主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SONY 『MDR-EX500SL』

SONYの名機『EX90』が生産終了になり、新しく『EX500』が発売されました。
名機の後継機種というのは、名機たる旧機種とどうしても比較されてしまうという、
厳しい運命を避けることが出来ません。
各所でEX90とEX500が比較され、厳しい評価が下されてしまうわけです。
「がんばれEX500!」という願いをこめまして、
今回ご紹介するイヤホンは、SONYのカナル型イヤホン『MDR-EX500SL』です。

    

○購入価格 (購入場所)

EX90SLの初期不良交換対応で、EX90SLの在庫が無いため受領した品です。

○音の印象

中価格カナル型イヤホンの雄「EX90SL」の後継機種です。
EX90SLの致命的な弱点であった『音漏れ』『遮音性』について改善がされているようです。
独特の形状は、好みを選ぶかもしれません。

低音域は多いです。厚みや量感が充分で、迫力があります。
キレは少なめで、多少ぼわついた感じを受けますので、
これが嫌という人もいるかもしれません。
しかし、他の音域を支えるベースとしての低音をしっかりならしてくれますので、
音楽鑑賞の際にはどっしりとした安定感を感じます。

中音域はややウォーム寄りで、心地よいです。
低音域のカゲに入ってしまう感じはありますが、
ボーカルにしてもギターにしても、しっかりと聴くことができます。
芯のある音を鳴らしてくれますので、安心出来ます。
アコースティックな音は得意ですが、無機質な音はやや苦手かもしれません。

高音域は、美しくのびやかに聴こえます。
キラキラした金属的な音ではなく、しっとりとみずみずしい感じです。
クリアな音ということではありませんが、
色気のある音や、やさしい音の表現が上手いです。

エッジは全体的に丸いですが、低音域がややくどいので聴き疲れします。
耳に刺さる感じはありませんので、ソースが合えば長時間聴いていられます。

密閉型のカナル型イヤホンですが、音漏れは多少あります。
電車の中でも、音量に気をつければ普通に使える程度です。
遮音性は密閉型にしてはやや悪いですが、実用には問題ないと思います。
開放感はありませんが、閉塞感はきつくありません。

分解能はやや高めで、それぞれの楽器の個性が楽しめます。
音場は密閉型のカナル型イヤホンとしてはやや広い方と思いますが、
価格なりと言えば価格なりかもしれません。

通勤通学のお共にはちょうど良いと思います。
低音が目立ちますので、ポップスやロックを好んで聴かれる方には、
選択肢の一つにぜひ加えていただきたい逸品です。
激しいロックやパンク、メタルなどは、
ウォームな感じのEX500とは合わない可能性がありますので、注意が必要です。

○似ている機種

後継機種ということで、旧機種のEX90SLとの比較が気になるところと思います。
EX90のイヤーピースを大きめのものにし、耳にぎゅっと押し込むと、
低音が強くなり多少閉塞感が生まれますが、
そのときの音に似ているように感じます。
私はMサイズを使用していますが、試しにEX90をLサイズに変えてみたところ、
エッジの感じを除いて非常に良く似ているように感じました。
余談ですが、EX500をLサイズにしてみたところ、
低音が過剰に聴こえてしまい音楽鑑賞には耐えませんでした。

他にも、低音がやや目立って適度な開放感と閉塞感があり、
音が全体的にウォームという意味では、PX200と似ていると感じました。
そもそもの形状が異なりますので全く近いということではありませんが、
得意の分野などは同じカテゴリーに入ると思います。

○ハードウェア面の印象

全面はアルミの高級感ある概観ですが、
裏面は黒いプラスチック?素材が使われており、ややチープな印象です。
ドライバをイヤーチップと平行に設置しているため、
イヤーチップを耳の奥まですっと入れることが出来ます。
装着感は、同価格帯のカナル型では最高峰だと思います。

イヤーチップにもこだわりがあり、硬さの異なる2種類のゴムを使うことで、
音の通り道がつぶれて狭くならないように工夫されています。
こうした小さな心配りがうれしいです。

コードはいわゆるネックチェーン方式です。
左右の長さが違うのは、音にこだわる人は気になるかもしれません。
コードの固さは普通~やや柔らかめで、クセはつきにくそうですが、
プラグ部分の作りが華奢なのでここから断線しそうです。

