主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雑記 10月の検索ワード

皆さんがどのような検索をかけてこちらにいらして頂いたのかは、
ニーズを図る上でとても大切な情報だと思っております。
ということで、今日の雑記は10月の検索ワードについてお送りします。

先月の検索ワードでは、やはりHP101が独壇場でした!
1位、2位、4位が全てHP101関連でした。
HP101、とてもいいイヤホンですよ!
適度な遮音性と音漏れ防止でありながら閉塞感もきつくありませんし、
エージングを進めるにつれ低域の量も適度に増えてきました。
クラシックだけじゃなくポップやロックもいける、
万能型のイヤホンだという印象です!
多くの方に見られても恥ずかしくないように、細部のブラッシュアップをしようかな。

ついで多いのは、エージングに関するワードでした。
エージングの方法についてコラムを書いたからでしょうか?
あれが唯一ではありませんが、参考にして頂ければ幸いです。

次に多いのは、意外なワード『かわいいヘッドホン』でした。
かわいいヘッドホンに関する記事は、
この前の検索ワードに関する雑記以外では書いたことないんだけど…いいのかな?
写真アップしろってことかしら?ですよね!がんばります。

以下、ちょっと気になったものについてコメント申し上げてまいります。

○イヤホン 透明感
透明感のあるイヤホンをお探しですね。「透明感」というのは、
「開放感」や「高音がきれいに抜ける感じ」が良いものを言うように思います。

カナル型の場合、多くは閉塞感が強く鼓膜に届く情報量が多すぎて、
どうもすっきりと聴けるものが少ないように思います。
かつてはEX90というイヤホンがあり、個人的にはベストオブすっきりだったのですが、
現在は後継機種?のEX500というものに変わってしまい、すっきり感は減少しております。
HP101はある程度ご期待に沿えるかもしれませんが、
空間の表現に関しては、やはりカナル型なりの程度です。

そこでオススメなのが、いわゆる「普通の」イヤホンです。
機種はかなり限定されますが、開放感に関してはカナル型を大きく上回ります。
例えばE888は、ふんわりした温かく伸びやかな音が特徴で、おだやかな曲に良く合います。
低音も必要な量は出ますので、ポップスもいけます。
クラシックも聴くことのできる、数少ないイヤホンだと思います。

性格が異なりますが、オーディオテクニカの「7」シリーズもいいと思います。
「CM7」「CM7Ti」「CM700」「CM700Ti」といったあたりのイヤホンです。
高音域の金属的な響きや伸びは、E888とは対極的で、非常に刺激的な音と感じます。
得意ジャンルは打ち込みや、エッジの強い音楽など。
ソースが合えば、かなり良い音楽を聴くことができます。
しかし、装着の具合で音が激変してしまうので、
耳の形によっては最悪の音と感じるかも知れません。
ご購入前には、充分な試聴をオススメします!

また、普通のイヤホンタイプは音が漏れやすくなっています。
とくに、「7」シリーズをアタッチメントなしで聴く場合、音は駄々漏れです。
電車内などでは音量に気をつけましょう!

○イヤホン ロック向き
ロック向きのイヤホンということは、低域が強めでキレがよく、
冷静と言うよりは派手なものですよね。実は、これが中々難しくて。
EX500は低音があるのですがキレが弱いですし、
SHE9700も低域は強いのですが、音が冷静すぎて冷たい感じです。
うーん…HP101が保有機種の中では正解に近い…かな?
でも、これも繊細すぎて派手さに欠けるんですよね。
あるいは、CM700とか?ちゃんと装着すれば意外と低音も出ます。
ただ、低音が聴こえるように装着するのが難しいしなぁ…
なんとも難しいです!すみません!

○ESW10
オーディオテクニカ社から発売された最高級ポータブルヘッドホンが「ESW10」です。
各所のレビューを見ても非常に評判が良く、
価格相応かそれ以上の満足をもたらしてくれる、
ポータブルサイズ最高のヘッドホン…らしいです。
だって持ってないもの!高すぎます。ごめんなさい…
あと、比較的キズが付きやすく目立ちやすく、
外で使うにはかなりの勇気が必要と言うことだそうです。

○ヘッドフォン プロが選ぶ
プロユースのヘッドホンといえば、真っ先に思いつくのが900STと7506です。
どちらもSONYから発売されたもので、プロがレコーディングに使うような
本格的なスタジオで使われるヘッドホンといえば、まず間違いなくこれです。

