主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AKG 『K26P』

最新機種と言っても、旧機種のマイナーチェンジという程度のものが多いです。
基本的なアーキテクチュアは変えず、細部の見直しをすることで新商品とするわけです。
もちろん音は同じではありませんが、あまり大差ない様にも感じてしまうわけで、
そういう意味ではこういうレビューもありかしら?と思い、レビューしてみます。
今回ご紹介するイヤホンは、AKGのK414Pのオールドタイプ『K26P』です。

※画像は例によって準備中です。期待せずお待ち下さい。

○購入価格 (購入場所)

3000円程度 (オークションにて中古品(ほぼ新品)を購入)

○音の印象

ポータブルヘッドホンの雄、AKGのK414Pの旧機種です。
当時まだ少なかったポータブルヘッドホンというジャンルを切り開いた立役者でもあり、
K414Pと合わせ、今なお愛用者の多いヘッドホンです。

低音域は特に多いです。包み込むような低音は、
温かみのある曲はしっとりとやわらかく、
激しい曲はパワフルなバスを効かせて鳴らします。
キレはあまりなく、輪郭がぼやけている印象ですが、
それがかえってK26Pの個性を引き出しています。
小さなボディにありったけの低音を詰め込んだような印象です。
ただ弊害として、こもりを感じます。

中音域は適度に聴こえます。特筆すべき特徴はありませんが、
多い低音に埋もれることもなく、高音をきちんと乗せるだけの量を出しています。
全体的にキレにかけるので、アコースティックギターの表現は苦手かもしれません。
ボーカルの表現はそこそこで、比較的万能な印象を受けます。
繊細な女性ボーカルよりは、力強い男性ボーカルの方が相性がよいと思います。

高音域は少なめで目立ちませんが、繊細さがあります。
か細いバイオリンの表現などは上手いですが、
基本的には物足りなさを感じます。

エッジはどの音域も丸いです。
輪郭がはっきりしないので、キレの良い音楽とは合わない印象ですが、
どっしりとした低音が支配的ですので、
迫力のある音楽からしっとりとした音楽まで、比較的幅広く使えます。

密閉型のヘッドホンで、音漏れはほとんどありません。
電車の中でも普通に使えると思います。
遮音性は耳乗せ密閉型としては良く、問題ないと思います。
なお、当然ですが開放感はありません。

分解能はやや悪いですが、音楽の一体感を楽しめます。
音場はやや狭いですが、低音の迫力を体感できるという意味では良いです。

学生さんなど若い人に愛されそうなヘッドホンです。
特に、低音が好きな方にはうってつけだと思います。
こもった感じを嫌う人には合いませんが、
開放感よりライブハウスのような迫力を求める人には合うと思います。
K414Pの価格という意味では、選択肢に十分入れて良いヘッドホンだと思います。
個性的ですので、購入の際には試聴を強くオススメします。

○似ている機種

K414Pは言うまでもありませんが、
K412P(K24P)とは雰囲気が異なります。
音のバランスは、個人的にはK24Pの方が好みです。
MDR-EX500と傾向は似ていますが、
EX500の方が全体的にあっさりしています。
同じ低音主体のSHL9600とも、やや異なります。
SHL9600の方が低音のキレがよく音場が広いですが、
その分個性がありません。

あまり似ている機種が無いですね…。強いて言えば、SQ5かな?

○ハードウェア面の印象

側圧が強めですが、板バネをぐいっと伸ばすことで調節が可能です。
ただ、このヘッドホンの個性である力強い低音が失われますので、
側圧を含めて愛するのが良いと思います。

頭が接するところに四角いスポンジがくっついているのですが、
これがぽろっと取れることがあり、チープさを感じます。
あわてず両面テープでくっつけましょう。

耳に当たる部分は合皮?のようですが、付け心地は悪くありません。
コードは両出しで、適度な硬さがあります。
特に扱いづらさは感じません。

気になるのは、ヘッドホンが耳に当たる「角度」です。
折りたたみの便宜から、アジャスト部分が両側とも「同じつくり」をしています。
本来顔をはさむわけですから、左右は「対称」であるべきなのですが、
左右が「同じつくり」をしているため、どうにも装着時に違和感を感じます。

