主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コラム第6回 『家電量販店』

ヘッドホンを探すとき、多くの方がまず訪れるのが、
ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機といった、いわゆる家電量販店でしょう。
そこで、今回は趣向を変えまして、家電量販店に関する豆知識を少々書きたいと思います。

○各店の特徴
 ・ビックカメラ
 今でこそ群雄割拠の家電量販業界ですが、
 昔は大型家電量販店といったら、ビックカメラやさくらやでした。
 老舗であるビックカメラは、その名のとおりカメラを中心とした家電量販店です。
 一つ一つの店舗は、お世辞にも大きいとはいえず、またきれいとも言い難いです。

 しかし、店員の知識やかゆいところに手が届く品揃えは、さすがというべきだと思います。
 例えば、エアコンのフィルターなどのサプライ品。
 他店では多くが取り寄せであるのに対し、ビックカメラはある程度の品揃えがあります。 

 店員の知識や対応は、全体的に中の上~上の下といった感じです。
 ビックカメラは『家中の全ての家電にビックカメラのものを』という精神があるため、
 顧客を大事にする傾向が強いようです。
 しばらくぶりに行っても、顔を覚えておいてもらえるなんていうこともあるかもしれません。

 反面、値段やポイントといった点では、やや他店に劣ります。
 ビックカメラは昔から各地に店舗を持っていますが、
 そのせいで競合他社の進出を受ける形になり、
 価格競争のあおりを受けることが多いようです。
 そういう意味では、あまり若者受けはしないのかもしれません。

 長く付き合っていくことが出来る、昔ながらの家電量販店です。

・ヨドバシカメラ
 ビックカメラのカゲに隠れがちだったヨドバシカメラですが、
 秋葉原への大型店舗による進出により、
 一躍その地位を上げることとなりました。

 ジャンルを問わない幅広い商品展開と、
 その地のニーズに合った柔軟な店舗展開で、
 若者を中心にシェアを伸ばしています。

 店員の対応は上々ですが、商品の種類が多いせいか、
 商品知識にはむらがあるようです。
 また、他店舗を徹底的にライバル視しており、
 『他店より1円でも安く』を徹底しようとしています。
 (ただし、インターネット販売は度外視しているようで、
 価格コムの最安値などは原則取り合ってくれません)

 ポイントは特筆すべきところはありませんが、
 価格交渉は前向きに検討してくれることが多いようです。
 特にテレビは、価格を1時間ごとに張り替えるほどに力を入れています。
 大型家電については、思い切って価格交渉してみましょう。

 顧客のニーズに対応しようとする、努力型の家電量販店といえると思います。
 
・ヤマダ電機
 現在、ぐんぐんと店舗数を増やしているのがヤマダ電機です。
 特に池袋と渋谷への大型店舗による進出は、記憶に新しい出来事でした。
 店員による販促に力を入れており、他の店に比べ店員の数は多いようです。
 ビックほど親身になってはくれないものの、
 他の家電量販店を圧倒する価格設定(要交渉)と、ポイントサービスが魅力です。

 店員の対応はピンからキリまで幅広く、「当たりハズレ」がかなり大きいのが特徴です。
 商品知識もピンキリですが、全体的に見て他の店よりも知識は少ないようです。
 店員が信頼できるかどうかを見るために、
 知らないふりをして声を掛けることがあるのですが、
 明らかな間違いを堂々と力説されることもしばしばです。 

 ハズレの店員に当たってしまうと、
 もうここでは買い物をしたくないとすら思われるかもしれません。
 しかし、当たりの店員(マネージャークラス)に運よく出会えれば、
 ここほど購買意欲をそそられる家電量販店は他にありません。

 価格交渉には基本的に前向きにのってくれますが、
 本部から値引きの「限界」を細かく指示されており、
 物によっては1円たりとも譲らない場合があります。
 値下げ交渉は、本部によって一元管理されているようで、
 基本的に店舗で可能な交渉は「そこそこ」の範囲だと思ってください。

 ただし、特例として、池袋だけは別格の値下げ幅です。
 おそらく価格設定権限に関し、特別な権限を付与されているのでしょう。
 池袋のヤマダは、全家電量販店の中でもイチオシです。

 また、特徴的なのはポイントサービスです。
 値下げ幅よりもおどろくのはポイント付与率で、
 池袋や渋谷などでは、通常10%はほとんどの商品で付与されますし、
 テレビなどであれば、交渉次第で30%つくこともあります。
 また、店舗に置いてあるポイントマシンにカードを通すことで、
 来店時と商品購入時の二回、10~4000ポイントがもらえるチャンスがあります。
 携帯会員であれば、200円以上の商品を購入すれば最低でも100ポイントがもらえますし、
 キャンペーン期間中は10人に一人の割合で1000ポイントがあたります。
 私も当たったことがあります。

 さらに、不定期(3月末?)ではありますが、
 過去にはポイント1.5倍キャンペーンなども行われておりました。
 「もらえるポイントが1.5倍」なのではなく、
 「使えるポイントが1.5倍」という、とんでもないキャンペーンです。
 10000ポイント持っていたら、15000円分のお買い物ができるわけです。
 またやるかどうかは定かではありませんが、
 このようにポイントサービスに力を入れているのが人気の一因であることは、間違いないでしょう。

 店舗、店員によって当たり外れの大きい、
 しかしポイントは一杯たまる、お得な家電量販店です。

以上です。参考になりましたでしょうか?
東京近郊であれば、オススメはずばり、池袋のヤマダ電機です!
ここまで書いておいてなんですが、
イヤホン類は原則的に値引きをしてくれませんので、ご注意下さい。
スポンサーサイト
コラム | コメント:6 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。