では音がいいのかといえば、確かに音はいいのですが、
音楽的かどうかという点では疑問があります。
分解能が非常に高く、音が一つ一つ冷静に聴こえるので、
音を「確認」するスタジオでは、非常に重宝されるわけです。
しかし、音楽というのは有機的一体となって感動するものであると考えるならば、
バラバラと音の束がほどけきってしまうこのヘッドホンは、
音楽鑑賞には向かないように思うわけです。

楽器の練習をするならオススメです!
音楽を鑑賞するなら、あまりオススメできません…

○MDR-EX90 偽物
許せないですよね、ニセモノ!
日本ではニセモノはそんなに流通していませんが、
オークションなどで「海外仕様」とあるものに関しては、要注意です。
メーカーに海外仕様品があるかどうかをお問い合わせされるのがベストでしょう。
EX90のニセモノ(国内で流通していない非正規品)の大きな特徴は、

・パッケージの内部がスポンジではなく、プラスチックである。
(本物は固めのスポンジです)

・イヤホン本体、SONYのロゴがある部分の塗装がつやつやしている。
(本物はつや消し加工がされています)

というあたりです。
出品者の方がそれと気付かずに出品されているケースもありますので、
出品者が悪いのではなく、そんなものがあることが悪いと考えましょう。

余談ですが、SONYとオーディオテクニカは、非常にニセモノが多いです。
オークションでご購入される際には、充分注意をなさって下さいね。

○ヘッドホン 側圧 弱い 開放型
側圧の強いものは、私も苦手です…
私が保有している機種の中では、PX100で決まりだと思います。
私のヘッドホン趣味の原点です。いいヘッドホンですよ!

○ヘッドフォン 耳を覆う ポータブル
ありそうで中々ないんですよね…
ポータブルだとほとんどが耳のせ型ですから、これが嫌というお気持ちもわかります。
折りたたみは出来ませんが、AH-D1000なんかいかがでしょう?

○ベストなヘッドフォン
究極の質問ですね…
とりあえずeditiion9とSTAXのイヤースピーカーをオススメしておきます。
20万~40万くらいです。

以下は、番外編です。

○ウォークマン おすすめ イヤフォン HP101
もう答え出てるじゃないですか。

○家電量販店 店舗数
店舗数…難しいご質問です。
えらい多いです。

○北海道 家電店舗数
北海道?そんなに多くはないと思います。
店舗数調べるの流行ってるんでしょうか。

○カナル型 最高
ですよね!

○カナル 苦手
ですよね!

○iBasso 個人輸入
Chrisさんのブログをどうぞ!

○ヘッドフォン hd-25 街
見たことありますよ、某A葉原で。
無茶するなぁと思いましたが、ギリギリいけなくもないかもしれません。
でも、私はいきません。

○家電 店員 知らないふり
店員さんだましたりしちゃダメですよ!まったく…
店員さんの知識のほどを確認するために、
「あんまりイヤホンとか詳しくないんですけど…」みたいな感じで
いやらしくアプローチするなんて、もってのほかです。
ほんとすみません、気をつけます。

○イヤホン うまい収納
100円ショップで、4個100円で売っているちっちゃな入れ物がありまして、
それにくるくるとまとめて入れております。
レンジにも使えるそうです。

○SHE9700 サー
愛ちゃん?

○ヘッドホン 擬人化
edition9はダグラス・カイエン、オルフェウスはソープです。

○ヘッドフォン 擬人化
SR-225はパルテノです。スパークと悩みましたが、スパークはES7にしました。
ちゃあはAU-618です。

面白い検索ワードを期待しております。
これからもよろしくお願いします!
スポンサーサイト

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<雑記 『秋のヘッドホン祭』 | HOME | SONY 『MDR-EX500SL』>>

この記事のコメント

初めまして、Amazonでレビュー書いとる者です。
まさかヘドホン&FSSヲタが自分の他にもおられるとはw
擬人化は難しいです、e9がカイエンならe7はハイアラキでせうか?
ワスチャのAU-618は納得w
2008-12-02 Tue 10:34 | URL | 504z@東区 [ 編集]
>504z@東区 様

コメントありがとうございます!
や、気付かれましたですかw
e7はハイアラキ、あるいはマキシかもしれませんw
ちゃあはAU-618で間違いないと思います。

ヘッドホンアンプは詳しくないのですが、
アンプの擬ファティマ化もやってみたいですw
2008-12-04 Thu 18:00 | URL | レッツ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。