また、頭頂部でヘッドバンドのサイズを買えるのですが、
髪の毛が挟まって痛い思いをすることがあります。

○価格など

すでにK26Pは発売を終了しておりますので、
以下はK414Pの価格である7000円~8000円を基準に採点致します。

(音域別評価)
高音域:☆☆    (量はありませんが、質は悪くありません)
中音域:☆☆☆   (無難な印象です)
低音域:☆☆☆☆ (量は多いですが、ぼわつきます)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆★  (こもる感じが残念です)
ハードウェア面    :☆☆☆ (なぜ左右対称じゃないんだろう…)
コストパフォーマンス:☆☆    (少々お高いです)
お気に入り度     :☆★   (こもりが苦手なので低めです)

得意ジャンル:重めのロック、しっとりバラード
苦手ジャンル:すっきりポップ、クラシック
オススメCD:9mm Parabellum Bullet 『VANPIRE』
        これ以外無い!というくらいのベストマッチです。
        かみじょうちひろさんの嵐のようなドラムが、嵐のように響きます。
        2~4曲目が特にたまりません!最高!!

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
スポンサーサイト
ポータブルヘッドホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

PHILIPS 『SHL9500』

急激に更新頻度が下がってしまったのは、
モチベーションの持っていき方を誤っていたのかもしれません。
今後はのんびり更新にしたいと思います。
すみません!でも、更新はします!

最近は、コストパフォーマンスに優れた機種がいくつも出ています。
特にPHILIPS社の製品は安くて良いものが多く、近年脚光を浴びています。
しかし、全てが全てコストパフォーマンスが良いものとは限りません。
という含みを持たせて、今回ご紹介するヘッドホンは、
PHILIPSのポータブルヘッドホン『SHL9500』です。

※画像は準備中です。すみません!

○購入価格 (購入場所)

2990円 (e☆イヤホン)

○音の印象

低音域は厚みがあり、量が多いです。
しかしキレに欠けるので、モコモコした音という表現も出来ます。
比較的耳の近くで音が鳴るため、
ドラムのキックの音やベースの低い音は、とても良く聴こえます。

中音域はあまり目立ちません。
明瞭さが無く、ボーカルの表現は全般的に苦手なようです。
ギターの音はどちらかと言えば艶っぽくに聴こえますが、
輪郭がぼやけているので低音域同様キレは感じません。
ウォームな表現は比較的得意のように思います。

高音域は、しっとりしています。
いわゆるドンシャリの傾向でありながら、
高音域の表現に耳うるさい感じは無く、中々うまくまとめたなという印象です。
ライドの艶っぽさやクラッシュの迫力はあまり感じませんが、
いい意味で薄く曇ったような、まったりとした音の表現は上手いです。

エッジはどの音域も丸いです。
低音が強いのに比較的聴き疲れしないのには、
音の丸さが一役買っているように思います。
こういう音を鳴らすヘッドホンは私の保有機種の中には無いので、
その意味では貴重なヘッドホンです。

密閉型ですが、遮音性は密閉型としては高くありません。
耳に軽くのせるようなタイプですので、閉塞感があまりありません。
音漏れは密閉型にしてはあります。
半開放だと思った方がいいしょう。

分解能は低め、音場は明らかに狭いです。
音のまとまりを感じることが出来るのは良いのですが、
かなり耳に近い位置で音が鳴ります。
この点が最も残念なヘッドホンと感じています。

くぐもった感じの音楽が好きな人は、一聴の価値ありです。
また、後述しますが装着感が非常に軽いです。
音が柔らかいので、長時間の使用にもそこそこ耐えられると思います。
しかし、開放感を求めている方には合わないものと思います。

○似ている機種

音場の感じはオーディオテクニカのATH-SQ5に似ている印象です。
低音域の強さはPorta Proのようですが、開放感はありません。
中々どうして個性的なヘッドホンですので、これ!というものはありません。

○ハードウェア面の印象

側圧は弱めで、バンドはやや短めです。
耳に当たる部分がほんの少しだけ動くのですが、
可動域が狭いため、顔の形によっては全然合わない人もいそうです。
側圧が弱いため装着感が良く、付けているのを忘れそうになります。

コードは両出しですので、これが嫌と言う人もいるかもしれません。
ヘッドホンにつながる部分が補強?してあり、好印象です。
コードは柔らかく、ふにょふにょしています。
クセはつきにくいようです。

○価格など

実売は3500円~5500円程度です。
コストパフォーマンスは3500円なら価格なりからやや悪い程度、
5500円ではオススメできません。

(音域別評価)
高音域:☆☆★ (柔らかくまったりとした高音です)
中音域:☆★   (あまり良いところがありません)
低音域:☆☆☆ (量と厚みがありますが、キレはあまりありません)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆    (音が近すぎるのが残念です)
ハードウェア面    :☆☆☆★ (長時間付けていられます)
コストパフォーマンス:☆☆    (上記をご参照下さい)
お気に入り度     :☆★    (開放的な音が好みなので、あまり使いません)

