主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SONY 『MDR-E888』

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
耳の周りの一部分にかぶれが出来てしまいまして、
イヤホンをメインに使用しております昨今です。

さて今回は、私のヘッドホンライフの原点である、
SONYのインイヤー型イヤホン『E888』をご紹介します。
なお、譲渡してしまったためにレビュー掲載時は保有しておりませんでしたが、
7月23日に思わず購入してしまいました。
自分のレビューを見て購入欲を刺激されるという、ありえない事態に驚いております(笑)
基本的な評価は変わりませんが、
何か気が付きましたら随時更新して参ります。

    

○音の印象

非常にオールマイティで、繊細さとダイナミックさを兼ね備えたイヤホンです。
音域のバランスがフラットに近く、すっきりと上質な音楽を聴かせてくれます。
なお、以下のレビューはアタッチメント(スポンジ)装着時のものです。

低音域は弱いですが、しっかりと地に足の着いた音が鳴ります。
ベースとして必要なものは持っており、上に乗る音域を受け止めています。
しかし迫力や圧力は無く、力強さには欠けています。

中音域はやさしくやわらかく、それでいて明瞭さもほどほどです。
艶っぽいというよりはややドライな印象ですが、
それを持ってあまりある豊かな表現力を持っています。

高音域も強く主張はしないものの、
ときにふんわりと、ときになめらかに響かせてくれます。
エッジはきつくなく、耳にうるさい感じはありません。

私事ですが、初めて購入したイヤホンがこれでした。
ウォークマンに付属していたイヤホン(iPodではありません)とのあまりの違いに、
大変驚いた記憶があります。
私を音楽の世界に引き込んだ、張本人とも言えるイヤホンです。

音漏れは、普通のインイヤー型イヤホンよりもややあります。
電車内でぎりぎり使える程度ですが、
遮音性が低いので電車内での使用には向かないかもしれません。

分解能は満足できる程度ですが、高いというわけではありません。
この価格帯のイヤホンでは、充分な程度だと思います。

音場は中程度、もう少しあってもよいかなと思うこともあります。
ですが、狭くはありません。

非常に上手く作られたイヤホンで、万人にオススメできます。
特に最近では価格も下がっており、価格以上の魅力はあると思いますが、
ハイエンドユーザーの皆様にとっては色々と物足りない品物かもしれません。
それでも、ヘッドホンでは暑苦しい、カナル型では息苦しいと感じる方には、
ぜひオススメしたいインイヤー型イヤホンです。

○似ている機種

フラットで守備範囲が広いという意味では、iPod付属イヤホンに似ています。
しかし、iPod付属イヤホンにはない様々な魅力を感じさせてくれます。

○ハードウェア面の印象

完全な円形ではなく、ずり落ちにくくなっています。
また、軽いので通常の使用で落ちることはありませんでした。
なお、装着の方法によって音が非常に大きく変わります。
音漏れを軽減するために音の出る穴がDJ1PROのような形で空いており、
iPod付属イヤホンのように全面から音が聴こえる形状ではないのです。
耳の小さな方には、非常に不満の残るイヤホンとなってしまうかもしれません。
「あれ?」と思われましたら、ちょっとだけ押し込むように押さえてみて下さい。
あるいは、アタッチメント(スポンジ)を着脱して、ベストな位置を探してみて下さい。

一番のデメリットを上げるとすれば、コードです。
首の後を回すU字型なのですが、くるくると巻きやすいのです。
硬さはふにゃふにゃとやわらかく、巻いてしまうと元に戻りません。
ご注意を!

※最近のものは、コードも昔にくらべしっかりとしています。
 しかし、耐久性が高そうとまでは思いません。
 くるくる巻くことはあまり無さそうですが、デリケートな印象は変わりません。

なお、コードが短いSPと、コードが長いLPの2種類があります。
SPのコードは40cmと短く、リモコンなどに付ける用途以外では使えそうにありません。
LPのコードは1.2mと、中々良い長さです。

コードの長さ以外は同じもののようですが、付属するケースが違います。
SPは小さな皮製?のポーチがついてきますが、LPはプラスチックケースが付いてきます。
SPのケースにくるくる丸めて入れることが出来ますが、
これはコードよれよれ化を招くトラップであるということに、きっと気付かれることと思います。

