主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コラム 第7回 「旧SHE9501」と「現行SHE9501」と「現行SHE9500」

※以下の記事は雑記として書いたものですが、
 検索でいらっしゃる方も多いことから、
 ブラッシュアップした上で「コラム」とさせて頂きます。

先日の雑記で、「旧SHE9501」と「現行SHE9501」は別物だけれど、
「旧SHE9501」と「現行SHE9500」は同じもの(あるいは近いもの)ではないか?
ということを書かせて頂きました。
この3機種を全て手に入れましたので、所感を述べさせて頂きます。

※型番が似ていてわかりにくいので、
 以下SHE9501(白色)を「A」、SHE9500(黒色)を「B」とさせて頂きます。

主観だらけの結論としましては、
「旧A」と「現行B」は、やはり別物と考えます。
残念です。

旧Aと現行Bについて、プラグ部分の太さや形状、延長コードのプラグ部分の形状同じものでした。
しかし、旧Aと現行Bのコードの材質は異なる物のようです。
※コードが異なる可能性があると記述しておりましたが、
 劣化の度合いの違いによるものでした。失礼致しました。

音は旧Aの均一な音域バランスとは異なり、
むしろ現行Aに近い、低音よりのバランスと感じました。

しかしながら、現行Aと現行Bを比べても、微妙な雰囲気の違いを感じます。
現行Aの方が音場が狭く、音がごちゃごちゃしているように感じるのに対し、
現行Bの方は旧Aに見られたような、すっきり感を多少感じます。
しかし、かない微細な違いですので、気のせいと言われれば否定できません。

現行Aと現行について、中域の表現は比較的違いが大きく見られるように感じます。
エレキギターの音などを聴くと、現行Aが「ざらっ」としているのに対し、
現行Bは比較的すっきりと聴こえます。

英文の仕様書を読んで見る限りでは、現行のAもBも共に『バージョン5.0.10』と読めます。
(仕様書のバージョンという可能性もありますが…)
また、仕様書の発行日を見ると、現行Aは2月であるのに対し、現行Bは7月となっています。

日本に現在流入しているのは4月以降の輸入分だそうですので、
現行Aは『バージョン5.0.10』で、
現行Bは『バージョン5.0.10より前のもの』という可能性もありそうです。

以下は完全な推測に過ぎませんが、
バージョンが進むにつれ「低音より」で「狭い音場」に変わっていっているのかもしれません。
バージョン1つ違いなら微細な違いだとしても、
旧Aと現行Aのバージョンが複数またがれているのならば、
その違いは聴いて明らかな程度になることと思います。

まとめます!

旧A……音域バランスは均一、音場はやや広め、地味だがすっきりしている音
現行B…音域は低音より、音場は中程度、旧Aに比べこもり気味
現行A…音域は低音より、音場は中程度~やや狭い、
      現行Bよりも音がごちゃっとしている(分解能が低い)印象
※現行Bと現行Aの違いについては、微細なものです。


おまけ:旧製品と現行製品の明らかな違いは、
     イヤホンの後に空いている穴を指でふさいだときの音の変化にもあります。
     旧Aは明らかに低音が減り、音がぺしゃんこになるのに対し、
     現行A、Bはほとんど音に変化がありません。
     もしかすると、この辺が音の違いに関係しているのかもしれません。

 購入直後にあれこれ聴いてみたところ、お気に入り度としては、
 『現行SHE9500≧旧SHE9501>現行SHE9501』という感じでした。
 その後さらに様々な音楽を聴き進めたところ、
 旧SHE9501のポテンシャルの高さに驚かされました。

 現在では『旧SHE9501>>現行SHE9500>現行SHE9501』という順位で落ち着いております。
 SHE9501はフラットなだけでなく、音の抜けがよく非常にクリアです。
 さすがと感じました。
スポンサーサイト

コラム | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<商用サイトからのリンクにつきまして 關於來自商務網站的鏈接 | HOME | 雑記 SHE9501、SHE9500について>>

この記事のコメント

わかりやすい解説、ありがとうございます。しかしやはり音は別物でしたか。残念です;
しかし今出ているのも良いみたいですし、そちらを買って損はないのかな。大変参考になりました。

ともあれ旧SHE9501、コードが絡みやすく断線しそうなので、ビクビクしっぱなしです;(苦笑)
2008-08-10 Sun 02:22 | URL | 戸倉枕 [ 編集]
>戸倉枕 様
コメントありがとうございます!
あの均一な音域バランスとは残念ながら異なりましたが、
現行SHE9501に感じられた「音の近さ」や
「中音域のざらつき」が見られないので、
総じてとてもいい感じですよ!

中音域が比較的埋もれていないので、
「低音域と高音域にメリハリがついた」ととらえれば、
旧SHE9501からの「改善」と、
プラスにとらえることも出来るかもしれません。

私の旧SHE9501も、
断線しないようにと恐れながらの使用&保管です(笑)
お互いに気をつけましょう!
2008-08-10 Sun 11:49 | URL | レッツ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。