主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雑記 近況報告?

会計士試験の本試験が迫っておりましたために
しばらく更新をお休みしておりましたが、
本日無事全日程を終了しましたので、また復帰させて頂きます!

記事の更新は明日以降となります。
よろしくお願い致します!
スポンサーサイト
その他 | コメント:3 | トラックバック:0 |

ULTRASONE 『DJ1 PRO』 ※不良品でした。

※10月14日 重要な追記

以下のDJ1PROの記事についてですが、
他の方のレビューと差があるなと感じておりました。
そこで、各所の試聴コーナーで同製品を聴いて回ったところ、
どうも私の持っているDJ1PROは音が異なるように感じました。

具体的な違いは、低音域では厚み、つややかさ、
中音域ではボーカルの表現、ダイナミックさ、
高音域では音の固さ、立ち上がり、深みなどです。

そこで購入元に送ったところ、当方の製品が不良であることがわかりました。
当方のレビューをご参考頂いた皆様に深くお詫びを申し上げると共に、
今後は他の同製品とのギャップが無いことを、
可能な限り確認した上でレビューを記して参ります。

修理交換され戻って来次第、レビューを更新いたします。
以下のレビューにつきましては、細部に違いが見られるものの、
全体的な印象(ノリの良さ、曲との相性、音の評価など)に大きな差はありませんので、
取り合えずこのままとさせて頂きます。
なお、音質評価が4.5と不良にも関わらず高いですが、
これに関しまして当方の不良品を再評価しましたところ、変わりなく4.5でした。
「不良」と申しましても、音のバランスや細部の空気感が異なるだけで、
音楽鑑賞には何ら不具合のあるものではありません。
ご了承頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

※10月23日、修理されて戻って参りました。
 これに伴い、新たに修正後のレビューを起こしております。
 こちらではなく、修正後のレビューをご参照下さい。

(以下、修理前のDJ1PROに関するレビュー記事です)

ヘッドホンの世界に魅了されると、
「個性的なヘッドホン」というものに興味を持つことがあります。
外見的な意味でももちろんですが、やはり音の個性に魅了されます。
今回は、ULTRASONEの個性派家用ヘッドホン『DJ1 PRO』(旧モデル)です。

○購入価格 (購入場所)

15800円 (フジヤエービック セール時)

○音の印象

S-LOGICとULEという、不思議な機構を備えたヘッドホンです。
非常にノリがよく明るい音を鳴らしますが、反面無機質な冷静さも感じます。

低音域は気持ちよく出ます。
過多ではなく、また品が良いわけでもないのですが、
キレと厚みのある低音を聴かせてくれます。
突き刺さるようなバスドラムが印象的ですが、ベースラインも明瞭に響きます。
まったりとしたエロティックなベースは苦手のようです。

中音域は他の音域に比べ目立ちませんが、
輪郭ははっきりとしており、埋もれている印象はありません。
ボーカルのような生々しい音の表現は、比較的不得手のようです。
しかしながら、ギターソロはキレのある音色で聴かせてくれます。

高音域は、非常にテンションの高い表現で鳴らします。
深みのある高音域ではありませんが、
DJ1PROのノリの良さはこの高音域の表現によるものという印象です。
音楽全体を支配しているように感じます。
エッジは鋭いですが、予想外に聴き疲れません。
「DJがライブ中ずっと使い続けられるようなヘッドホン」というコンセプトで作られたらしく、
情報量は多いのにも関わらず聴き疲れしにくいという、不思議な個性を持っています。

密閉型で、遮音性はそこそこです。
音漏れはほとんどありません。

分解能はやや高めですが、特筆すべきは音場です。
先述したS-LOGICという個性派技術が使われており、そのおかげで音場が独特です。

S-LOGICとは、ヘッドホンのスピーカードライバをセンターからずらして配置することで、
音を一度外耳に当ててから鼓膜に届けるというものです。
これによって、ヘッドホン特有の頭内定位(頭の中で音が鳴っている感じ)を解消し、
より自然?な音を聴かせようとするものです。

その効果は劇的に感じられるというものではありませんが、
確かに頭の周りで音楽が鳴っているような、不思議な音場感をもたらしてくれます。
狭いか広いかで言えば、もちろん広めです。

S-LOGICの感じが気に入るか否かで、大きく評価の分かれるヘッドホンになりそうです。
あまり入門者向けではないかもしれません。
また、得意ジャンルが偏っているように感じますが、
得意なものに関しては、最高クラスの音楽を聴かせてくれます。

