主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コラム 第4回 『メーカーの違いと音の特徴 その2』

ヘッドホンをはじめて選ぶとき、その種類の多さに圧倒されることと思います。
あれもこれも型番が似ているし、聞いたことのないメーカーばかりでわからない!

そんなときに参考にして下さい。
主観だらけでお送りします、ざっくりと捉えた各社の特徴(その2)です。
今回は、SENNHEISER、AKGという、海外の有名メーカーを取り上げます。

・SENNHEISER(ゼンハイザー)
『ちょっといいヘッドホンを買ってみようかな』と思うときに、
まず目に付く(と思う)メーカーがこちらです。
海外のメーカーの製品を持つと、何だかちょっと「通」な感じがしませんか?
そんな欲求を満たしてくれるメーカーです。

多くのヘッドホンは、外の音を遮断し、かつ音漏れしないように作られています。
しかし、SENNHEISERは全く異なる方向のものとして
音場が広く開放感のあるヘッドホンである『開放型ヘッドホン』というものを発明しました。
SENNHEISERは、開放型ヘッドホンの元祖です。

また、ポータブルヘッドホンの傑作である、
『PX100』というヘッドホンを作っていることでも知られています。
PX100は開放型ですが、後に密閉型の『PX200』、
ネックバンド型のPMXシリーズをリリースしています。

さらに、インイヤー型のイヤホン(いわゆる「普通のイヤホン」)についても、
MXシリーズと銘打っていくつかのものを出しております。
『MX500』や『MX760』などは比較的低価格ながら評価が高く、
イヤホンメーカーとしてもあなどれない実力を持っています。

もちろんポータブルのみならず、家用ヘッドホンとしても高い評価を受けています。
開放型ヘッドホンとして代表的なものには『HD650』があります。
また、密閉型ヘッドホンとして、重低音に特化した『HD25』というものもあります。
高価格帯でありながら、ハイエンドユーザー納得のヘッドホンです。

付属のイヤホンからステップアップしたいときにも、
さらに上を目指したいときにもお世話になれるヘッドホンメーカーです。
オススメです!

肝心の音の傾向なのですが…
恥ずかしながら、私自身今一つ方向性が掴めておりません。
SENNHEISERは最も使用歴が長いヘッドホンメーカーなのですが…不思議です。
強いていえば、全体的に低音域がやわらかく、中音域~高音域は伸びがある印象です。
「すっきり」して「ふんわり」した音…といった感じです。

・AKG(アーカーゲー)
60年以上の歴史を誇る、オーストリア(ウィーン)のヘッドホンメーカーです。
繊細で上質な高音域を誇り、プロユースとして昔から愛されてきたメーカーです。

ポータブルヘッドホンとして『K24P』『K26P』という名品を世に送り出しました。
今はその後継機種として『K412P』『K414P』というものが流通しており、
その独特なフォルムを街で見かけることもしばしばです。

インイヤー型イヤホンも充実しており、
『K312P』『K314P』は低価格帯インイヤー型イヤホンの雄と評されることもあります。

高級機種でも、開放型を中心に高い評価を得ています。
ラインナップは多くありませんが、
厳選されたシリーズラインナップはどれも満足感を与えてくれるものばかりです。
特に、名機『K701』の奏でる美しい音は、多くのヘッドホンファンを魅了してきました。

音の特徴は、先述の通り美しい高音域にあります。
特にハイエンド機種では、その特徴が大きくあらわれます。
なお、ポータブルユースの機種では、豊かな低音域も大きな特徴です。

すでにおわかりかもしれませんが、SENNHEISERとセールスの方向性が似ています。
輸入代理店も同じですし(※下記注釈)、お互いをライバル視しているのかも…?

※輸入代理店につきまして、間違っておりました!
 正しくは、SENNHEISERは『ゼネラル通商』で、
 AKGは『ハーマン』及び『オールアクセス』です。
 ご指摘を頂き、修正させて頂きます。大変失礼致しました!
スポンサーサイト

コラム | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<CREATIVE 『EP-630』 | HOME | DENON 『AH-D1000』>>

この記事のコメント

ゼンハイザーはゼネラル通商、AKGはハーマン・
オールアクセスと代理店は異なりますが・・・。
2008-07-31 Thu 20:49 | URL | [ 編集]
ゼネラル通商!そ、そうでした…!!
問い合わせたことも修理に出したこともあるのに、
なんでこんな間違いしたんだろう…
ご指摘ありがとうございます!

AKGにつきまして、
家電量販店やオーディオショップは「ハーマン」で、
楽器店は「オールアクセス」でしたですね。
普段耳にするハーマンばかり頭にあって、
つい忘れておりました。

自戒の意味を込めまして、
本文修正ではなく追記修正しておきます。
わぁ、恥ずかしい…

ご指摘ありがとうございました!
2008-07-31 Thu 22:00 | URL | レッツ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。