主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コラム お気に入りのヘッドホン&イヤホン

年の初めの記事として、お気に入りの機種をご紹介致します。
以下で紹介する機種は、もちろん全て保有し愛用しております。
「結局どれがいいのよ?」とお迷いの方に、ご参考にして頂ければ幸いです。
なお、ここでは紹介に留めますので、詳細は各種レビューをご参照下さい。

○ ~3000円程度…SHE9500(SHE9501)
低価格帯では、SHE9500(SHE9501)をオススメします。
なおSHE9500とSHE9501は色違いです。

いわゆる「旧SHE9501」と比べられてしまうために評価の芳しくない当機ですが、
充分に価格以上のポテンシャルを備えております。
フラットとはいかないまでも、すっきりとしてジャンルを選ばない当機は、
iPod付属イヤホンからステップアップしたい方には、うってつけではないでしょうか。

○3000~5000円程度…SHL9600
低~中価格帯では、SHL9600が一押しです。

フィリップスの回し者のようになってしまい申し訳ありませんが、
フィリップスはコストパフォーマンスのよいものを作るのが得意なようです。
もちろん、例外も多くありますのでご注意ください。

この価格帯では他を寄せ付けないコストパフォーマンスを誇りますが、
側圧が強いのと、ヘッドバンドが短いのがたまにキズです。

○5000円~10000円程度…HP101
ここは個性の強い機種が集まる激戦区ですが、
汎用性の高さと使いやすさを考え、HP101を推薦しました。
HP101自体の万能で素直な音はもちろんのこと、
付属品の質の高さも大きなチェックポイントです。
意外とありそうで無い「ちゃんと使えるケース」が付属しているのがうれしいです。

○10000円~20000円程度…DR150(未レビュー)
ここからは高級機種と言ってよいと思います。
これ以上の価格に手を出すと、友人に「うわー…すごいね」と言われます。
「うわー…」の部分は、さまざまなニュアンスを含みます。

DR150は、この価格ではありえない音を持っています。
音場が狭いのが難点ですが、低音から高音まで丁寧にふっくらと鳴らしてくれます。
際立つ個性こそありませんが、アルバナ同様にかなり汎用性の高い機種だと思います。

○2万円超…SR225
想像を絶するデザインと作りの安っぽさは、他のヘッドホンを大きく引き離します。
強烈な個性を持つ当機は、GRADOサウンドを思いっきり楽しめる名機だと思います。
「元気で楽しいヘッドホン」として、これ以上無い逸品です。

以上、ごく簡単ではありますが価格別の紹介とさせて頂きました。
よろしければご参考にして下さいね。
スポンサーサイト
コラム | コメント:3 | トラックバック:0 |

コラム第6回 『家電量販店』

ヘッドホンを探すとき、多くの方がまず訪れるのが、
ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機といった、いわゆる家電量販店でしょう。
そこで、今回は趣向を変えまして、家電量販店に関する豆知識を少々書きたいと思います。

○各店の特徴
 ・ビックカメラ
 今でこそ群雄割拠の家電量販業界ですが、
 昔は大型家電量販店といったら、ビックカメラやさくらやでした。
 老舗であるビックカメラは、その名のとおりカメラを中心とした家電量販店です。
 一つ一つの店舗は、お世辞にも大きいとはいえず、またきれいとも言い難いです。

 しかし、店員の知識やかゆいところに手が届く品揃えは、さすがというべきだと思います。
 例えば、エアコンのフィルターなどのサプライ品。
 他店では多くが取り寄せであるのに対し、ビックカメラはある程度の品揃えがあります。 

 店員の知識や対応は、全体的に中の上~上の下といった感じです。
 ビックカメラは『家中の全ての家電にビックカメラのものを』という精神があるため、
 顧客を大事にする傾向が強いようです。
 しばらくぶりに行っても、顔を覚えておいてもらえるなんていうこともあるかもしれません。