得意ジャンル:しっとりとしたバラード、曇っているロック
苦手ジャンル:明るい音楽、楽器の数が多い音楽全般
オススメCD:新居明乃 『そらの庭』
        音数が少ないため、SHL9500に見られる雑然とした感じを抑えることができ、
        かつ、まったりとしたややダウナーな世界観をうまく表現出来ます。
        音が近いのも、耳のそばでささやくようなこのCDに限っては好印象でした。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング中の評価です。
ポータブルヘッドホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

DENON 『AH-D1000』

暑い日には、密閉型はどうしても避けられがちです。
しかし、暑い日にこそすっきりさわやかな音楽を聴かせてくれるものもあります。
今回は、DENON(デノン)のポータブル?密閉型ヘッドホン『AH-D1000』です。

    

○購入価格 (購入場所)

10500円(忘れてしまいました…)

○音の印象

大変「奥ゆかしい」ヘッドホンです。
上品は上品なのですが、おとなしいというか真面目と言うか…
うまく表現できませんが、「奥ゆかしさ」があります

低音域はやや控えめです。
密閉型ということもあり、足りないというほどではありませんが、
とてもおとなしく丁寧な鳴らし方をします。

中音域は、繊細に鳴りますが遠いです。
これがこのヘッドホン一番の特徴だと思いますが、中音域が遠いのです。
とは言え情報量として不足しているわけではなく、
微細な音まできちんと鳴らします。
ドライというよりはウェットよりな音ですが、
独特の「さらさら感」があるので、「しっとり」とまではいきません。

高音域の響きは軽く、あっさりしています。
しかし、中音域に上手に乗っかっているため不足とは感じず、
むしろ繊細な中音域にあつらえたような、独特の風合いを持っています。

総じて、音のつくりがヘッドホン全体として非常によくまとまっており、
悪く言えば「か弱い」「頼りない」「そっけない」という音ですが、
よく言えば「繊細」「奥ゆかしい」「後味が良い」という音です。

密閉型ですが、音はくどくありません。
それぞれの音の細かな味わいまでしっかり聴かせてくれるけれども
それぞれの音の個性を強くはしないという印象です。
遮音性はそこそこで、音漏れも少ないと思います。

分解能は価格なりからちょっと物足りないくらいです。
音場は普通~広めですが、広めというより、遠めです。
奥行きはあるけれども、左右の広がりは普通程度でしょう。

クラシックをしっかりと聴くには雰囲気の再現性(空気感)が足りなく、
ロックを鳴らすには迫力やダイナミックな感じが足りないです。
さらに、打ち込みともどうも相性が悪いようです。

ところが、ポップスを聴くと化けます。
特に、生楽器を主体としているポップスとは相性が良いように思います。
クラシックに関しても、軽い気持ちで楽しめる程度には鳴りますのでご安心を。

○似ている機種

上位機種のAH-D5000、AH-D2000をそのままお求め安くした感じです。
あるいは、K501と方向性が似ています。
K501から中音域を遠くして、低音を増やして、
全体的なクオリティを価格なりに落とし込むと、AH-D1000に近くなります。
同じおとなしめの機種でHP101がありますが、これとは似ていません。

○ハードウェア面の印象

耳を覆うタイプのイヤーパッドですが、やや小さいので耳が当たるかもしれません。
側圧はややゆるめで、長時間使用しても痛くなりません。
イヤーパッドの材質は良い感じの合皮で、肌触りがよく気持ち良いです。
また、全体的に軽いです。

コードのつくりもしっかりしており、価格なりの品質は充分持っています。
堅めですがクセは付きにくいです。折り曲げてしまうと壊れそうです。
ジャック部分のつくりが良く出来ており、真面目に作ったんだなぁと感心致します。

延長コードは長いもの(3m?)が付いています。ケースはありません。
ポータブルとは書きましたが、横幅がありスーツケースには入りません。
持ち運びが出来るくらいの大きさですが、かばんには入らないくらいの大きさです。

○価格など

10500円~14000円程度で、値段に幅があります。
10500円ならばコストパフォーマンスは普通~若干良い程度、
14000円ならばやや悪いと言えそうです。

(音域別評価)
高音域:☆☆☆★ (中音域と非常に良く合います)
中音域:☆☆★  (独特です。「遠い」ところが気に入るか否かです)
低音域:☆☆    (可も無し不可も無しです)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆★ (3から修正しました)
ハードウェア面    :☆☆☆☆★(肌触りが良く軽いので、心地よいです)
コストパフォーマンス:☆☆★   (上記ご参照下さい)
お気に入り度     :☆☆    (悪くはないのですが、ちょっと元気が足りないかも)

