主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Apple 『Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic(MA850G/A)』

Apple社はiPodの爆発的ヒットで一躍有名になりましたが、
イヤホンは付属イヤホン以外にちょこちょこ出すも、ほとんど話題になりませんでした。
そんな中登場したカナル型イヤホンが、ちょっと話題になっています。
今回ご紹介するのは、Apple社のバランスドアーマチュア型カナル型イヤホン
「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic(MA850G/A)」です。

※画像は例によって準備中です。期待せずお待ち下さい。

○購入価格 (購入場所)

9400円 (アップルストア)

○音の印象

当機種は「バランスド・アーマチュア(BA)」という、
補聴器などに使われるちょっと変わった機構を備えた、カナル型イヤホンです。
小さい本体に片耳あたり2台のBAドライバを搭載し、かつ1万円以下に抑えるという、
にくいことをやってくれたイヤホンです。

低音域はあっさりしていますが、響きは豊かです。
量感に乏しい代わりに、BAらしい繊細で立ち上がりの良い低音です。
全体を支えるような重心の低い低音ではありませんが、
全音域に染み渡るように、音楽をふくよかで感動的なものにしています。

中音域はしっかり聴こえ、キレもなかなかです。
全体的に響きが軽く、明るめの音調です。
また、ウォームというよりはドライな印象です。
女性ボーカルをしっとり聴くのには向いていないように思いますが、
響きの軽い男性ポップスなどには良く合うと思います。

高音域の表現は見事です。
明瞭でキレがよく、キラキラしています。
ピアノと相性が非常に良いようです。
他の音域同様、やわらかい表現は苦手のようです。

エッジは全体的に鋭く、ともするとやや刺さる感じを受けることもあります。
音の立ち上がりが非常に良いため、キレの良い音楽を楽しむことが出来ます。

音漏れはほとんどありません。いわくカナル型イヤホンという感じです。
装着感は他のカナル型イヤホンに比べ良いと感じました。
ただ、装着によって音がまったく変わってくるので、
はじめはベストなポジションを探すのが大変かもしれません。

分解能は非常に高く、音の一つ一つまでよく聴き取れます。
保有イヤホンヘッドホンの中では、もっとも分解能が高いです。
音場はカナル型にしては広めですが、分解能の高さに比べると物足りなく感じます。
しかし、これ以上を求めるのは酷というものでしょう。

正直なところを申しますと、購入をする前には
「大企業の製品なので、たいしたことはないだろう」と思っておりましたが、
想像を大きく裏切るイヤホンでした。
分解能の高さをはじめとして、どれを取ってもお値段以上の価値があると思います。
高い上に試聴のチャンスがなく、かつ大手家電量販店では取り扱っていないという、
非常に流通が乏しい当商品ではありますが、個人的には超オススメです。

○似ている機種

かなり完成度が高いので、非常に難しいです。
保有機種でいえば、ATH-CM700と方向性は近いかもしれません。

あるいは、繊細という意味でHP101とも近いかもしれませんが、
HP101はウォームで音にまとまりがあるのに対し、
MG/850はドライで音の分離が明瞭です。

価格帯も同様であるため、HP101派とMG/850派で分かれそうな気がします。

○ハードウェア面の印象

作りは全体的に安っぽい印象です。

コードはややかためでクセはつきにくいですが、
分離後は特に細いため断線が怖いところです。

最新のiPodのみに対応しているコントローラーが付いていますが、
ついているところが「コード分離後の右耳側」という変な位置です。
ちょうどほっぺたからあごのあたりに来るかっこうで、これがイヤという人もいそうです。
なお、重さは特に感じません。また、左右での音の違いは感じられませんでした。
※コントローラーが対応している機種は、Apple製品の中でも限られています。

この小さい筐体に2台のBAドライバを組み込ませた技術屋さんの努力には、脱帽です。

○価格など

2月20日現在では、アップルストア以外での入手は難しいようです。
取扱店もいくつかありますが、軒並み入荷未定の状態です。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆★ (キラキラで繊細です)
中音域:☆☆☆☆★ (しっかりと聞こえ、響きも豊かです)
低音域:☆☆☆☆  (多すぎず少なすぎず、ほどよい低音です)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆★ (カナル型では最高峰ではないでしょうか)
ハードウェア面    :☆☆☆★  (装着感は良いですが、コントローラーの位置が…)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆★ (高級機種と並べても遜色ありません)
お気に入り度     :☆☆☆☆  (すばらしいですが、HP101があるので…)

得意ジャンル:ピアノ、クラシック、ポップス、打ち込み
苦手ジャンル:しっとりバラード
オススメCD:どれを鳴らしてもそつなくこなすので、
        特にオススメのCDというのは見つかっていません。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング前の評価です。
スポンサーサイト
カナル型イヤホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

雑記 ヘッドホン屋さんにて

今日はヘッドホン屋さんに、いろいろな機種の試聴に行ってきました。
試聴コーナーに陣取って30~40分。
「他のお客様のご迷惑になりますので」と言われる直前ギリギリのラインでした。

試聴した機種に関して詳細をレビューすることは避けますが、
気になった機種の印象をざっくりとご紹介します。
あくまでも「雑記」扱いでご覧下さい。

・Koss 「PortaPro」
友人に譲渡してしまったため、久しぶりに聴きました。
相変わらず、華奢な外見ににつかわしくない低音です。
レトロなデザインは相変わらず魅力的です。
「音の良さ」の印象は3.5点です。

・オーディオテクニカ 「ATH-SQ5」
いっとうおしゃれなヘッドホンだと思います。赤いのがいい!
以前試聴したことがありますが、相変わらずのまとまり具合です。
ポップな音楽には良く合いそうですが、ゆったり聴くのには向いてないかも。
音場の狭さやこもり具合などが気になる人もいそうです。
「音の良さ」の印象は2.5点です。

・DENON 「AH-P372」
これは良いヘッドホンだと思います。
入門機に最適なのはもちろん、
セカンドユースや音にこだわりのある人にも受け入れられそうです。
デザインもポップでいいですね!女性がつけてもおかしくないと個人的には思います。
全音域まんべんなく出ますが、特に中音域(ボーカル域)の伸びが素晴らしいです。
歌ものにはぴったりだと思います。

比較的万能ですが、響きはあっさりなので重厚な音楽には向かないかもしれません。
現在価格コムで3500円前後ですが、この価格帯ではベストバイだと思いました。
万能ゆえに無個性になりがちなのが残念ですが、
年齢性別問わず広くオススメできる良機種だと思います。
「音の良さ」の印象は3.5点です。

・オーディオテクニカ 「ATH-FC700」
今回一番の「めっけもん」がこの機種でした。
実は私、オーテクの音があまり好みではなく、
オーテク製品はイヤホン1機種しか持っておりませんでした。
(音が悪いということではありません。)
しかし幅広くいろいろなものを聴きたいという欲求から、
試聴遊びに出かけた際には聴いてみたりするわけです。

このFC700、比較的安いのですが非常に良く出来ています。
オーテクの他の機種(~1万円程度まで)とは一線を画しています。
ES7を素直に廉価版にした感じとでも言いましょうか。
量感たっぷりな低音とやや控えめながら素直な中音域のおかげで、安定感があります。
高音域は若干シャリ付くものの、価格を考えれば及第点です。
個人的にはデザインが気に入りました。
赤いのがいい!実にいい!

「音の良さ」の印象は3~3.5点です。
点数だけで見ればAH-P372に負けるものの、
ともすれば無個性なP372に比べ、あくのあるFC700は魅力的に映りました。

以上です。
次回は1時間に挑戦します。
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。