個人的に非常に残念なのは、ケースです。
作りがしっかりしており、収納もしやすく使い勝手がよさそうなのですが、
フタの部分がボタンではなく、大きな板磁石が使われています。
スピーカードライバには磁石が使われており、音を発生させるのは磁力によるものです。
ですから「スピーカーに磁石を近づけない」というのは、
オーディオファンの間では常識です。
実際、この程度の磁石の磁力であれば問題はないということなのでしょうが、
どうにも気になってしまうので、私は使用を断念致しました。
作りがいいだけに、とてももったいないです…

○価格など

家電量販店の店頭価格では、1万円前後が主流のようです。
新製品ということもありますので、今後の価格動向に期待です。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆★ (温かみのある美しい高音です)
中音域:☆☆☆☆  (出しゃばらない、奥ゆかしい中域です)
低音域:☆☆☆☆★ (人によっては過多と感じるかもしれません)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆  (どっしりとしており、かなり良いです)
ハードウェア面    :☆☆☆☆  (ケースとチープな質感以外は満点です)
コストパフォーマンス:☆☆☆    (価格よりやや良い感じです)
お気に入り度     :☆☆☆☆  (電車移動の友です)

得意ジャンル:ポップス、ロック、歌謡曲から、ゴシック系の曲やクラシックもいけます
苦手ジャンル:打ち込み、さわやか系のロック、あっさりとした曲や無機質な曲
オススメCD:ICO ~霧の中の旋律~
       大島ミチルさんによる、ゲームのサウンドトラックです。
       非常にこだわりを持って作られている、名盤だと思います。
       自然の音や生の音をふんだんに取り入れており、録音状態もとても良いです。
       荒廃しているけれどもどこか温かなメロディラインは、
       芯のある低音とウォームな雰囲気を兼ね備えたEX500にぴったりです。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
スポンサーサイト
カナル型イヤホン | コメント:2 | トラックバック:0 |

Technics 『EAH-210』

今回は、レビューの中でも番外編的な位置取りになります。
ネットを見る限り、レビューが全く存在しないという、激レアヘッドホンです。
激レアレビューと言えば聞こえもいいですが、需要が全く無いとも言えます。
ご紹介するヘッドホンは、1970年代にTechnicsから発売された、
雰囲気のあるレトロヘッドホン『EAH-210』です。

※画像は準備中です。すみません!

○購入価格 (購入場所)

1400円 (ヤフーオークション)

○音の印象

ヘッドホンの歴史を感じることが出来るヘッドホンです。
音質がどうこうということを語ることは、野暮と言えるかもしれません。
普段は音域別に3~5行ほどのレビューをしておりますが、
今回は簡単に書かせていただきます。

中域がやや張り出す、いわゆる「かまぼこ型」の音域バランスです。
高音域はほとんど鳴りません。
低音域はぼわぼわもこもこと鳴ります。
中音域は他の音域に比べ鳴りますが、まくを何枚も通して聴くような感じです。
どの音域も表現が荒く、心地よさがありません。

キレは無いに等しいですが、温かみはあります。
音場は狭く、電話ボックスの中で聴いているような印象です。
分解能は意外と高く、楽器の音を聞き分けることが出来ます。

総じて、ラジカセのスピーカーに耳をくっつけているかのように聞こえます。
しかし、レトロな外観という意味では期待を裏切らない音です。
「昔のヘッドホンはこんな音だったのか…」としみじみ思うことが出来ます。
明瞭さはゼロ、音もこもり放題ですが、換言すればアナログ的な音とも表現できそうです。

古き良き昭和の音、それはまるでラジオから流れるヒットソング。
そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれるヘッドホンです。
ソースを吟味すれば、意外な発見があるかもしれません。

○似ている機種

昔のラジオのような音がします。
今のヘッドホンと比べるのは、野暮というものです。

○ハードウェア面の印象

使用感は悪くありませんが、使用感よりも特筆すべきはその外観でしょう。
近日写真をアップすることをお約束します。
なんともレトロな外観を楽しみにしていて下さい。
写真の技術がほしいです…

○価格など

現在は、オークションで数ヶ月に1度出品されているようです。
相場は不明ですが、1500円前後でしょうか。
今後また値段が変わる可能性もあります。
アンティークとしての価値がありそうです。

(音域別評価)
高音域:★ (ほとんど聴こえない上に、聴こえても「鳴るだけ」です)
中音域:☆ (そこそこ聴こえますが、鑑賞に耐えるものではありません)
低音域:☆ (中音域の評価に同じです)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆     (音楽鑑賞には向きませんが、レトロな味わいは貴重でしょう)
ハードウェア面    :☆☆☆★ (レトロで個性的な外観がグッドです)
コストパフォーマンス:☆☆    (音質ではなく、外観に関するコストパフォーマンスです)
お気に入り度     :☆     (味わい深いですが、いかんせん実用的ではありません)