 反面、値段やポイントといった点では、やや他店に劣ります。
 ビックカメラは昔から各地に店舗を持っていますが、
 そのせいで競合他社の進出を受ける形になり、
 価格競争のあおりを受けることが多いようです。
 そういう意味では、あまり若者受けはしないのかもしれません。

 長く付き合っていくことが出来る、昔ながらの家電量販店です。

・ヨドバシカメラ
 ビックカメラのカゲに隠れがちだったヨドバシカメラですが、
 秋葉原への大型店舗による進出により、
 一躍その地位を上げることとなりました。

 ジャンルを問わない幅広い商品展開と、
 その地のニーズに合った柔軟な店舗展開で、
 若者を中心にシェアを伸ばしています。

 店員の対応は上々ですが、商品の種類が多いせいか、
 商品知識にはむらがあるようです。
 また、他店舗を徹底的にライバル視しており、
 『他店より1円でも安く』を徹底しようとしています。
 (ただし、インターネット販売は度外視しているようで、
 価格コムの最安値などは原則取り合ってくれません)

 ポイントは特筆すべきところはありませんが、
 価格交渉は前向きに検討してくれることが多いようです。
 特にテレビは、価格を1時間ごとに張り替えるほどに力を入れています。
 大型家電については、思い切って価格交渉してみましょう。

 顧客のニーズに対応しようとする、努力型の家電量販店といえると思います。
 
・ヤマダ電機
 現在、ぐんぐんと店舗数を増やしているのがヤマダ電機です。
 特に池袋と渋谷への大型店舗による進出は、記憶に新しい出来事でした。
 店員による販促に力を入れており、他の店に比べ店員の数は多いようです。
 ビックほど親身になってはくれないものの、
 他の家電量販店を圧倒する価格設定(要交渉)と、ポイントサービスが魅力です。

 店員の対応はピンからキリまで幅広く、「当たりハズレ」がかなり大きいのが特徴です。
 商品知識もピンキリですが、全体的に見て他の店よりも知識は少ないようです。
 店員が信頼できるかどうかを見るために、
 知らないふりをして声を掛けることがあるのですが、
 明らかな間違いを堂々と力説されることもしばしばです。 

 ハズレの店員に当たってしまうと、
 もうここでは買い物をしたくないとすら思われるかもしれません。
 しかし、当たりの店員(マネージャークラス)に運よく出会えれば、
 ここほど購買意欲をそそられる家電量販店は他にありません。

 価格交渉には基本的に前向きにのってくれますが、
 本部から値引きの「限界」を細かく指示されており、
 物によっては1円たりとも譲らない場合があります。
 値下げ交渉は、本部によって一元管理されているようで、
 基本的に店舗で可能な交渉は「そこそこ」の範囲だと思ってください。

 ただし、特例として、池袋だけは別格の値下げ幅です。
 おそらく価格設定権限に関し、特別な権限を付与されているのでしょう。
 池袋のヤマダは、全家電量販店の中でもイチオシです。

 また、特徴的なのはポイントサービスです。
 値下げ幅よりもおどろくのはポイント付与率で、
 池袋や渋谷などでは、通常10%はほとんどの商品で付与されますし、
 テレビなどであれば、交渉次第で30%つくこともあります。
 また、店舗に置いてあるポイントマシンにカードを通すことで、
 来店時と商品購入時の二回、10~4000ポイントがもらえるチャンスがあります。
 携帯会員であれば、200円以上の商品を購入すれば最低でも100ポイントがもらえますし、
 キャンペーン期間中は10人に一人の割合で1000ポイントがあたります。
 私も当たったことがあります。

 さらに、不定期(3月末?)ではありますが、
 過去にはポイント1.5倍キャンペーンなども行われておりました。
 「もらえるポイントが1.5倍」なのではなく、
 「使えるポイントが1.5倍」という、とんでもないキャンペーンです。
 10000ポイント持っていたら、15000円分のお買い物ができるわけです。
 またやるかどうかは定かではありませんが、
 このようにポイントサービスに力を入れているのが人気の一因であることは、間違いないでしょう。

