主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コラム 第5回 『ヘッドホンの選び方』

どちらかと言えばヘッドホン初級者な私が、
「ヘッドホン初心者さんに向けて作ろう」と思ったブログが、当ブログです。
お役に立てていますでしょうか…?

さて、今回はヘッドホンの選び方について、
思うところを簡単に書かせて頂きます。
ヘッドホン選びは、好きな人にはそれだけで楽しいものですが、
初めての人にはどれも同じように見えてしまい、あまり楽しいものではないかもしれません。
どうすればヘッドホン探しを楽しめるのか、そんな指針にして頂ければ幸いです。

①好きなジャンルを思い浮かべる

まずは、ご自分が好きな音楽をイメージするところからはじめると良いかと思います。
ポップスが好きなのか、ロックが好きなのか。
クラシックが好きなのか、ジャズが好きなのか。
生楽器か、打ち込みか。
そんなことを、なるべく単純にイメージしてみてください。

②使用用途で絞り込む

次は、使用用途を考えましょう。
使用用途によっては、「大きさ」や「密閉型のみか、開放型でも良いのか」
あるいは「ヘッドホンかイヤホンか」といったことや、「形状」についても絞られてきます。

例えば、電車やバスなどで使うなら、密閉型のポータブルヘッドホンやカナル型イヤホン。
散歩やジョギングで使うなら、少しでも安全を確保するために開放型のポータブルヘッドホン。
家でゆっくり楽しむなら、サイズ、形状共にフリーになります。

③価格で絞り込む

①と②を意識していくつかのヘッドホンレビューサイトをまわって頂ければ、
ヘッドホンの選択肢は比較的絞られてくると思います。
特にポータブルユースであれば、一部高級機種を除いて1万円あればお釣りがきます。
そこで、価格によって絞込みをかけてみましょう。
いくらまでなら出せるのかというのは、とても重要なことです。

なお、よくある1000~2000円くらいの価格帯のヘッドホンでは、
中々オススメ出来るようなものがないのが私の印象です。
3000~4000円あたりから、ネットで話題になるような機種が出てきます。
もちろん、がっかりホンに当たることもありますが、ぜひ検討してみて下さい。

なお、家用ヘッドホンを探す場合には、
「好きなジャンル」と「価格」というのは重要なパラメーターになって来ます。
情報収集が大変とは思いますが、お知り合いに相談するなどして良いものを探してみて下さい。

④試聴する

可能であれば、試聴に行ってみましょう。
家電量販店でも試聴はできますが、
周りがうるさかったり最低限のメンテがされていなかったりと、
お世辞にも良い試聴環境とは言えません。

オススメとしては、東京の秋葉原にダイナ5555というお店があります。
お店の人に言えば、ご自分のCD(※)やiPodなども使うことが出来ます。

※通常の音楽CDを使いましょう。
 レーベルゲートCD(コピーコントロールCD)や、
 自分で焼いたCDなどは使用しないのがマナーです。

なお、試聴する際に気をつけたいことは、
『試聴機は、良いアンプにつないであることが多い』ということと、
『エージングが進んでいる』ということです。
これらの理由から、家で聴くよりも「良いと感じる音」で聴こえます。
買ってから「あれ?」と思うことの無いように、予め心がけておかれるとよろしいかと思います。

また、『大きい音』や『低音が強調された音』は、良いように聴こえてしまいます。
音量は上げすぎないようにし、ヘッドホン選びはクールに行いましょう。

以上です!
知った風なことを書いていますが、私もヘッドホンを選ぶときには、
長いときには2~3週間かけることもあります。
もちろん、色々な選び方があると思いますので、
ここに上げたものは一例に過ぎません。
何にせよ、楽しく選ぶのが一番です!
そのチョイスに、当ブログがお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト

コラム | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<お知らせ | HOME | CREATIVE 『EP-630』>>

この記事のコメント

完全にそのときの気分ですww
物欲ゲージが貯まった瞬間にWEBで見ている物を買う。当然、ハズレも多々引きますけど、昔からこうだから、今更変えられないだろうなぁorz

ではでは
2008-08-02 Sat 23:35 | URL | benoit [ 編集]
>benoit 様
その買いっぷり、男らしいですね!
私にも財があれば…(笑)
就職したら、HD650買います!
多分!!
2008-08-03 Sun 19:54 | URL | レッツ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。