得意ジャンル:昭和の歌謡曲(得意というより、雰囲気が出ます)
苦手ジャンル:全般
オススメCD:サザンオールスターズ 『バラッド '77~'82』
        まさに70年代の音です。バラッドのノスタルジックな感じを、
        あますところなく引き出してくれます。
        今の「いい音」というだけのヘッドホンには決して出せない、
        昭和の円熟した渋い音が楽しめます。        

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング後の評価です。
家用ヘッドホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

ULTRASONE 『DJ1 PRO』 ※良品レビュー

以前記しましたレビューについて、
初期不良品のため音域のバランス、明瞭感のバランスなどが、
良品と異なるものとなっておりました。

10月23日、修理されて戻って参りましたので、新たに修正後のレビューを記します。
なお、異ならないと感じる部分につきましては、過去の文章のまま載せております。
比較参照が出来るように過去のレビューも残しておりますが、
基本的にはこちらをご参照頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

    
○購入価格 (購入場所)

15800円 (フジヤエービック セール時)

○音の印象

S-LOGICとULEという、不思議な機構を備えたヘッドホンです。
全体的にノリが良く、明るくテンションの高い音を鳴らします

低音域は気持ちよく出ます。
立ち上がりが良くキレがあり、ノリの良さを演出しています。
不自然に過多と言うことはありませんが、原音に忠実な鳴らし方とは言えないようです。

中音域はクセが少なく、ストレートに鳴らします。
低音に比べボリューム感に欠けるところはありますが、
あっさりとしっとりの中間に位置する、味付けの少ない音が楽しめます。
強いていえばややしっとり目ですが、くどいと感じるほどではありません。

高音域は、非常にテンションの高い表現で鳴らします。
深みもややあり、テンションが高いだけではなく落ち着いた音もこなせます。
DJ1PROのノリの良さは、低音域と高音域の匠なバランスによるものという印象です。

エッジはやや鋭いですが、聴き疲れるほどではありません。
「DJがライブ中ずっと使い続けられるようなヘッドホン」というコンセプトで作られたらしく、
情報量は多いのにも関わらず聴き疲れしにくいという、不思議な個性を持っています。

密閉型で、遮音性はそこそこです。
音漏れはほとんどありません。

分解能はやや高めですが、特筆すべきは音場です。
先述したS-LOGICという個性派技術が使われており、そのおかげで音場が独特です。

S-LOGICとは、ヘッドホンのスピーカードライバをセンターからずらして配置することで、
音を一度外耳に当ててから鼓膜に届けるというものです。
これによって、ヘッドホン特有の頭内定位(頭の中で音が鳴っている感じ)を解消し、
より自然な音を聴かせようとするものです。

その効果は劇的に感じられるというものではありませんが、
確かに頭の周りで音楽が鳴っているような、不思議な音場感をもたらしてくれます。

あまり入門者向けではないかもしれませんが、
得意ジャンルはもちろん、苦手なジャンルでも必要最低限のクオリティで聴かせてくれます。
基本的には万能、打ち込み系との愛称は抜群という感じです。

○似ている機種

音場が独特なので、似ている機種というのが上げづらいです…
密閉型には中々見られない音場の広がりと、
開放型には中々見られない低音域の響きの深さが魅力です。
強いてあげれば、PHILIPSのHP830は似た傾向の音だと思います。
HP830の音場を広げ、音の分離をはっきりとし、
中域を少し押さえるとDJ1PROに近づくような気がします。
しかし、そこはさすがに価格差がありますし、
全体的にDJ1PROの方が一枚上手のように感じます。

○ハードウェア面の印象

側圧はやや強めで、バンドはやや短めです。
アジャスターのロックが弱いので、
自分に合うバンドの長さを覚えておく必要があります。

また、肌に当たる部分が薄いビニール?のような素材で、
装着感があまり良くないのは減点です。

ハードウェア面で特筆すべき点は、ULEという技術です。
ヘッドホンは電磁石を使っていますので、電磁波が出ます。
この電磁波を大幅に軽減する技術が、ULEというものです。
スピーカードライバを特殊?な金属で覆っているらしいのですが、
詳しいことはよくわかりません…
健康に気を使ったヘッドホンということなのだそうです。