得意ジャンル:ポップス、女性ボーカルのやさしい曲
苦手ジャンル:打ち込み、ロック
オススメCD:おそらくMr.Chilidrenやコブクロやキンモクセイあたりなのですが、
        もう少し検討させてください…

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング後の評価です。
ポータブルヘッドホン | コメント:0 | トラックバック:0 |

SENNHEISER 『PX100』

少しずつ検索にひっかかるようになって来たようです。
ご期待に応えられているかわかりませんが、精進します!
今回は、SENNHEISERの開放型ポータブルヘッドホン『PX100』です。

    
○購入価格 (購入場所)

5000円前後 (石丸電気(在庫セール時))

○音の印象

非常に扱いやすいヘッドホンです。
低音は品がいいですが、量があります。
開放型なので圧が軽く、耳にうるさくない低音です。
中域はさらさら(ざらざら?)しており、やや控えめです。
高域は量に欠けますが、伸びがありさわやかな印象です。

低域に若干引っ張られており、それがよく言えば安定感のある、
悪く言えば天井の低い感じの音を作り出します。
なんというか…今一つ感動に欠ける音という印象を持っております。

しかしながら音作りは非常にうまく、
ロックからポップス、軽めのクラシックなら充分鳴らせます。
地に足の着いた低音とあっさりとした響きの組み合わせは、
聴き疲れが非常に少なく、長時間使用していても問題ありません。
さらっとクリアなイメージを持ちながら、力強さもあるヘッドホンという印象です。

開放型なので、遮音性はほぼゼロ、音漏れも盛大です。
マナーあるヘッドホニスト(?)は、電車内では絶対に使用してはならないものです。
なお、音のこもりは感じません。
しかしながら、散歩のおともには中々どうしていい感じです。
外の音がはっきり聞こえるため開放感が抜群ですし、車の音も密閉型よりは聴こえます。
※もちろん、ヘッドホン装着時のお散歩には充分に注意を払って下さい!
 安全が確保できないお散歩コースの場合は、
 使用を控えるのがヘッドホニスト(?)の常識です。

分解能はやや低めの印象です。
超低域で音がつながったまま飛んでくるような印象です。
しかし開放的で軽い音が鳴りますので、あまり気になりません。

音場の広がりは、開放型としては可も無く不可も無くです。
価格を考えればいい方かな?とも思います。
特に不満はありません。

ポータブルとして気軽に音楽を楽しむ、
あるいは家で寝転びながら何となく音楽を楽しむというのには、
まさにうってつけといえるヘッドホンだと思います。
また、多くの音楽に合いやすい無難なヘッドホンなので、
お手軽に楽しめる開放型ヘッドホンとしては、大変オススメできる機種です。
しかし、精緻なリスニングや重厚感のある音楽には向きませんので、
すでに充分な機種をお持ちの方が買うのには向かないかもしれません。

ポータブルなのに電車では使えない。
価格以上の音を鳴らすそこそこいいものなのに、
価格を大きく飛び越した感動は難しい。
結果として、初心者には敷居が高く、ハイエンドユーザーには求められにくい。
位置取りが中途半端になりやすい、もったいないヘッドホンと言えるでしょう。

○似ている機種

これは…中々難しいかもしれません。
あっさりしていてコクがあるヘッドホンです。
意外と個性があるので、似ている機種を上げるのは難しいです。
強いて言えば、当然のことですが同社のPX200(密閉型)があげられるでしょうが、
これでは参考にならないですよね。
何か思いついたら追記します。

○ハードウェア面の印象

とにかく軽く、側圧も弱いです。
付けているのを忘れるくらい、ソフトでライトな付け心地です。
いわゆる耳のせ型ですが、装着感はグッド!です。

コードは柔らかめです。きゃしゃというわけではありませんが、
1~2年使っていたらプラグ側が断線してしまい、買い換えたことがあります。
そういう意味では、デリケートな作りかもしれません。

