主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ULTRASONE 『DJ1 PRO』 ※良品レビュー

以前記しましたレビューについて、
初期不良品のため音域のバランス、明瞭感のバランスなどが、
良品と異なるものとなっておりました。

10月23日、修理されて戻って参りましたので、新たに修正後のレビューを記します。
なお、異ならないと感じる部分につきましては、過去の文章のまま載せております。
比較参照が出来るように過去のレビューも残しておりますが、
基本的にはこちらをご参照頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

    
○購入価格 (購入場所)

15800円 (フジヤエービック セール時)

○音の印象

S-LOGICとULEという、不思議な機構を備えたヘッドホンです。
全体的にノリが良く、明るくテンションの高い音を鳴らします

低音域は気持ちよく出ます。
立ち上がりが良くキレがあり、ノリの良さを演出しています。
不自然に過多と言うことはありませんが、原音に忠実な鳴らし方とは言えないようです。

中音域はクセが少なく、ストレートに鳴らします。
低音に比べボリューム感に欠けるところはありますが、
あっさりとしっとりの中間に位置する、味付けの少ない音が楽しめます。
強いていえばややしっとり目ですが、くどいと感じるほどではありません。

高音域は、非常にテンションの高い表現で鳴らします。
深みもややあり、テンションが高いだけではなく落ち着いた音もこなせます。
DJ1PROのノリの良さは、低音域と高音域の匠なバランスによるものという印象です。

エッジはやや鋭いですが、聴き疲れるほどではありません。
「DJがライブ中ずっと使い続けられるようなヘッドホン」というコンセプトで作られたらしく、
情報量は多いのにも関わらず聴き疲れしにくいという、不思議な個性を持っています。

密閉型で、遮音性はそこそこです。
音漏れはほとんどありません。

分解能はやや高めですが、特筆すべきは音場です。
先述したS-LOGICという個性派技術が使われており、そのおかげで音場が独特です。

S-LOGICとは、ヘッドホンのスピーカードライバをセンターからずらして配置することで、
音を一度外耳に当ててから鼓膜に届けるというものです。
これによって、ヘッドホン特有の頭内定位(頭の中で音が鳴っている感じ)を解消し、
より自然な音を聴かせようとするものです。

その効果は劇的に感じられるというものではありませんが、
確かに頭の周りで音楽が鳴っているような、不思議な音場感をもたらしてくれます。

あまり入門者向けではないかもしれませんが、
得意ジャンルはもちろん、苦手なジャンルでも必要最低限のクオリティで聴かせてくれます。
基本的には万能、打ち込み系との愛称は抜群という感じです。

○似ている機種

音場が独特なので、似ている機種というのが上げづらいです…
密閉型には中々見られない音場の広がりと、
開放型には中々見られない低音域の響きの深さが魅力です。
強いてあげれば、PHILIPSのHP830は似た傾向の音だと思います。
HP830の音場を広げ、音の分離をはっきりとし、
中域を少し押さえるとDJ1PROに近づくような気がします。
しかし、そこはさすがに価格差がありますし、
全体的にDJ1PROの方が一枚上手のように感じます。

○ハードウェア面の印象

側圧はやや強めで、バンドはやや短めです。
アジャスターのロックが弱いので、
自分に合うバンドの長さを覚えておく必要があります。

また、肌に当たる部分が薄いビニール?のような素材で、
装着感があまり良くないのは減点です。

ハードウェア面で特筆すべき点は、ULEという技術です。
ヘッドホンは電磁石を使っていますので、電磁波が出ます。
この電磁波を大幅に軽減する技術が、ULEというものです。
スピーカードライバを特殊?な金属で覆っているらしいのですが、
詳しいことはよくわかりません…
健康に気を使ったヘッドホンということなのだそうです。

コードは片出しで、着脱可能なコードです。
コードが断線した場合にも、替えを買ってすぐに使えます。
付属のコードは2種類あり、ボリュームコントローラー付きのカールコードと、
ボリュームコントローラー無しのカールコードです。
カールコードは重く感じる上に、あまり役に立たない印象でマイナスです。
また、iPodなどの小さいジャックに差し込むときには付属の変換プラグが必要です。

○価格など

私が購入したのは在庫セールの価格なので、安いものでした。
現在はモデルチェンジがされており、デザインが変更になっていますが、
ドライバは変更されていないそうです。
ハードケースが付属している分、旧モデルよりも高めの価格設定です。
22000円~30000円程度が実売価格のようですので、
以下の評価はそれに従っております。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆★ (明るいだけではなく、品があります)
中音域:☆☆☆☆  (他の音域に比べ目立ちませんが、充分です)
低音域:☆☆☆☆☆ (量感とキレを両立した低音です。全体の雰囲気を作り出します)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆★(5と迷いました。色々な音楽を楽しめます)
ハードウェア面    :☆☆☆★ (もうちょっと装着感が良いとうれしいのですが…)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆  (価格以上の満足度です)
お気に入り度     :☆☆☆☆★ (かなり万能なヘッドホンです。使い込みたいです)

得意ジャンル:打ち込み、ロック、ポップス、ジャズ、しっとりとした音楽
苦手ジャンル:強いてあげるならばクラシック、伸びを感じさせる音楽
オススメ音源:07th expantion サウンドノベル 『うみねこのなく頃に』
        CDではなくゲームであるためルール違反ではありますが、
        『うみねこのなく頃に』の音楽の魅力を100%引き出すならば、
        このヘッドホンで決まりだと思います。
        DJ1PROを使用すると、ゲームが2倍も3倍も楽しめますよ!
        怖いですが!

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
スポンサーサイト

家用ヘッドホン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Technics 『EAH-210』 | HOME | DJ1PROにつきまして>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。