主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コラム 第3回 『音質』

当ブログでは、コストパフォーマンスという指標を評価に入れています。
当ブログで言うところの「コストパフォーマンス」とは、
「感じた満足の度合い」と「市場に流通している価格」を比較したもので、
ヘッドホン購入時のヒントの一つとしてご利用頂ければと思っております。
「コストパフォーマンス」を評価する上で避けて通れないのが、『音質』に関する評価です。

私は、どうも『音質』という言葉が苦手です。
やむなく使用する場合もありますが『音質』という表現は、
ヘッドホンを評価する際に不相応なものではと感じることがあります。
『質』というものは、高低で評価するものではないと考えているからです。

ヘッドホンの音は、分解能、音場感、鮮やかさ、温かみ、艶っぽさ、
エッジ、原音忠実性、響きの豊かさ、音のつぶ立ち、空気感など、
様々な項目に分類して評価されることが多いです。

「音」という、非常に感覚的なものを言葉で表現する際には、
確かに「評価項目の分類」は有益であり、また読み手にもわかりやすいものです。
そういった様々な項目を総じて『音質』という言葉が使われることがあります。
その結果として、当サイトも例外ではありませんが、
ヘッドホンに対して『音質』による優劣をつけてしまいます。

しかし忘れてはならないのは、どのヘッドホンにも、個性があるということです。
ヘッドホンの評価というのは、ヘッドホンにとっては通信簿のようなものです。
私は、通信簿の評点が悪いからといって、
そのヘッドホンに魅力が無いということにはなりえないと思うのです。
万能なヘッドホンというのは、私はまだ知りません。
同じように、使いようが無いヘッドホンというものにも、
幸い私はまだ出会っていないのです。

当サイトはまだまだ小さいですが、日々数十名の方にご覧頂いております。
当サイトがヘッドホン選びの一助になれれば、当サイトにとってそれ以上の喜びはありません。
ただ、そのような使命感があるとしても、当サイトは、
『ヘッドホンを傷つけてしまう』ようなサイトにはなりたくないと思っております。

ですので、当サイトで『低い』評点のヘッドホンがあったとしても、
それをして、そのヘッドホンが『ハズレ』であるとは思わないで下さい。
ヘッドホンに限らず…かもしれませんが、
きっとそのヘッドホンは、あなたに出会えるのを待っているはずです。
気になったものは、可能な限りぜひお手にとって試聴なさってみて下さいね。

なお私は、一部iPod付属イヤホン等をのぞき、
ほとんどのヘッドホンについて、試聴を繰り返し選びに選び抜いたものを保有しております。
そのため、保有しているヘッドホンに愛着を持っております。
ですので、正直なところを申しますと、全体的に評価が甘いのだと思います。
『主観的な…』という文言は免罪符になりえませんが、ご容赦下されば幸いです。

少々演説風になってしまい、申し訳ありませんでした。
これからも、よろしくおひきたてください!
スポンサーサイト

コラム | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<SONY 『MDR-E888』 | HOME | リンク追加しました!>>

この記事のコメント

なんだか愛を感じますね(*'-')
せっかく手に入れた機器ですから、
欠点があってもそれをどう生かそうかと
考えることがオーディオの楽しみ方だと思っています。
2008-07-22 Tue 23:24 | URL | Chris [ 編集]
こんばんはー。
これは自分も近いこと考えたことありますねー。

自分の考えとしては、「質」って言う字をどう捉えるかじゃないかなぁと思います。

個人的には、
「音質」といったような時は、クオリティーとしての意味、
「高域、低域の質感」といったような時は、キャラクターとしての意味、
と捉えています。

でも、『HD25のような質の良い低音を鳴らす』や、
『HD25の低域と質感が似ている』などになるとなんだかややこしいですね(^^;

いやー日本語って難しい。

いやー、SHL9600欲しい。。。


あ、あとこの記事を読んでて、レッツさんて本気でヘッドホン好きだなぁって感じました(^^
2008-07-22 Tue 23:29 | URL | たつを [ 編集]
>Chris 様
ありがとうございます!
欠点を見つけることも、ヘッドホンを大切にしていく上で
とても大切なことだと思っています。
ばっちり合う音源を見つけると、うれしいですよね。
オーディオの魅力は、そんなところにもあるのだと思います!

>たつを 様
こんにちはー!
私も音域別評価の際には「質」という言葉を使いますが、
たしかに…キャラクターという意味で使用しているように思います。
なるほど!と思いました。

「質の良い低音」という使い方も、ありますよね。
単純に『良いなぁ』と感じる場合には、
そのような書き方はむしろ説得力があるように思います。
「良い音」の場合には「質が良い」と書くことに抵抗は低いのですが、
「悪い音」の場合に「質が悪い」と書くのは、どうも抵抗があるんですよね…
深く考えますと、なかなか難しいですね(笑)

あと、SHL9600はオススメですよ!なぜか2台持ってます(笑)
例文に挙げられていたとおり、HD25に似た低音です。
ロックがお好きなら、ぜひ!
しかし、夏は密閉型は暑苦しいので、ご注意下さい!
2008-07-23 Wed 11:16 | URL | レッツ [ 編集]
ども、benoitです。
そうですね、音質というのは、ある一定のクォリファイを超えると、あとは善し悪しと言うよりは好みの問題になってくるような気がします。
ベクトルの量ではなく、方向の違いと言ったところでしょうか。
とはいえ、僕は人間ができていないので、気に入らない物は結構こき下ろしていますけど…

ではでは
2008-07-23 Wed 16:33 | URL | benoit [ 編集]
>benoit 様
こんばんは!
確かに、明らかに使用に耐えないものもありますよね…
一先ずは、そのラインを超えているかなと、
そう思えるヘッドホンのレビューをしていますので、
音質についてこのようなことを言えているのかもしれません。

辛らつな表現も、誠実なレビューには必要なのだと思います。
それをできるbenoitさんはすばらしいと思います!
私はどうも中立の立場をとりたがるくせがありますので、
きちんと白黒を付けられるようになりたいです。
2008-07-23 Wed 21:20 | URL | レッツ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。