主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SONY 『MDR-EX90SL』

すっかり涼しくなりました。イヤホンも衣替えの時期です。
SONYの名機『EX90』が生産終了になり、新しく『EX500』が発売されました。
そこで、今回ご紹介するイヤホンはSONYのカナル型イヤホン『MDR-EX90SL』です。

    

○購入価格 (購入場所)

7000円 10%ポイント還元 (ヤマダ電機 特価品)

○音の印象

プロユースのスタジオヘッドホンとして最も売れている、
名機900STのスタッフが、総力を結集して作成したイヤホンです。
カナル型とは思えない開放的な音と、一つ一つ明瞭に聴こえるつぶ立ちの良さは、
何物にも変えがたいイヤホンです。

低音域は気持ち多めですが、品があります。
厚みがありながら非常にキレがよく、ぼわついた感じはありません。
他の音域に干渉しないという意味では、音楽を支える低音というよりは、
低音そのものが主張するような感じです。
気持ち多めと書きましたが、他の音域と比べるとフラットに近いです。

中音域の量はちょうど良いです。遠くなく近くなく、多くなく少なくもなく。
この辺の音作りは、さすがと思います。
ボーカルは艶っぽいというよりは冷静ですが、ドライというほどではありません。
つぶ立ちが良く明瞭である反面、温かみには若干欠ける印象です。

高音域の表現は見事です。
中域同様、柔らかいというよりはやや固い印象ですが、
クラッシュシンバルの細かい振動や、ライドのキラキラ感などは最高の表現をしてくれます。
弦楽器の高音域の表現は、中々みずみずしく鳴ります。
木管的な音よりも、金管的な音の方が得意なようです。

エッジはどの音域も少々きつめですが、痛いほどではありません。
音の輪郭がハッキリしていることもあり、
まったりと楽しむよりも積極的に鑑賞することに向いている印象です。

カナル型ですが開放型で、音は多めに漏れます。
電車内では気をつけないと使えない程度です。
非常に開放的な音が特徴なイヤホンですので、これは致し方ないことでしょう。
それでいて、遮音性はそこそこです。
一般的なカナル型よりは悪いです。

分解能はやや高め~高め、音場は非常に広いです。
900STのように、モニターとしても活躍できそうです。
再掲になりますが、非常に開放的で音場が広いことがEX90の最大の魅力と思います。

音漏れが多いことが玉にキズですが、
明瞭で開放的な音を求める人にはこれ以外ないほどにオススメできます。
家で音楽をじっくり聴きたいときには、私はこれを使うことが非常に多いです。

○似ている機種

スタッフが同じだけあって900STとは通ずるものを感じます。
また、後継機種であるEX500と非常に良く似ています。
EX500はEX90に比べ低音の量が多く、若干音場も狭いです。
EX500を開放的な音にすると、EX90に近くなりそうです。
開放感があるという意味では、K501も似ているかもしれません。
K501の低音を増やし、音のエッジを鋭くすると近くなりそうです。

○ハードウェア面の印象

アルミ削りだしの筐体は、高級感があって非常に良いです。
イヤーピースは耳にやさしくフィットするシリコンゴム製で、いい感じです。
筐体も軽く、装着感は非常によろしいです。
カナル型全般に言えることですが、
耳の穴が密閉できる大きさのイヤーピースがあるか否かで
音の聴こえ方は大きく違ってきますので、注意が必要です。

コードはSONYお得意のネックチェーン方式です。
左右の長さが違うのは、音にこだわる人は気になるかもしれません。
コードの固さは普通ですが、クセがややつきやすい印象です。

また、非常に残念なことに、
比較的高い確率で「付属ケースに収まらない」ということがあります。
プラスチックのケースにイヤホンをはめ込むように収納し
その後革のケースに入れるのですが、
プラスチックのケースのサイズよりもイヤホン部分が若干大きい場合があり、
ひっかかってしまって収まらないということがあります。
手作りで組み立てているそうですが、手作りによる個体差が原因と思います。
当方4つ購入しておりますが、そのうち2つはケースに収まりませんでした。

また、4つのうちの1つは初期不良に当たってしまいました。
当方の不良品は、明らかに音が右に寄っているということと、
他のイヤホンに比べ明らかに音が小さいということでした。
偽物も出回っているようですが、大手家電量販店での購入ですので、
正規のルートで流通している本物であることは確認済みです。
この点につき、非常に残念です。

なお、すでにSONYの在庫も無いとのことなので、
後継機種のEX500と交換になりました。

○価格など

生産終了品のため、店頭在庫のみです。
実売は7980円のところがほとんどです。
私はセールのため安く購入できましたが、
7980円だとしても充分なコストパフォーマンスです。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆☆ (キレのあるクールな高音です。文句なしの満点です)
中音域:☆☆☆☆★ (明瞭で透き通るような中域です)
低音域:☆☆☆☆★ (支配的ではありませんが、量と品を兼ね備えています)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆★ (感動できる音です)
ハードウェア面    :☆☆     (装着感は良いですが、音漏れ、不良が気になります)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆  (1万5千~2万程度の音でしょう)
お気に入り度     :☆☆☆☆☆ (最近はこればかりです。現在2つ持っています)

得意ジャンル:ジャズ、さわやかなポップス、クラシック、ロックなど、かなり幅広いです
苦手ジャンル:歌謡や演歌などのしっとり艶やかな曲、ハードロック、重厚なオーケストラ
オススメCD:くるり 『Tower of Music Lover』
        またもやくるりですが、初期のくるりの音楽とはベストマッチです。
        クールだけどハートフルな楽曲とは、非常に相性がよいです。
        他にも色々なCDと合います!

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
スポンサーサイト
カナル型イヤホン | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。