 店舗、店員によって当たり外れの大きい、
 しかしポイントは一杯たまる、お得な家電量販店です。

以上です。参考になりましたでしょうか?
東京近郊であれば、オススメはずばり、池袋のヤマダ電機です!
ここまで書いておいてなんですが、
イヤホン類は原則的に値引きをしてくれませんので、ご注意下さい。
コラム | コメント:6 | トラックバック:0 |

コラム 第7回 「旧SHE9501」と「現行SHE9501」と「現行SHE9500」

※以下の記事は雑記として書いたものですが、
 検索でいらっしゃる方も多いことから、
 ブラッシュアップした上で「コラム」とさせて頂きます。

先日の雑記で、「旧SHE9501」と「現行SHE9501」は別物だけれど、
「旧SHE9501」と「現行SHE9500」は同じもの(あるいは近いもの)ではないか?
ということを書かせて頂きました。
この3機種を全て手に入れましたので、所感を述べさせて頂きます。

※型番が似ていてわかりにくいので、
 以下SHE9501(白色)を「A」、SHE9500(黒色)を「B」とさせて頂きます。

主観だらけの結論としましては、
「旧A」と「現行B」は、やはり別物と考えます。
残念です。

旧Aと現行Bについて、プラグ部分の太さや形状、延長コードのプラグ部分の形状同じものでした。
しかし、旧Aと現行Bのコードの材質は異なる物のようです。
※コードが異なる可能性があると記述しておりましたが、
 劣化の度合いの違いによるものでした。失礼致しました。

音は旧Aの均一な音域バランスとは異なり、
むしろ現行Aに近い、低音よりのバランスと感じました。

しかしながら、現行Aと現行Bを比べても、微妙な雰囲気の違いを感じます。
現行Aの方が音場が狭く、音がごちゃごちゃしているように感じるのに対し、
現行Bの方は旧Aに見られたような、すっきり感を多少感じます。
しかし、かない微細な違いですので、気のせいと言われれば否定できません。

現行Aと現行について、中域の表現は比較的違いが大きく見られるように感じます。
エレキギターの音などを聴くと、現行Aが「ざらっ」としているのに対し、
現行Bは比較的すっきりと聴こえます。

英文の仕様書を読んで見る限りでは、現行のAもBも共に『バージョン5.0.10』と読めます。
(仕様書のバージョンという可能性もありますが…)
また、仕様書の発行日を見ると、現行Aは2月であるのに対し、現行Bは7月となっています。

日本に現在流入しているのは4月以降の輸入分だそうですので、
現行Aは『バージョン5.0.10』で、
現行Bは『バージョン5.0.10より前のもの』という可能性もありそうです。

以下は完全な推測に過ぎませんが、
バージョンが進むにつれ「低音より」で「狭い音場」に変わっていっているのかもしれません。
バージョン1つ違いなら微細な違いだとしても、
旧Aと現行Aのバージョンが複数またがれているのならば、
その違いは聴いて明らかな程度になることと思います。

まとめます!

旧A……音域バランスは均一、音場はやや広め、地味だがすっきりしている音
現行B…音域は低音より、音場は中程度、旧Aに比べこもり気味
現行A…音域は低音より、音場は中程度~やや狭い、
      現行Bよりも音がごちゃっとしている(分解能が低い)印象
※現行Bと現行Aの違いについては、微細なものです。


おまけ:旧製品と現行製品の明らかな違いは、
     イヤホンの後に空いている穴を指でふさいだときの音の変化にもあります。
     旧Aは明らかに低音が減り、音がぺしゃんこになるのに対し、
     現行A、Bはほとんど音に変化がありません。
     もしかすると、この辺が音の違いに関係しているのかもしれません。

 購入直後にあれこれ聴いてみたところ、お気に入り度としては、
 『現行SHE9500≧旧SHE9501>現行SHE9501』という感じでした。
 その後さらに様々な音楽を聴き進めたところ、
 旧SHE9501のポテンシャルの高さに驚かされました。

 現在では『旧SHE9501>>現行SHE9500>現行SHE9501』という順位で落ち着いております。
 SHE9501はフラットなだけでなく、音の抜けがよく非常にクリアです。
 さすがと感じました。
コラム | コメント:2 | トラックバック:0 |

コラム 第5回 『ヘッドホンの選び方』

どちらかと言えばヘッドホン初級者な私が、
「ヘッドホン初心者さんに向けて作ろう」と思ったブログが、当ブログです。
お役に立てていますでしょうか…?

