主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AKG 『K26P』

最新機種と言っても、旧機種のマイナーチェンジという程度のものが多いです。
基本的なアーキテクチュアは変えず、細部の見直しをすることで新商品とするわけです。
もちろん音は同じではありませんが、あまり大差ない様にも感じてしまうわけで、
そういう意味ではこういうレビューもありかしら?と思い、レビューしてみます。
今回ご紹介するイヤホンは、AKGのK414Pのオールドタイプ『K26P』です。

※画像は例によって準備中です。期待せずお待ち下さい。

○購入価格 (購入場所)

3000円程度 (オークションにて中古品(ほぼ新品)を購入)

○音の印象

ポータブルヘッドホンの雄、AKGのK414Pの旧機種です。
当時まだ少なかったポータブルヘッドホンというジャンルを切り開いた立役者でもあり、
K414Pと合わせ、今なお愛用者の多いヘッドホンです。

低音域は特に多いです。包み込むような低音は、
温かみのある曲はしっとりとやわらかく、
激しい曲はパワフルなバスを効かせて鳴らします。
キレはあまりなく、輪郭がぼやけている印象ですが、
それがかえってK26Pの個性を引き出しています。
小さなボディにありったけの低音を詰め込んだような印象です。
ただ弊害として、こもりを感じます。

中音域は適度に聴こえます。特筆すべき特徴はありませんが、
多い低音に埋もれることもなく、高音をきちんと乗せるだけの量を出しています。
全体的にキレにかけるので、アコースティックギターの表現は苦手かもしれません。
ボーカルの表現はそこそこで、比較的万能な印象を受けます。
繊細な女性ボーカルよりは、力強い男性ボーカルの方が相性がよいと思います。

高音域は少なめで目立ちませんが、繊細さがあります。
か細いバイオリンの表現などは上手いですが、
基本的には物足りなさを感じます。

エッジはどの音域も丸いです。
輪郭がはっきりしないので、キレの良い音楽とは合わない印象ですが、
どっしりとした低音が支配的ですので、
迫力のある音楽からしっとりとした音楽まで、比較的幅広く使えます。

密閉型のヘッドホンで、音漏れはほとんどありません。
電車の中でも普通に使えると思います。
遮音性は耳乗せ密閉型としては良く、問題ないと思います。
なお、当然ですが開放感はありません。

分解能はやや悪いですが、音楽の一体感を楽しめます。
音場はやや狭いですが、低音の迫力を体感できるという意味では良いです。

学生さんなど若い人に愛されそうなヘッドホンです。
特に、低音が好きな方にはうってつけだと思います。
こもった感じを嫌う人には合いませんが、
開放感よりライブハウスのような迫力を求める人には合うと思います。
K414Pの価格という意味では、選択肢に十分入れて良いヘッドホンだと思います。
個性的ですので、購入の際には試聴を強くオススメします。

○似ている機種

K414Pは言うまでもありませんが、
K412P(K24P)とは雰囲気が異なります。
音のバランスは、個人的にはK24Pの方が好みです。
MDR-EX500と傾向は似ていますが、
EX500の方が全体的にあっさりしています。
同じ低音主体のSHL9600とも、やや異なります。
SHL9600の方が低音のキレがよく音場が広いですが、
その分個性がありません。

あまり似ている機種が無いですね…。強いて言えば、SQ5かな?

○ハードウェア面の印象

側圧が強めですが、板バネをぐいっと伸ばすことで調節が可能です。
ただ、このヘッドホンの個性である力強い低音が失われますので、
側圧を含めて愛するのが良いと思います。

頭が接するところに四角いスポンジがくっついているのですが、
これがぽろっと取れることがあり、チープさを感じます。
あわてず両面テープでくっつけましょう。

耳に当たる部分は合皮?のようですが、付け心地は悪くありません。
コードは両出しで、適度な硬さがあります。
特に扱いづらさは感じません。

気になるのは、ヘッドホンが耳に当たる「角度」です。
折りたたみの便宜から、アジャスト部分が両側とも「同じつくり」をしています。
本来顔をはさむわけですから、左右は「対称」であるべきなのですが、
左右が「同じつくり」をしているため、どうにも装着時に違和感を感じます。

