主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SENNHEISER 『PX100』

少しずつ検索にひっかかるようになって来たようです。
ご期待に応えられているかわかりませんが、精進します!
今回は、SENNHEISERの開放型ポータブルヘッドホン『PX100』です。

    
○購入価格 (購入場所)

5000円前後 (石丸電気(在庫セール時))

○音の印象

非常に扱いやすいヘッドホンです。
低音は品がいいですが、量があります。
開放型なので圧が軽く、耳にうるさくない低音です。
中域はさらさら(ざらざら?)しており、やや控えめです。
高域は量に欠けますが、伸びがありさわやかな印象です。

低域に若干引っ張られており、それがよく言えば安定感のある、
悪く言えば天井の低い感じの音を作り出します。
なんというか…今一つ感動に欠ける音という印象を持っております。

しかしながら音作りは非常にうまく、
ロックからポップス、軽めのクラシックなら充分鳴らせます。
地に足の着いた低音とあっさりとした響きの組み合わせは、
聴き疲れが非常に少なく、長時間使用していても問題ありません。
さらっとクリアなイメージを持ちながら、力強さもあるヘッドホンという印象です。

開放型なので、遮音性はほぼゼロ、音漏れも盛大です。
マナーあるヘッドホニスト(?)は、電車内では絶対に使用してはならないものです。
なお、音のこもりは感じません。
しかしながら、散歩のおともには中々どうしていい感じです。
外の音がはっきり聞こえるため開放感が抜群ですし、車の音も密閉型よりは聴こえます。
※もちろん、ヘッドホン装着時のお散歩には充分に注意を払って下さい!
 安全が確保できないお散歩コースの場合は、
 使用を控えるのがヘッドホニスト(?)の常識です。

分解能はやや低めの印象です。
超低域で音がつながったまま飛んでくるような印象です。
しかし開放的で軽い音が鳴りますので、あまり気になりません。

音場の広がりは、開放型としては可も無く不可も無くです。
価格を考えればいい方かな?とも思います。
特に不満はありません。

ポータブルとして気軽に音楽を楽しむ、
あるいは家で寝転びながら何となく音楽を楽しむというのには、
まさにうってつけといえるヘッドホンだと思います。
また、多くの音楽に合いやすい無難なヘッドホンなので、
お手軽に楽しめる開放型ヘッドホンとしては、大変オススメできる機種です。
しかし、精緻なリスニングや重厚感のある音楽には向きませんので、
すでに充分な機種をお持ちの方が買うのには向かないかもしれません。

ポータブルなのに電車では使えない。
価格以上の音を鳴らすそこそこいいものなのに、
価格を大きく飛び越した感動は難しい。
結果として、初心者には敷居が高く、ハイエンドユーザーには求められにくい。
位置取りが中途半端になりやすい、もったいないヘッドホンと言えるでしょう。

○似ている機種

これは…中々難しいかもしれません。
あっさりしていてコクがあるヘッドホンです。
意外と個性があるので、似ている機種を上げるのは難しいです。
強いて言えば、当然のことですが同社のPX200(密閉型)があげられるでしょうが、
これでは参考にならないですよね。
何か思いついたら追記します。

○ハードウェア面の印象

とにかく軽く、側圧も弱いです。
付けているのを忘れるくらい、ソフトでライトな付け心地です。
いわゆる耳のせ型ですが、装着感はグッド!です。

コードは柔らかめです。きゃしゃというわけではありませんが、
1~2年使っていたらプラグ側が断線してしまい、買い換えたことがあります。
そういう意味では、デリケートな作りかもしれません。

また、メガネケースのようなプラスチック製のケースが付属していますが、
出し入れが非常に面倒で、まず使いません。
ちょっと豪華な梱包物と考えるのがいいでしょう。

延長コードなどは付属していませんが、特に不満は感じない長さです。
家で使うには、短いかもしれません。

○価格など

参考価格は5~6千円程度です。
海外の品物なので、店頭で買うと少々高くなります。
サウンドハウスというネットショップがおすすめです。

(音域別評価)
高音域:☆☆★   (伸びがありきれいです)
中音域:☆☆    (おとなしいです)
低音域:☆☆☆★ (しっかり鳴りますが、圧はありません)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆   (あっさりしていて万能です)
ハードウェア面    :☆☆☆☆★(装着感がとても良いです)
コストパフォーマンス:☆☆☆   (価格よりちょっと良い程度です)
お気に入り度     :☆☆★   (昔はよく使っていました)

得意ジャンル:ポップス、自然音を中心としたヒーリング
苦手ジャンル:ヘヴィロック、響きの深い音楽
オススメCD:くるり 『ワルツを踊れ Tanz Walzer』
        あっさりかつさわやかな感じが良く出ます。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング後の評価です。
スポンサーサイト

ポータブルヘッドホン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<リンク追加しました! | HOME | SHE9700 入荷情報>>

この記事のコメント

はじめまして。たつをといいますm(__)m


px100、あまりレビューを呼んだことの無い機種だったので、とても参考になりました!

それにしても、この価格帯の耳のせ開放型は個性のかぶらない良い機種がそろってますね。
爽やかドンシャリK414pに、やさしいPX100、言わずもがなのポタプロ とかとか。


あ、あと書き込み量とか情報労が多くってすごいですね!
ヘッドホンに合うCD等も共感できるところがあったりで楽しんで読ませていただきました。
2008-07-12 Sat 01:02 | URL | たつを [ 編集]
>たつを様

初めまして!文責者のレッツです。
コメントありがとうございます!

k414pやPorta proも個性的ないい機種ですよね。
耳のせ開放型は、中々スポットライトが当たりませんが、
使い勝手の良い機種がたくさんあって楽しい!
と思います。
Porta Proなんかは、私も特にお世話になりました!

書きたいことを書きすぎて、
何が言いたいのかぼやけ気味になってしまうこともあります(笑)
まだまだ未熟な文章ですが、
当ブログがヘッドホンライフのお役に立てれば幸いです。
今後とも、よろしくお願いします!
2008-07-12 Sat 09:29 | URL | レッツ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。