主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CREATIVE 『EP-630』

いっぱいお金を使えれば、比較的良いものは手に入れやすいです。
しかし、お金が無くても良いものを手に入れることは出来ます。
安くて良いものを手に入れたときは、とてもうれしいものです。
というわけで今回は、CREATIVEのカナル型イヤホン『EP-630』です。

※10月25日、微修正しました。



○購入価格 (購入場所)

1680円(じゃんぱら(未開封中古品))

○音の印象

ぱっと明るくクセの少ない音が特徴のイヤホンですが、特筆すべきはその安さです!
私が購入したのは未開封中古品なので、市場価格よりさらに安かったです。

低音域はそこそこ出ます。
アタックの感じもよく、元気のよい快活な低音が響きます。
メリハリがありますが、量が多いわけではないので、
ぐいぐい引き付けられるような低音というような印象ではありません。

中音域は、とてもよく出ます。
比較的耳に近いところで鳴ることも手伝って、
明瞭なボーカルラインを聴くことができます。
しっとりと艶っぽいというよりは明るく金属的な響きで、
アコースティックギターの音がきれいです。
少々ざらつくのが玉にキズです。

高音域は、繊細さには欠けますが中々楽しい音で鳴ります。
ちょっとシャリ付きますが、使用に耐えないほどではありません。
「キラキラ感」と好意的にとらえれば、リスニングの幅も広がります。
ただ、エッジがきつめなので少々聴き疲れします。

正直なところ、この価格でこれほどまでに聴かせるとは思っていませんでした。
明るく元気ですので、ポップスには持って来いです。
実売はもうちょっと高いですが、その価格であっても充分な音の良さです。

密閉型で、余すところ無く音の情報を耳に届けてくれます。
イヤーチップのサイズが合えば、密閉性はかなり高いです。
装着時に鼓膜が押される感触を感じるほどです。
遮音性はなかなかよく、音漏れもさほどしません。

分解能はやや高めです。価格を考えれば充分過ぎます。
音場は狭いです。耳の近くで音が鳴りますので、これがイヤという人もいそうです。
また、密閉性が高いため圧迫感がありますが、こもり感は低めです。

音場の狭さと圧迫感、エッジのきつさがネックです。
長時間まったりと聴くタイプのイヤホンではないように感じますが、
iPodなどで気軽に音楽を聴くのには、ベストチョイスだと思います。
元気のよいソースと相性が良いですが、比較的万能な印象も受けます。

○似ている機種

SENNHEISERのCX300と、外観(コード以外)も音もそっくりです。
CX300の方が、ややしっとりかなという程度です。
フォスター(iPodの付属イヤホンを作っている会社)のOEM(※)だそうで、
CX300も同じものなのかもしれません。というか、同じものだと思います。

※OEMとは、特定の他社製品の販売権を得て、
 自社ブランドとして販売する経営戦略手法です。

○ハードウェア面の印象

ちっちゃくかわいらしい球体形が好印象です。
作りは意外と頑丈そうで、長く使えそうな気がします。
気密性の高いイヤーチップは好みが分かれるかもしれませんが、
カナル型ということを踏まえれば決して悪いことではないように思います。

コードは硬めでしっかりしておりますが、クセは付きにくいです。
左右の長さが等しいY字型ですので、ちょっと外したときに困ります。
でも、左右の長さが同じ方が音はいい…はずです。理屈の上では。

なお、タッチノイズがかなりあります。
慣れないうちは気になってしまうかもしれません。

○価格など

2500円~3500円程度が相場のようです。
それでも、充分なコストパフォーマンスだと思います。

(音域別評価)
高音域:☆☆★  (シャリ付くのがちょっと残念です)
中音域:☆☆☆  (主張してきます。いい感じです)
低音域:☆☆★  (中音域をしっかり支えています)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆★   (3と迷いました。中々万能です)
ハードウェア面    :☆☆★   (作りは良いのですが、タッチノイズが減点です)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆★ (低価格カナル型イヤホンの雄だと思います)
お気に入り度     :☆☆☆   (良いものですが、圧迫感がちょっと苦手です)

得意ジャンル:ポップス、フォーク、重くないロック
苦手ジャンル:バラード、クラシック、ヒーリング
オススメCD:YOSHII LOVINSON 『WHITE ROOM』
        ドラムの表現(演奏者ではなく、イヤホンの方)にはやや不満が残りますが、
        アルバム全体を支配する『渇いた雰囲気』がとてもよく出ます。
        名盤です!最高!

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
スポンサーサイト
カナル型イヤホン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。