コードは片出しで、着脱可能なコードです。
コードが断線した場合にも、替えを買ってすぐに使えます。
付属のコードは2種類あり、ボリュームコントローラー付きのカールコードと、
ボリュームコントローラー無しのカールコードです。
カールコードは重く感じる上に、あまり役に立たない印象でマイナスです。
また、iPodなどの小さいジャックに差し込むときには付属の変換プラグが必要です。

○価格など

私が購入したのは在庫セールの価格なので、安いものでした。
現在はモデルチェンジがされており、デザインが変更になっていますが、
ドライバは変更されていないそうです。
ハードケースが付属している分、旧モデルよりも高めの価格設定です。
22000円~30000円程度が実売価格のようですので、
以下の評価はそれに従っております。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆★ (明るいだけではなく、品があります)
中音域:☆☆☆☆  (他の音域に比べ目立ちませんが、充分です)
低音域:☆☆☆☆☆ (量感とキレを両立した低音です。全体の雰囲気を作り出します)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆★(5と迷いました。色々な音楽を楽しめます)
ハードウェア面    :☆☆☆★ (もうちょっと装着感が良いとうれしいのですが…)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆  (価格以上の満足度です)
お気に入り度     :☆☆☆☆★ (かなり万能なヘッドホンです。使い込みたいです)

得意ジャンル:打ち込み、ロック、ポップス、ジャズ、しっとりとした音楽
苦手ジャンル:強いてあげるならばクラシック、伸びを感じさせる音楽
オススメ音源:07th expantion サウンドノベル 『うみねこのなく頃に』
        CDではなくゲームであるためルール違反ではありますが、
        『うみねこのなく頃に』の音楽の魅力を100%引き出すならば、
        このヘッドホンで決まりだと思います。
        DJ1PROを使用すると、ゲームが2倍も3倍も楽しめますよ!
        怖いですが!

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
家用ヘッドホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

DJ1PROにつきまして

当方のDJ1PROのレビュー記事について、重要な追記を致しました。

私のレビューが、他の方のレビューと差があることに違和感を感じておりました。
そこで、各所の試聴コーナーで同製品を聴いて回ったところ、
どうも私の持っているDJ1PROは音が異なるように感じました。

具体的な違いは、低音域では厚み、つややかさ、
中音域ではボーカルの表現、ダイナミックさ、
高音域では音の固さ、立ち上がり、深みなどです。

そこで購入元に送ったところ、当方の製品が不良であることがわかりました。
当方のレビューをご参考頂いた皆様に深くお詫びを申し上げると共に、
今後は他の同製品とのギャップが無いことを、
可能な限り確認した上でレビューを記して参ります。

修理交換され戻って来次第、レビューを更新いたします。
レビューにつきましては、細部に違いが見られるものの、
全体的な印象(ノリの良さ、曲との相性、音の評価など)に大きな差はありませんので、
取り合えずこのままとさせて頂きます。
なお、音質評価が4.5と不良にも関わらず高いですが、
これに関しまして当方の不良品を再評価しましたところ、変わりなく4.5でした。
「不良」と申しましても、音のバランスや細部の空気感が異なるだけで、
音楽鑑賞には何ら不具合のあるものではありません。
ご了承頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

(なお、DJ1PROのレビューにも同一内容の文章を掲載しております)
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SONY 『MDR-EX90SL』

すっかり涼しくなりました。イヤホンも衣替えの時期です。
SONYの名機『EX90』が生産終了になり、新しく『EX500』が発売されました。
そこで、今回ご紹介するイヤホンはSONYのカナル型イヤホン『MDR-EX90SL』です。

    

○購入価格 (購入場所)

7000円 10%ポイント還元 (ヤマダ電機 特価品)

○音の印象

プロユースのスタジオヘッドホンとして最も売れている、
名機900STのスタッフが、総力を結集して作成したイヤホンです。
カナル型とは思えない開放的な音と、一つ一つ明瞭に聴こえるつぶ立ちの良さは、
何物にも変えがたいイヤホンです。

低音域は気持ち多めですが、品があります。
厚みがありながら非常にキレがよく、ぼわついた感じはありません。
他の音域に干渉しないという意味では、音楽を支える低音というよりは、
低音そのものが主張するような感じです。
気持ち多めと書きましたが、他の音域と比べるとフラットに近いです。

中音域の量はちょうど良いです。遠くなく近くなく、多くなく少なくもなく。
この辺の音作りは、さすがと思います。
ボーカルは艶っぽいというよりは冷静ですが、ドライというほどではありません。
つぶ立ちが良く明瞭である反面、温かみには若干欠ける印象です。

