主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コラム 第2回 『エージングとは?』

エージングという言葉があります。
エージングとは、ざっくりと直訳すれば『年を経ること』となりますが、
ヘッドホンでは『慣らし運転』という意味で使われます。
(『バーンイン』という言葉が使われることもありますが、同じ意味です)

ヘッドホンのことをあまり知らない人にこの言葉を使うと、
いろんな意味での『うわ~』が飛んでくる恐れがあります。
エージングのことを気にし始める頃になると、
ヘッドホニスト(?)の世界に力強い一歩を踏み入れていると言える…かもしれません。

○エージングの方法

エージングとはどのように行うものなのかと申しますと、
これについては様々な意見があり、これという決まりはありません。

①普段良く聴く音楽をヘッドホンになじませてあげることで、
その音楽ジャンルに特化したヘッドホンへと成長していくという考え方から、
特別のエージングを行わず通常の使用の中でエージングを進める人もいれば、
②ヘッドホンの持つ能力をもれなく最大限に引き出したいと考え、
様々なジャンルのCDをヘッドホンで鳴らすことでエージングを行う方もいらっしゃいます。
※『バーンイン用CD』というものを手に入れる方もいらっしゃいます。

多くのヘッドホンユーザーは意図せずして前者の①を選択し、
通常使用する中で自然にエージングが進んでいっていると言えるかもしれません。

後者の②を選択される方は、さらにエージングにこだわる方も多いです。
どの程度でエージングが終わるのかは一概に言えませんが、
200時間~400時間程度かけてエージングを行う方も、
ヘッドホンファンには多くいらっしゃいます。
その際には、音量にも気をつけて行われることが多いようです。
私の知る限りでは、前半では音量をやや小さめに、
後半では音量をやや大きめにするという方法がとられるようです。

もちろん、使用を続ける限りエージングは行われますので、
『エージングが終わった』という表現はいささか語弊があるかもしれません。
しかし、エージングにこだわる方は『音が安定した』と思うタイミングを見計らい、
エージングを終了させている場合が多いようです。

私は①と②を合わせた方法でエージングを行っております。
まず、比較的短時間(10~20時間程度)ながら意識的にエージングを行います。
この段階では、幅広いジャンルの音楽を聴かせます。
その際には意識的に録音が良いと思うものを聴かせます。

すると、何となくヘッドホンの得意な音楽がわかってきますので、
その後はヘッドホンに合うと思うジャンルの音楽を、
ヘッドホンで楽しみながら自然とエージングを進めて行きます。

そうしますと、いい感じに仕上がっていきますよ!きっと!

○エージングの効果

エージングの具体的な効果については、
何らかの論文や専門的な研究が行われているわけではなく、
また具体的な数値で測れるものではないので、
人によってその主張は異なります。
(周波数特性を調べる方もいらっしゃいますが、
 周波数特性と聴こえる音は、中々どうして一致しないものです。)

大きく分けると、2つの意見があるようです。

①エージングは効果あるよ派
私の考えの基本はこれです。
根拠としましては、PX100の2代目を購入した際に、
1代目と聴き比べますと大きく音が違って聴こえたからです。
具体的には、より音場が広くなってこもりが減り、
高音はやわらかく伸びが増し、低音は量が減ったものの上品になり、
総じて音のメリハリが増したと感じました。
しかしながら、1台のヘッドホンを使い込むことでの音の変化は、中々気付きません。
まだまだ修行が必要ですね。

②エージングは効果ないよ派
エージングはプラシーボ効果(思い込み)に過ぎない!という意見があります。
すなわち、ヘッドホン自体の音の出方に変化があるのではなく、
長く使っていることによるヘッドホンへの愛着や、
ヘッドホンの音への順応(耳エージングという言葉で表現されることがあります)によって、
音がよくなったと感じるのだという意見です。
先ほど『私は①の意見です』と申し上げたばかりではありますが、
個人的には、この意見についても一部については真実なのかもしれないと思います。

総じて申し上げれば、①をベースに②のエッセンスを加えたような、
何とも中途半端な立場が私です。

○まとめ

エージングを楽しむことでヘッドホンに愛着がわくことは、
多くのヘッドホンユーザーが体感していることです。
ここまで読んで下さった方は、きっとエージングを楽しめる方だと思います。
エージングとは『ヘッドホンを育てること』と考えております。
懐疑的になるよりも、ぜひ積極的にエージングを楽しんでみて下さいね。
スポンサーサイト
コラム | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。