○価格など

参考価格は、6000円程度です。SPとLPで値段に大差はありません。
コストパフォーマンスは中々いいですよ!
レビュー掲載時に「もう一度購入しようかと思っている機種です」と書きましたが
その翌日に購入いたしました(笑)

(音域別評価)
高音域:☆☆☆☆ (響きはあっさり、伸びがきれいです)
中音域:☆☆☆★ (何にでも合いますが、個性は薄いです)
低音域:☆☆☆   (量は少なめです)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆☆ (3.5と迷いましたが、良いものです)
ハードウェア面    :☆☆☆★ (最近のものはコードが改善されていました)
コストパフォーマンス:☆☆☆★ (いいと思います。きっとご満足頂けるはず)
お気に入り度     :☆☆☆★(改めて聴いてみると、すばらしいイヤホンだと感じます)

得意ジャンル:ポップス、室内楽、ロック
苦手ジャンル:個性の強い音楽、交響曲
オススメCD:サザンオールスターズ 『海のYeah!!』
        王道ポップスを王道な鳴らし方で聴かせてくれます。
        表情豊かなポップス曲を多く収録するこのアルバムには、
        このイヤホンがぴったり合います。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング後の評価です。
スポンサーサイト
インイヤー型イヤホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

コラム 第3回 『音質』

当ブログでは、コストパフォーマンスという指標を評価に入れています。
当ブログで言うところの「コストパフォーマンス」とは、
「感じた満足の度合い」と「市場に流通している価格」を比較したもので、
ヘッドホン購入時のヒントの一つとしてご利用頂ければと思っております。
「コストパフォーマンス」を評価する上で避けて通れないのが、『音質』に関する評価です。

私は、どうも『音質』という言葉が苦手です。
やむなく使用する場合もありますが『音質』という表現は、
ヘッドホンを評価する際に不相応なものではと感じることがあります。
『質』というものは、高低で評価するものではないと考えているからです。

ヘッドホンの音は、分解能、音場感、鮮やかさ、温かみ、艶っぽさ、
エッジ、原音忠実性、響きの豊かさ、音のつぶ立ち、空気感など、
様々な項目に分類して評価されることが多いです。

「音」という、非常に感覚的なものを言葉で表現する際には、
確かに「評価項目の分類」は有益であり、また読み手にもわかりやすいものです。
そういった様々な項目を総じて『音質』という言葉が使われることがあります。
その結果として、当サイトも例外ではありませんが、
ヘッドホンに対して『音質』による優劣をつけてしまいます。

しかし忘れてはならないのは、どのヘッドホンにも、個性があるということです。
ヘッドホンの評価というのは、ヘッドホンにとっては通信簿のようなものです。
私は、通信簿の評点が悪いからといって、
そのヘッドホンに魅力が無いということにはなりえないと思うのです。
万能なヘッドホンというのは、私はまだ知りません。
同じように、使いようが無いヘッドホンというものにも、
幸い私はまだ出会っていないのです。

当サイトはまだまだ小さいですが、日々数十名の方にご覧頂いております。
当サイトがヘッドホン選びの一助になれれば、当サイトにとってそれ以上の喜びはありません。
ただ、そのような使命感があるとしても、当サイトは、
『ヘッドホンを傷つけてしまう』ようなサイトにはなりたくないと思っております。

ですので、当サイトで『低い』評点のヘッドホンがあったとしても、
それをして、そのヘッドホンが『ハズレ』であるとは思わないで下さい。
ヘッドホンに限らず…かもしれませんが、
きっとそのヘッドホンは、あなたに出会えるのを待っているはずです。
気になったものは、可能な限りぜひお手にとって試聴なさってみて下さいね。

なお私は、一部iPod付属イヤホン等をのぞき、
ほとんどのヘッドホンについて、試聴を繰り返し選びに選び抜いたものを保有しております。
そのため、保有しているヘッドホンに愛着を持っております。
ですので、正直なところを申しますと、全体的に評価が甘いのだと思います。
『主観的な…』という文言は免罪符になりえませんが、ご容赦下されば幸いです。

少々演説風になってしまい、申し訳ありませんでした。
これからも、よろしくおひきたてください!
コラム | コメント:5 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。