さらに、エージングによって劇的に音が変わります。
購入時は、なぜこのヘッドホンが評価されているのか疑問符でしたが、
時を経るにつれ低音域が締まり、高音域に精彩が見られるようになりました。
「変わります」と断言するのは少々行き過ぎかもしれませんが、
購入時のガッカリ感と現在の満足感の差は、音の変化によるものだと思っております。

○似ている機種

音場が独特なので、似ている機種というのが上げづらいです…
密閉型には中々見られない音場の広さと、
開放型には中々見られない低音域の響きの深さが魅力です。
強いてあげれば、PHILIPSのHP830は似た傾向の音だと思います。
HP830の音場を広げ、音の分離をはっきりとし、
中域を少し押さえるとDJ1PROに近づくような気がします。
しかし、そこはさすがに価格差がありますし、
全体的にDJ1PROの方が一枚上手のように感じます。

○ハードウェア面の印象

側圧はやや強めで、バンドはやや短めです。
アジャスターのロックが弱いので、
自分に合うバンドの長さを覚えておく必要があります。

ハードウェア面で特筆すべき点は、ULEという技術です。
ヘッドホンは電磁石を使っていますので、電磁波が出ます。
この電磁波を大幅に軽減する技術が、ULEというものです。
スピーカードライバを特殊?な金属で覆っているらしいのですが、
詳しいことはよくわかりません…
健康に気を使ったヘッドホンということなのだそうです。

コードは片出しで、着脱可能なコードです。
コードが断線した場合にも、替えを買ってすぐに使えます。
付属のコードは2種類あり、ボリュームコントローラー付きのカールコードと、
ボリュームコントローラー無しのカールコードです。
カールコードは重く感じる上に、あまり役に立たない印象でマイナスです。
また、iPodなどの小さいジャックに差し込むときには付属の変換プラグが必要です。

○価格など

私が購入したのは在庫セールの価格なので、安いものでした。
現在はモデルチェンジがされており、
ハードケースが付属している分、旧モデルよりも高めの価格設定です。
22000円~30000円程度が実売価格のようです。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆★ (非常にノリのよい高音です)
中音域:☆☆☆    (控えめですが、荒くないです)
低音域:☆☆☆☆★ (量がありキレが良いです)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆★(とても元気の良いヘッドホンです)
ハードウェア面    :☆☆☆   (もうちょっと装着感が良いとうれしいのですが…)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆  (打ち込みをメインに聴く人には、かなり良いと思います)
お気に入り度     :☆☆☆★  (個性的なので、ソースを選びます)

得意ジャンル:打ち込み(超得意!)、無機質なロック、ポップス
苦手ジャンル:声楽曲、しっとりした音楽、有機的な音楽
オススメCD:Goddes in the Morning 『Goddes in the Morning』
        打ち込みメインのCDをあまり持っていないのですが、
        その中でもこのCDはDJ1PROに非常によく合います。
        ちょっとヘッドホンの元気が良すぎる気もしますが、
        それを補って余りある表現力です。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
家用ヘッドホン | コメント:3 | トラックバック:0 |

商用サイトからのリンクにつきまして 關於來自商務網站的鏈接

国外の商用サイトから、無断でリンクがなされているのを発見致しました。
また、同サイトにて当サイトの文面を翻訳したものが、
無断で掲載されていることも確認致しました。

誠に申し訳ありませんが、
「商用サイトからのリンク」ならびに「商用サイトにおける当サイトの文面の引用」は、
ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

私レッツは、当サイトをご覧になられて生じた、
いかなる事由に対する責任も負うことが出来ませんし、
いかなる事由に対しても責任を負いません。

今後も、私が商用サイトからのリンクを了承することはありませんので、
全ての商用サイトと当サイトは一切関係が無いということを、
ここに明文化させて頂きます。

よろしくお願い致します。

※以下、中国語に直訳したものを記します。

從國外的商務網站,發現了擅自鏈接被做。
同時,同網站翻譯了這個網站的字面的東西,
擅自被刊載的事也確認了。

實在對不起,「來自商務網站的鏈接」排列
「商務網站能放的這個網站的字面的引用」,
請求停止。

我lets,被看這個網站產生了,
不能對如何的理由的責任也背負,
對如何的理由也不承擔責任。

全部的商務網站和這個網站,全部沒有關係。

その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |

コラム 第7回 「旧SHE9501」と「現行SHE9501」と「現行SHE9500」

※以下の記事は雑記として書いたものですが、
 検索でいらっしゃる方も多いことから、
 ブラッシュアップした上で「コラム」とさせて頂きます。

先日の雑記で、「旧SHE9501」と「現行SHE9501」は別物だけれど、
「旧SHE9501」と「現行SHE9500」は同じもの(あるいは近いもの)ではないか?
ということを書かせて頂きました。
この3機種を全て手に入れましたので、所感を述べさせて頂きます。