また、頭頂部でヘッドバンドのサイズを買えるのですが、
髪の毛が挟まって痛い思いをすることがあります。

○価格など

すでにK26Pは発売を終了しておりますので、
以下はK414Pの価格である7000円~8000円を基準に採点致します。

(音域別評価)
高音域:☆☆    (量はありませんが、質は悪くありません)
中音域:☆☆☆   (無難な印象です)
低音域:☆☆☆☆ (量は多いですが、ぼわつきます)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆★  (こもる感じが残念です)
ハードウェア面    :☆☆☆ (なぜ左右対称じゃないんだろう…)
コストパフォーマンス:☆☆    (少々お高いです)
お気に入り度     :☆★   (こもりが苦手なので低めです)

得意ジャンル:重めのロック、しっとりバラード
苦手ジャンル:すっきりポップ、クラシック
オススメCD:9mm Parabellum Bullet 『VANPIRE』
        これ以外無い!というくらいのベストマッチです。
        かみじょうちひろさんの嵐のようなドラムが、嵐のように響きます。
        2~4曲目が特にたまりません!最高!!

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
スポンサーサイト
ポータブルヘッドホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

コラム お気に入りのヘッドホン&イヤホン

年の初めの記事として、お気に入りの機種をご紹介致します。
以下で紹介する機種は、もちろん全て保有し愛用しております。
「結局どれがいいのよ?」とお迷いの方に、ご参考にして頂ければ幸いです。
なお、ここでは紹介に留めますので、詳細は各種レビューをご参照下さい。

○ ~3000円程度…SHE9500(SHE9501)
低価格帯では、SHE9500(SHE9501)をオススメします。
なおSHE9500とSHE9501は色違いです。

いわゆる「旧SHE9501」と比べられてしまうために評価の芳しくない当機ですが、
充分に価格以上のポテンシャルを備えております。
フラットとはいかないまでも、すっきりとしてジャンルを選ばない当機は、
iPod付属イヤホンからステップアップしたい方には、うってつけではないでしょうか。

○3000~5000円程度…SHL9600
低~中価格帯では、SHL9600が一押しです。

フィリップスの回し者のようになってしまい申し訳ありませんが、
フィリップスはコストパフォーマンスのよいものを作るのが得意なようです。
もちろん、例外も多くありますのでご注意ください。

この価格帯では他を寄せ付けないコストパフォーマンスを誇りますが、
側圧が強いのと、ヘッドバンドが短いのがたまにキズです。

○5000円~10000円程度…HP101
ここは個性の強い機種が集まる激戦区ですが、
汎用性の高さと使いやすさを考え、HP101を推薦しました。
HP101自体の万能で素直な音はもちろんのこと、
付属品の質の高さも大きなチェックポイントです。
意外とありそうで無い「ちゃんと使えるケース」が付属しているのがうれしいです。

○10000円~20000円程度…DR150(未レビュー)
ここからは高級機種と言ってよいと思います。
これ以上の価格に手を出すと、友人に「うわー…すごいね」と言われます。
「うわー…」の部分は、さまざまなニュアンスを含みます。

DR150は、この価格ではありえない音を持っています。
音場が狭いのが難点ですが、低音から高音まで丁寧にふっくらと鳴らしてくれます。
際立つ個性こそありませんが、アルバナ同様にかなり汎用性の高い機種だと思います。

○2万円超…SR225
想像を絶するデザインと作りの安っぽさは、他のヘッドホンを大きく引き離します。
強烈な個性を持つ当機は、GRADOサウンドを思いっきり楽しめる名機だと思います。
「元気で楽しいヘッドホン」として、これ以上無い逸品です。

以上、ごく簡単ではありますが価格別の紹介とさせて頂きました。
よろしければご参考にして下さいね。
コラム | コメント:3 | トラックバック:0 |

雑記 年はじめ

あけましておめでとうございます!
ご無沙汰しております、レッツです。

えらい更新に間があいてしまいました。まる1ヶ月半くらいかな?
相変わらずの更新頻度ですが、これはひどい!
今後はもう少し更新して参りますので、ご容赦ください。

更新が止まっていた大きな理由として、近況に大きな変化がありました。
無事某試験に合格し、12月1日より晴れて社会人となりました。
そのため急激に忙しくなり、更新が止まっておりました次第です。

しかし、お給料が頂けるということもあり、
社会人祝いとして早速ほしかったヘッドホン&再生環境をそろえてみました。
詳細は後日!

というわけで、本年もどうぞよろしくお願い致します。
その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。