さて、今回はヘッドホンの選び方について、
思うところを簡単に書かせて頂きます。
ヘッドホン選びは、好きな人にはそれだけで楽しいものですが、
初めての人にはどれも同じように見えてしまい、あまり楽しいものではないかもしれません。
どうすればヘッドホン探しを楽しめるのか、そんな指針にして頂ければ幸いです。

①好きなジャンルを思い浮かべる

まずは、ご自分が好きな音楽をイメージするところからはじめると良いかと思います。
ポップスが好きなのか、ロックが好きなのか。
クラシックが好きなのか、ジャズが好きなのか。
生楽器か、打ち込みか。
そんなことを、なるべく単純にイメージしてみてください。

②使用用途で絞り込む

次は、使用用途を考えましょう。
使用用途によっては、「大きさ」や「密閉型のみか、開放型でも良いのか」
あるいは「ヘッドホンかイヤホンか」といったことや、「形状」についても絞られてきます。

例えば、電車やバスなどで使うなら、密閉型のポータブルヘッドホンやカナル型イヤホン。
散歩やジョギングで使うなら、少しでも安全を確保するために開放型のポータブルヘッドホン。
家でゆっくり楽しむなら、サイズ、形状共にフリーになります。

③価格で絞り込む

①と②を意識していくつかのヘッドホンレビューサイトをまわって頂ければ、
ヘッドホンの選択肢は比較的絞られてくると思います。
特にポータブルユースであれば、一部高級機種を除いて1万円あればお釣りがきます。
そこで、価格によって絞込みをかけてみましょう。
いくらまでなら出せるのかというのは、とても重要なことです。

なお、よくある1000~2000円くらいの価格帯のヘッドホンでは、
中々オススメ出来るようなものがないのが私の印象です。
3000~4000円あたりから、ネットで話題になるような機種が出てきます。
もちろん、がっかりホンに当たることもありますが、ぜひ検討してみて下さい。

なお、家用ヘッドホンを探す場合には、
「好きなジャンル」と「価格」というのは重要なパラメーターになって来ます。
情報収集が大変とは思いますが、お知り合いに相談するなどして良いものを探してみて下さい。

④試聴する

可能であれば、試聴に行ってみましょう。
家電量販店でも試聴はできますが、
周りがうるさかったり最低限のメンテがされていなかったりと、
お世辞にも良い試聴環境とは言えません。

オススメとしては、東京の秋葉原にダイナ5555というお店があります。
お店の人に言えば、ご自分のCD(※)やiPodなども使うことが出来ます。

※通常の音楽CDを使いましょう。
 レーベルゲートCD(コピーコントロールCD)や、
 自分で焼いたCDなどは使用しないのがマナーです。

なお、試聴する際に気をつけたいことは、
『試聴機は、良いアンプにつないであることが多い』ということと、
『エージングが進んでいる』ということです。
これらの理由から、家で聴くよりも「良いと感じる音」で聴こえます。
買ってから「あれ?」と思うことの無いように、予め心がけておかれるとよろしいかと思います。

また、『大きい音』や『低音が強調された音』は、良いように聴こえてしまいます。
音量は上げすぎないようにし、ヘッドホン選びはクールに行いましょう。

以上です!
知った風なことを書いていますが、私もヘッドホンを選ぶときには、
長いときには2~3週間かけることもあります。
もちろん、色々な選び方があると思いますので、
ここに上げたものは一例に過ぎません。
何にせよ、楽しく選ぶのが一番です!
そのチョイスに、当ブログがお役に立てれば幸いです。
コラム | コメント:2 | トラックバック:0 |

コラム 第4回 『メーカーの違いと音の特徴 その2』

ヘッドホンをはじめて選ぶとき、その種類の多さに圧倒されることと思います。
あれもこれも型番が似ているし、聞いたことのないメーカーばかりでわからない!