※型番が似ていてわかりにくいので、
 以下SHE9501(白色)を「A」、SHE9500(黒色)を「B」とさせて頂きます。

主観だらけの結論としましては、
「旧A」と「現行B」は、やはり別物と考えます。
残念です。

旧Aと現行Bについて、プラグ部分の太さや形状、延長コードのプラグ部分の形状同じものでした。
しかし、旧Aと現行Bのコードの材質は異なる物のようです。
※コードが異なる可能性があると記述しておりましたが、
 劣化の度合いの違いによるものでした。失礼致しました。

音は旧Aの均一な音域バランスとは異なり、
むしろ現行Aに近い、低音よりのバランスと感じました。

しかしながら、現行Aと現行Bを比べても、微妙な雰囲気の違いを感じます。
現行Aの方が音場が狭く、音がごちゃごちゃしているように感じるのに対し、
現行Bの方は旧Aに見られたような、すっきり感を多少感じます。
しかし、かない微細な違いですので、気のせいと言われれば否定できません。

現行Aと現行について、中域の表現は比較的違いが大きく見られるように感じます。
エレキギターの音などを聴くと、現行Aが「ざらっ」としているのに対し、
現行Bは比較的すっきりと聴こえます。

英文の仕様書を読んで見る限りでは、現行のAもBも共に『バージョン5.0.10』と読めます。
(仕様書のバージョンという可能性もありますが…)
また、仕様書の発行日を見ると、現行Aは2月であるのに対し、現行Bは7月となっています。

日本に現在流入しているのは4月以降の輸入分だそうですので、
現行Aは『バージョン5.0.10』で、
現行Bは『バージョン5.0.10より前のもの』という可能性もありそうです。

以下は完全な推測に過ぎませんが、
バージョンが進むにつれ「低音より」で「狭い音場」に変わっていっているのかもしれません。
バージョン1つ違いなら微細な違いだとしても、
旧Aと現行Aのバージョンが複数またがれているのならば、
その違いは聴いて明らかな程度になることと思います。

まとめます!

旧A……音域バランスは均一、音場はやや広め、地味だがすっきりしている音
現行B…音域は低音より、音場は中程度、旧Aに比べこもり気味
現行A…音域は低音より、音場は中程度~やや狭い、
      現行Bよりも音がごちゃっとしている(分解能が低い)印象
※現行Bと現行Aの違いについては、微細なものです。


おまけ:旧製品と現行製品の明らかな違いは、
     イヤホンの後に空いている穴を指でふさいだときの音の変化にもあります。
     旧Aは明らかに低音が減り、音がぺしゃんこになるのに対し、
     現行A、Bはほとんど音に変化がありません。
     もしかすると、この辺が音の違いに関係しているのかもしれません。

 購入直後にあれこれ聴いてみたところ、お気に入り度としては、
 『現行SHE9500≧旧SHE9501>現行SHE9501』という感じでした。
 その後さらに様々な音楽を聴き進めたところ、
 旧SHE9501のポテンシャルの高さに驚かされました。

 現在では『旧SHE9501>>現行SHE9500>現行SHE9501』という順位で落ち着いております。
 SHE9501はフラットなだけでなく、音の抜けがよく非常にクリアです。
 さすがと感じました。
コラム | コメント:2 | トラックバック:0 |

雑記 SHE9501、SHE9500について

レビュー前に、ちょっと寄り道です。

SHE9501というイヤホンがありまして、以前ネットで好評を得ておりました。
一度市場から姿を消したのですが、最近になってまた輸入が開始されました。
しかし、マイナーチェンジが行われてしまった結果、
良いか悪いかは言及しませんが、以前のものとは別物のイヤホンとなってしまったのです。
旧SHE9501のファンの多くは、この事実に少なからずショックを受けました。

しかし、その後有志の皆様の調査によって、色々なことがわかりました。
(以下の記述は、主にインターネット上の記述によるものです。
 情報の正確性につきましては保証致しかねますので、予めご留意下さい)

SHE9501は、元々SHE9500の色違いとして発売されたそうです。
SHE9500は黒色(深紫?)のイヤホンでした。
しかし、近年のiPodの売れ行きに伴い、白色の方が売れるだろうと考えたのでしょう。
iPodの色に合わせるために、白色のSHE9500としてSHE9501が製造されたそうです。

