主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SONY 『MDR-EX500SL』

SONYの名機『EX90』が生産終了になり、新しく『EX500』が発売されました。
名機の後継機種というのは、名機たる旧機種とどうしても比較されてしまうという、
厳しい運命を避けることが出来ません。
各所でEX90とEX500が比較され、厳しい評価が下されてしまうわけです。
「がんばれEX500!」という願いをこめまして、
今回ご紹介するイヤホンは、SONYのカナル型イヤホン『MDR-EX500SL』です。

    

○購入価格 (購入場所)

EX90SLの初期不良交換対応で、EX90SLの在庫が無いため受領した品です。

○音の印象

中価格カナル型イヤホンの雄「EX90SL」の後継機種です。
EX90SLの致命的な弱点であった『音漏れ』『遮音性』について改善がされているようです。
独特の形状は、好みを選ぶかもしれません。

低音域は多いです。厚みや量感が充分で、迫力があります。
キレは少なめで、多少ぼわついた感じを受けますので、
これが嫌という人もいるかもしれません。
しかし、他の音域を支えるベースとしての低音をしっかりならしてくれますので、
音楽鑑賞の際にはどっしりとした安定感を感じます。

中音域はややウォーム寄りで、心地よいです。
低音域のカゲに入ってしまう感じはありますが、
ボーカルにしてもギターにしても、しっかりと聴くことができます。
芯のある音を鳴らしてくれますので、安心出来ます。
アコースティックな音は得意ですが、無機質な音はやや苦手かもしれません。

高音域は、美しくのびやかに聴こえます。
キラキラした金属的な音ではなく、しっとりとみずみずしい感じです。
クリアな音ということではありませんが、
色気のある音や、やさしい音の表現が上手いです。

エッジは全体的に丸いですが、低音域がややくどいので聴き疲れします。
耳に刺さる感じはありませんので、ソースが合えば長時間聴いていられます。

密閉型のカナル型イヤホンですが、音漏れは多少あります。
電車の中でも、音量に気をつければ普通に使える程度です。
遮音性は密閉型にしてはやや悪いですが、実用には問題ないと思います。
開放感はありませんが、閉塞感はきつくありません。

分解能はやや高めで、それぞれの楽器の個性が楽しめます。
音場は密閉型のカナル型イヤホンとしてはやや広い方と思いますが、
価格なりと言えば価格なりかもしれません。

通勤通学のお共にはちょうど良いと思います。
低音が目立ちますので、ポップスやロックを好んで聴かれる方には、
選択肢の一つにぜひ加えていただきたい逸品です。
激しいロックやパンク、メタルなどは、
ウォームな感じのEX500とは合わない可能性がありますので、注意が必要です。

○似ている機種

後継機種ということで、旧機種のEX90SLとの比較が気になるところと思います。
EX90のイヤーピースを大きめのものにし、耳にぎゅっと押し込むと、
低音が強くなり多少閉塞感が生まれますが、
そのときの音に似ているように感じます。
私はMサイズを使用していますが、試しにEX90をLサイズに変えてみたところ、
エッジの感じを除いて非常に良く似ているように感じました。
余談ですが、EX500をLサイズにしてみたところ、
低音が過剰に聴こえてしまい音楽鑑賞には耐えませんでした。

他にも、低音がやや目立って適度な開放感と閉塞感があり、
音が全体的にウォームという意味では、PX200と似ていると感じました。
そもそもの形状が異なりますので全く近いということではありませんが、
得意の分野などは同じカテゴリーに入ると思います。

○ハードウェア面の印象

全面はアルミの高級感ある概観ですが、
裏面は黒いプラスチック?素材が使われており、ややチープな印象です。
ドライバをイヤーチップと平行に設置しているため、
イヤーチップを耳の奥まですっと入れることが出来ます。
装着感は、同価格帯のカナル型では最高峰だと思います。

イヤーチップにもこだわりがあり、硬さの異なる2種類のゴムを使うことで、
音の通り道がつぶれて狭くならないように工夫されています。
こうした小さな心配りがうれしいです。

コードはいわゆるネックチェーン方式です。
左右の長さが違うのは、音にこだわる人は気になるかもしれません。
コードの固さは普通~やや柔らかめで、クセはつきにくそうですが、
プラグ部分の作りが華奢なのでここから断線しそうです。

個人的に非常に残念なのは、ケースです。
作りがしっかりしており、収納もしやすく使い勝手がよさそうなのですが、
フタの部分がボタンではなく、大きな板磁石が使われています。
スピーカードライバには磁石が使われており、音を発生させるのは磁力によるものです。
ですから「スピーカーに磁石を近づけない」というのは、
オーディオファンの間では常識です。
実際、この程度の磁石の磁力であれば問題はないということなのでしょうが、
どうにも気になってしまうので、私は使用を断念致しました。
作りがいいだけに、とてももったいないです…

○価格など

家電量販店の店頭価格では、1万円前後が主流のようです。
新製品ということもありますので、今後の価格動向に期待です。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆★ (温かみのある美しい高音です)
中音域:☆☆☆☆  (出しゃばらない、奥ゆかしい中域です)
低音域:☆☆☆☆★ (人によっては過多と感じるかもしれません)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆  (どっしりとしており、かなり良いです)
ハードウェア面    :☆☆☆☆  (ケースとチープな質感以外は満点です)
コストパフォーマンス:☆☆☆    (価格よりやや良い感じです)
お気に入り度     :☆☆☆☆  (電車移動の友です)

得意ジャンル:ポップス、ロック、歌謡曲から、ゴシック系の曲やクラシックもいけます
苦手ジャンル:打ち込み、さわやか系のロック、あっさりとした曲や無機質な曲
オススメCD:ICO ~霧の中の旋律~
       大島ミチルさんによる、ゲームのサウンドトラックです。
       非常にこだわりを持って作られている、名盤だと思います。
       自然の音や生の音をふんだんに取り入れており、録音状態もとても良いです。
       荒廃しているけれどもどこか温かなメロディラインは、
       芯のある低音とウォームな雰囲気を兼ね備えたEX500にぴったりです。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
スポンサーサイト

カナル型イヤホン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<雑記 10月の検索ワード | HOME | Technics 『EAH-210』>>

この記事のコメント

EX500のレビュー乙です。
僕は、EX500をキャンセルしてSA6に浮気してしまいました。結果に関しては、レビューすら挙げていない事から察して下さいorz
やはり、みなさんのレビューを読むとEX90の後継とは言い難いようですね。
とりあえず、EX90はキープしておいて良かった。
2008-10-30 Thu 14:56 | URL | benoit [ 編集]
>benoitさん
SA6、オーディオファンの間では微妙な評価のようですね…
着眼点は非常に良いと思うのですが、
今後の改良に期待ですね!

EX90とは、遠い親戚といった感じです。
私もEX90を1個キープしておきましたw
一概にマルバツでは表せませんが、
個人的な評価はEX90の方が若干上です。
何で生産終了しちゃったんだろうなぁ…
2008-10-31 Fri 10:09 | URL | レッツ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。