高音域の表現は見事です。
中域同様、柔らかいというよりはやや固い印象ですが、
クラッシュシンバルの細かい振動や、ライドのキラキラ感などは最高の表現をしてくれます。
弦楽器の高音域の表現は、中々みずみずしく鳴ります。
木管的な音よりも、金管的な音の方が得意なようです。

エッジはどの音域も少々きつめですが、痛いほどではありません。
音の輪郭がハッキリしていることもあり、
まったりと楽しむよりも積極的に鑑賞することに向いている印象です。

カナル型ですが開放型で、音は多めに漏れます。
電車内では気をつけないと使えない程度です。
非常に開放的な音が特徴なイヤホンですので、これは致し方ないことでしょう。
それでいて、遮音性はそこそこです。
一般的なカナル型よりは悪いです。

分解能はやや高め~高め、音場は非常に広いです。
900STのように、モニターとしても活躍できそうです。
再掲になりますが、非常に開放的で音場が広いことがEX90の最大の魅力と思います。

音漏れが多いことが玉にキズですが、
明瞭で開放的な音を求める人にはこれ以外ないほどにオススメできます。
家で音楽をじっくり聴きたいときには、私はこれを使うことが非常に多いです。

○似ている機種

スタッフが同じだけあって900STとは通ずるものを感じます。
また、後継機種であるEX500と非常に良く似ています。
EX500はEX90に比べ低音の量が多く、若干音場も狭いです。
EX500を開放的な音にすると、EX90に近くなりそうです。
開放感があるという意味では、K501も似ているかもしれません。
K501の低音を増やし、音のエッジを鋭くすると近くなりそうです。

○ハードウェア面の印象

アルミ削りだしの筐体は、高級感があって非常に良いです。
イヤーピースは耳にやさしくフィットするシリコンゴム製で、いい感じです。
筐体も軽く、装着感は非常によろしいです。
カナル型全般に言えることですが、
耳の穴が密閉できる大きさのイヤーピースがあるか否かで
音の聴こえ方は大きく違ってきますので、注意が必要です。

コードはSONYお得意のネックチェーン方式です。
左右の長さが違うのは、音にこだわる人は気になるかもしれません。
コードの固さは普通ですが、クセがややつきやすい印象です。

また、非常に残念なことに、
比較的高い確率で「付属ケースに収まらない」ということがあります。
プラスチックのケースにイヤホンをはめ込むように収納し
その後革のケースに入れるのですが、
プラスチックのケースのサイズよりもイヤホン部分が若干大きい場合があり、
ひっかかってしまって収まらないということがあります。
手作りで組み立てているそうですが、手作りによる個体差が原因と思います。
当方4つ購入しておりますが、そのうち2つはケースに収まりませんでした。

また、4つのうちの1つは初期不良に当たってしまいました。
当方の不良品は、明らかに音が右に寄っているということと、
他のイヤホンに比べ明らかに音が小さいということでした。
偽物も出回っているようですが、大手家電量販店での購入ですので、
正規のルートで流通している本物であることは確認済みです。
この点につき、非常に残念です。

なお、すでにSONYの在庫も無いとのことなので、
後継機種のEX500と交換になりました。

○価格など

生産終了品のため、店頭在庫のみです。
実売は7980円のところがほとんどです。
私はセールのため安く購入できましたが、
7980円だとしても充分なコストパフォーマンスです。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆☆ (キレのあるクールな高音です。文句なしの満点です)
中音域:☆☆☆☆★ (明瞭で透き通るような中域です)
低音域:☆☆☆☆★ (支配的ではありませんが、量と品を兼ね備えています)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆★ (感動できる音です)
ハードウェア面    :☆☆     (装着感は良いですが、音漏れ、不良が気になります)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆  (1万5千~2万程度の音でしょう)
お気に入り度     :☆☆☆☆☆ (最近はこればかりです。現在2つ持っています)

得意ジャンル:ジャズ、さわやかなポップス、クラシック、ロックなど、かなり幅広いです
苦手ジャンル:歌謡や演歌などのしっとり艶やかな曲、ハードロック、重厚なオーケストラ
オススメCD:くるり 『Tower of Music Lover』
        またもやくるりですが、初期のくるりの音楽とはベストマッチです。
        クールだけどハートフルな楽曲とは、非常に相性がよいです。
        他にも色々なCDと合います!

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
カナル型イヤホン | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。