その後、SHE9501は数回のマイナーチェンジが行われます。
日本で評価された、去年まで出回っていたものは、
2回のマイナーチェンジが行われたあとのものだそうです。
そして、今年の1月頃にマイナーチェンジが行われます。
このマイナーチェンジにより、音が変わってしまったものと考えられます。

ここで注目したいのは、SHE9501のマイナーチェンジが行われた経緯です。
外観としてはっきりわかることは、コードの材質変更、
本体のプラグの形状変更(太いものから細いものに)、
延長コードのオス側プラグの形状変更(ストレートからL字に)の3点です。
全体的に、作りがしっかりしたものに変わっています。
特に、プラグを太いものから細いものに、延長コードをストレートからL字に変えたのは、
iPodにケースをつけた場合に、ケースとの接触を防ぐためと思われます。

SHE9501は、iPodで使うことを強く意識して作られています。
そのため、iPodに合わせるためにマイナーチェンジを行ったものと推測されます。

前置きが長くなってしまいましたが、書きたいのは次のことです。

『であれば、SHE9500はマイナーチェンジされていないのではないか?』

試しに、現在流通していると思われるSHE9500の画像をチェックしてみましたが、
どれも、私が保有している旧SHE9501と同じプラグ形状をしています。
しかし、パッケージは明らかに変わっており、新SHE9501と合わせた物になっています。

ネットでは、SHE9500もマイナーチェンジがされたということで話が落ち着いていますが、
もしかして、SHE9500は今もマイナーチェンジされておらず、
旧SHE9501のファンが好んでいた音を保っている可能性があるのではと思います。

というわけで、近日SHE9500を買ってレビューしようかと思っているのですが、
需要があるのかどうかがわかりません…
何かコメント頂けると助かります。
ご興味のある方がもしいらっしゃいましたら、ご意見の程をよろしくお願い致します。
その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

雑記 次は何を書こう?

雷雨がすごいですね!オーディオ機器のプラグは抜いてますか?
送電線への落雷で雷サージが発生してしまうと、
オーディオ機器は故障してしまうことがあります。
また、ヘッドホンをつなげて聴いているときに雷サージが発生すると、
ヘッドホンのみならず耳にも深刻な影響を与えることがあるそうです。
耳のためにも、雷が鳴っている間はポータブルオーディオで我慢しましょう!

さて、次は何をレビューしようかしらと思案中です。
選択肢が多いわけではないのですが…
検索ワードは当然レビュー済み機種名がほとんどですので、
閲覧者様のニーズが今一つわからずに困っております。

候補はこんな感じです。

○DJ1PRO
○A8
○PORTA PRO
○referece410
○HP1000(生産終了)
○HP830(生産終了)
○SHL9500
○新旧SHE9501徹底比較(旧は生産終了)

引き出しが少ない上に、PHILIPSが多い…
片寄ったレビューはいけませんよね。
レビューすると喜ばれる機種って、なんだろう…?
その他 | コメント:7 | トラックバック:0 |

リンクにつきまして

当サイトは、基本的にリンクフリーです。
このようなサイトでもリンクして頂けるのであれば、ぜひよろしくお願い致します。
ただ、リンク後で構いませんので一言お教え頂けますと助かります。

なお、当方からのリンクにつきまして、
全く無断でリンクを行うことはせず、ご連絡を差し上げるように心がけております。
その上で、リンクフリーという旨の記載がある場合には、
事後のご連絡とさせて頂く場合もございます。
なお、リンクの可否につきまして明文の規定が無い場合には、
事前にご連絡をさせて頂き、お返事を頂いてからのリンクとさせて頂きます。

ご連絡を頂ければ、可能な限り相互リンクの形式をとらせて頂きたいと思っております。
よろしくお願い致します。

※重要な追記
商用サイトからのリンク、並びに当サイトの文面引用は、固くお断り申し上げます。
当方が商用サイトからのリンクを了承することはありませんので、ご留意下さい。
詳しくは、こちらの文面をご覧下さい。
商用サイトからのリンクにつきまして 關於來自商務網站的鏈接

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

リンク追加しました!