そんなときに参考にして下さい。
主観だらけでお送りします、ざっくりと捉えた各社の特徴(その2)です。
今回は、SENNHEISER、AKGという、海外の有名メーカーを取り上げます。

・SENNHEISER(ゼンハイザー)
『ちょっといいヘッドホンを買ってみようかな』と思うときに、
まず目に付く(と思う)メーカーがこちらです。
海外のメーカーの製品を持つと、何だかちょっと「通」な感じがしませんか?
そんな欲求を満たしてくれるメーカーです。

多くのヘッドホンは、外の音を遮断し、かつ音漏れしないように作られています。
しかし、SENNHEISERは全く異なる方向のものとして
音場が広く開放感のあるヘッドホンである『開放型ヘッドホン』というものを発明しました。
SENNHEISERは、開放型ヘッドホンの元祖です。

また、ポータブルヘッドホンの傑作である、
『PX100』というヘッドホンを作っていることでも知られています。
PX100は開放型ですが、後に密閉型の『PX200』、
ネックバンド型のPMXシリーズをリリースしています。

さらに、インイヤー型のイヤホン(いわゆる「普通のイヤホン」)についても、
MXシリーズと銘打っていくつかのものを出しております。
『MX500』や『MX760』などは比較的低価格ながら評価が高く、
イヤホンメーカーとしてもあなどれない実力を持っています。

もちろんポータブルのみならず、家用ヘッドホンとしても高い評価を受けています。
開放型ヘッドホンとして代表的なものには『HD650』があります。
また、密閉型ヘッドホンとして、重低音に特化した『HD25』というものもあります。
高価格帯でありながら、ハイエンドユーザー納得のヘッドホンです。

付属のイヤホンからステップアップしたいときにも、
さらに上を目指したいときにもお世話になれるヘッドホンメーカーです。
オススメです!

肝心の音の傾向なのですが…
恥ずかしながら、私自身今一つ方向性が掴めておりません。
SENNHEISERは最も使用歴が長いヘッドホンメーカーなのですが…不思議です。
強いていえば、全体的に低音域がやわらかく、中音域~高音域は伸びがある印象です。
「すっきり」して「ふんわり」した音…といった感じです。

・AKG(アーカーゲー)
60年以上の歴史を誇る、オーストリア(ウィーン)のヘッドホンメーカーです。
繊細で上質な高音域を誇り、プロユースとして昔から愛されてきたメーカーです。

ポータブルヘッドホンとして『K24P』『K26P』という名品を世に送り出しました。
今はその後継機種として『K412P』『K414P』というものが流通しており、
その独特なフォルムを街で見かけることもしばしばです。

インイヤー型イヤホンも充実しており、
『K312P』『K314P』は低価格帯インイヤー型イヤホンの雄と評されることもあります。

高級機種でも、開放型を中心に高い評価を得ています。
ラインナップは多くありませんが、
厳選されたシリーズラインナップはどれも満足感を与えてくれるものばかりです。
特に、名機『K701』の奏でる美しい音は、多くのヘッドホンファンを魅了してきました。

音の特徴は、先述の通り美しい高音域にあります。
特にハイエンド機種では、その特徴が大きくあらわれます。
なお、ポータブルユースの機種では、豊かな低音域も大きな特徴です。

すでにおわかりかもしれませんが、SENNHEISERとセールスの方向性が似ています。
輸入代理店も同じですし(※下記注釈)、お互いをライバル視しているのかも…?

※輸入代理店につきまして、間違っておりました!
 正しくは、SENNHEISERは『ゼネラル通商』で、
 AKGは『ハーマン』及び『オールアクセス』です。
 ご指摘を頂き、修正させて頂きます。大変失礼致しました!
コラム | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。