMなる機構を搭載した、
いわゆる低音よりのカナル型イヤホンです。

低音域はふくよかで、なかなか心地よいです。
量は多いですが下品ではなく、音楽全体をふんわりと包み込むような印象です。、
反面立ち上がりは遅めで、繊細さにはやや欠けます。

中音域は低域にやや引っ張られている印象ですが、
低域重視のカナル型にしてはなかなか良く出ています。
やわらかく、落ち着いた雰囲気のボーカルと相性が良いと思います。
アコースティックギターや、キレの良いボーカルには合わないようです。

高音域は、伸びやかに広がります。
キンキンとする感じが少なく、好印象です。
エッジが丸くふんわりとした印象の音であり、
金属的な響きは苦手のようです。

音が全体的に丸っこいですので、派手な音の表現は苦手のようです。
派手な音の好きな方が『低音重視』という言葉に引かれて購入されると、
ノリの悪さにがっかりされるかもしれません。
むしろ、薄暗い部屋で目をつむって、ヒーリングなんかを聴くのに合いそうです。

音漏れはほとんどありません。
装着感は良いですが、やや補足が必要で、
イヤーピースの位置が「浅め」「深め」の2種類から選択できます。
低音重視カナル型は耳の奥までしっかり入れたほうが個性が出ますので、
個人的には「浅め」(より出っ張る形)がオススメです。

分解能は、しっとりタイプのイヤホンの中では高いと思いますが、一体感は充分です。
音場は中々のもので、低音重視型にありがちな閉塞感は少なめです。

ブーミーで篭りがちになってしまう『低音重視』というコンセプトを、
なかなか高い満足度で仕上げているような印象です。
汎用性は非常に高いと思いますが、元気な音楽よりも、
しっとりとした音楽で本領を発揮してくれます。
クラシックも充分聴ける、貴重な逸品です。

○似ている機種

実は、MDR-EX500SLととてもよく似ています。
ちょっとドキッとするくらいよく似ています。
MDR-EX500SLの方が、よく言えばダイナミック、
別の言葉で表現すれば、やや大げさです。
MDR-EX500SLの方が、音の広がりが良くやや明るめです。
ATH-CKS70の方が聴き疲れしにくく、万能な印象です。
何となく違いが伝わりますでしょうか?

○ハードウェア面の印象

コードはしっかりしていて絡みづらく、とてもグッドです。
重さもほとんど感じませんし、長時間の装着にも疲れにくいです。
全体的に丁寧な作りで、作り手の愛を感じます。
特にマイナスポイントは見つかりませんが、強いて言えば、
装着時に「ロゴ」が目立つのがイヤという人もいそうです。

○価格など

価格コムで5000円をやや上回るあたりが、10月現在の最安値のようです。
最近は、いいイヤホンがお手ごろな価格で手に入るようになりました。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆★ (しっとりとしていて、伸びやかに広がります)
中音域:☆☆☆  (不満はありません)
低音域:☆☆☆☆★ (音楽をふっくらと包み込む低域です)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆★ (限りなく4に近いです)
ハードウェア面    :☆☆☆☆  (しっかりしていて好印象です)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆★ (この価格帯では、頭1つ出ていると思います)
お気に入り度     :☆☆☆☆★ (現在最も愛用しています)

得意ジャンル:あったかヒーリング、荘厳な音楽、バラード、ポップス
苦手ジャンル:パンク、テクノ
オススメCD:ドイツ グラモフォン スーパーベスト101 『PIE JESU』
        クラシックを聴けるイヤホンなんて、
        手持ちではこれとhf5くらいのものです!
        まして、この価格帯ではかなりまれなのではないでしょうか。
        外でも使えますが、クラシックなら家でじっくりが一番です。
        それでもイヤホンを使ってしまうのが、アレな感じです。
        オススメですよ!
スポンサーサイト

カナル型イヤホン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<備忘録 未評価ヘッドホン一覧 | HOME | 更新再開します!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。