リンクを1つ追加致しました。

ヘッドホン@デジタル 様

ハイエンド機種を中心にレビューを行われている、だおさん様のブログです。
洗練されたヘッドホンを多数お持ちなので、日ごろから良い音に接せられており、
非常に高い水準でのレビュー記事や比較記事が掲載されています。
思わずため息が出てしまいます。うらやましいなぁ…
リンク追加 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お知らせ

全てのレビュー記事を見直し、細部をブラッシュアップしました。

勢いで書いてしまった恥ずかしい表現を修正すると共に、
評点を他の機種の評価と矛盾しないよう、改めて見直しました。

大きな修正ではありませんのでご安心下さい。

SHE9700で検索をかけていらっしゃる方が増えてきております。
私も日々チェックしておりますが、どうもネット販売は全滅のようです。
非常に手に入りづらい商品ですが、
家電量販店(ヨドバシ、ビックなど)で見かけるという報告もしばしば上がってきております。
オススメはしませんが、オークションにも比較的良心的な価格で出ているようです。

SHE9700ばかりが注目されていますが、
SHL9600も似た傾向を持っている、いいものですよ!
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コラム 第5回 『ヘッドホンの選び方』

どちらかと言えばヘッドホン初級者な私が、
「ヘッドホン初心者さんに向けて作ろう」と思ったブログが、当ブログです。
お役に立てていますでしょうか…?

さて、今回はヘッドホンの選び方について、
思うところを簡単に書かせて頂きます。
ヘッドホン選びは、好きな人にはそれだけで楽しいものですが、
初めての人にはどれも同じように見えてしまい、あまり楽しいものではないかもしれません。
どうすればヘッドホン探しを楽しめるのか、そんな指針にして頂ければ幸いです。

①好きなジャンルを思い浮かべる

まずは、ご自分が好きな音楽をイメージするところからはじめると良いかと思います。
ポップスが好きなのか、ロックが好きなのか。
クラシックが好きなのか、ジャズが好きなのか。
生楽器か、打ち込みか。
そんなことを、なるべく単純にイメージしてみてください。

②使用用途で絞り込む

次は、使用用途を考えましょう。
使用用途によっては、「大きさ」や「密閉型のみか、開放型でも良いのか」
あるいは「ヘッドホンかイヤホンか」といったことや、「形状」についても絞られてきます。

例えば、電車やバスなどで使うなら、密閉型のポータブルヘッドホンやカナル型イヤホン。
散歩やジョギングで使うなら、少しでも安全を確保するために開放型のポータブルヘッドホン。
家でゆっくり楽しむなら、サイズ、形状共にフリーになります。

③価格で絞り込む

①と②を意識していくつかのヘッドホンレビューサイトをまわって頂ければ、
ヘッドホンの選択肢は比較的絞られてくると思います。
特にポータブルユースであれば、一部高級機種を除いて1万円あればお釣りがきます。
そこで、価格によって絞込みをかけてみましょう。
いくらまでなら出せるのかというのは、とても重要なことです。

なお、よくある1000~2000円くらいの価格帯のヘッドホンでは、
中々オススメ出来るようなものがないのが私の印象です。
3000~4000円あたりから、ネットで話題になるような機種が出てきます。
もちろん、がっかりホンに当たることもありますが、ぜひ検討してみて下さい。

なお、家用ヘッドホンを探す場合には、
「好きなジャンル」と「価格」というのは重要なパラメーターになって来ます。
情報収集が大変とは思いますが、お知り合いに相談するなどして良いものを探してみて下さい。

④試聴する

可能であれば、試聴に行ってみましょう。
家電量販店でも試聴はできますが、
周りがうるさかったり最低限のメンテがされていなかったりと、
お世辞にも良い試聴環境とは言えません。

オススメとしては、東京の秋葉原にダイナ5555というお店があります。
お店の人に言えば、ご自分のCD(※)やiPodなども使うことが出来ます。

※通常の音楽CDを使いましょう。
 レーベルゲートCD(コピーコントロールCD)や、
 自分で焼いたCDなどは使用しないのがマナーです。

なお、試聴する際に気をつけたいことは、
『試聴機は、良いアンプにつないであることが多い』ということと、
『エージングが進んでいる』ということです。
これらの理由から、家で聴くよりも「良いと感じる音」で聴こえます。
買ってから「あれ?」と思うことの無いように、予め心がけておかれるとよろしいかと思います。

また、『大きい音』や『低音が強調された音』は、良いように聴こえてしまいます。
音量は上げすぎないようにし、ヘッドホン選びはクールに行いましょう。

以上です!
知った風なことを書いていますが、私もヘッドホンを選ぶときには、
長いときには2~3週間かけることもあります。
もちろん、色々な選び方があると思いますので、
ここに上げたものは一例に過ぎません。
何にせよ、楽しく選ぶのが一番です!
そのチョイスに、当ブログがお役に立てれば幸いです。
コラム | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。