また、メガネケースのようなプラスチック製のケースが付属していますが、
出し入れが非常に面倒で、まず使いません。
ちょっと豪華な梱包物と考えるのがいいでしょう。

延長コードなどは付属していませんが、特に不満は感じない長さです。
家で使うには、短いかもしれません。

○価格など

参考価格は5~6千円程度です。
海外の品物なので、店頭で買うと少々高くなります。
サウンドハウスというネットショップがおすすめです。

(音域別評価)
高音域:☆☆★   (伸びがありきれいです)
中音域:☆☆    (おとなしいです)
低音域:☆☆☆★ (しっかり鳴りますが、圧はありません)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆   (あっさりしていて万能です)
ハードウェア面    :☆☆☆☆★(装着感がとても良いです)
コストパフォーマンス:☆☆☆   (価格よりちょっと良い程度です)
お気に入り度     :☆☆★   (昔はよく使っていました)

得意ジャンル:ポップス、自然音を中心としたヒーリング
苦手ジャンル:ヘヴィロック、響きの深い音楽
オススメCD:くるり 『ワルツを踊れ Tanz Walzer』
        あっさりかつさわやかな感じが良く出ます。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング後の評価です。
ポータブルヘッドホン | コメント:2 | トラックバック:0 |

Philips 『SHL9600』

どうやればブログが検索に引っかかってくれるのかよくわからず、
未だ閑古鳥の当ブログです!でも書きます!
今回は、Philips のポータブルヘッドホン『SHL9600』です。

    

○購入価格 (購入場所)

3990円 (インターネット通販:e☆イヤホン)

○音の印象

低音の弾み方がとても楽しいヘッドホンで、
同価格帯では考えにくいほど元気な低音を鳴らします。
バスドラム、ベースがとてもよく聴こえますので、ロック向きのヘッドホンという印象です。

中音域は少し遠くから聞こえます。
ボーカルメインの曲を聴くと、不満が残るかもしれません。

高音域の伸びはきれいで、ハットやクラッシュシンバルの音がきらきら聴こえます。
「音が地味」(落ち着いている)という評価を良く見かけますが、、
個人的にはノリ良く楽しく聴けるヘッドホンという印象を持っています。

ただ、非常に明暗(コントラスト)の強い音を鳴らしますので、
人によってはドンシャリと感じるかもしれません。

密閉型で遮音性は充分です。なおかつ、音のこもりは感じません。
非常に気持ちよく音を楽しむことが出来ます。
分解能も充分で、迫力のある低音域に他の音域が埋もれてしまう感じはありません。

音場の広がりについては、特に不満はありません。
特段広くも狭くも無く、やや広め(スタジオくらい?)の印象です。

先述の通り、中音域が少々引っ込んでいるので、
中音域のよく鳴るヘッドホンを使用した後だと、物足りなく感じるかもしれません。
しかし、SHE9700と同程度の魅力を感じます。
もっと評価されてもいいヘッドホンだと思います。

○似ている機種

保有機種の中では、同社PhilipsのSHE9700に近いですが、
かつて保有していたKOSSのPorta Proと方向性が重なると思います。
豊かな低音がロックの魂をゆさぶる、
非常に男気あふれるヘッドホンかと思います。

また、試聴したのみですが、
SENNHEISERのHD25と低音の雰囲気が似ています。
「低音域が固まりとして鼓膜に直接ぶつかってくるような感覚」なのですが、
この表現が正しいかどうかは難しいところです。

○ハードウェア面の印象

側圧は強めです。おそらく、これが低音域をよりかせいでいるのでしょう。
側圧強いのが苦手な人は、手でぐいぐい押し広げることで自由に調節できます。
低音の圧もやや減るので、音がくどいと感じる方は試してみてもいいかもしれません。
ちなみに、私は広げて使っています。
※完全に元には戻らなくなりますので、自己責任で慎重にやりましょう!

コードはやわらかめで、クセはつきにくいです。
途中にボリュームコントローラー(1円玉大)がついているのが気になる人もいるかもしれません。
ケーブルにこだわる方は、ボリュームコントローラーをパスして使っている人もいるそうです。
個人的には、ボリュームコントローラーは便利で好きです。
気になる人は、ボリュームコントローラーの音量を最大にして、
本体側で調節するのが良いでしょう。

なお、左耳のメッシュ部分が高い確率でよれているのが玉にキズです。
実は、SHL9600は色々あって5台ほど見ているのですが、
そのうち4台について、左耳のメッシュ部分が波打っていました。
音には特段の影響がありませんので、
よれパッドに当たっても泣かないで、大切にしてあげて下さい。

スイーベル機構ですので、平たく折りたたみが出来ます。(写真2枚目参照)
また、内側に折りたたむことも出来ます。
スーツにも合いそうなデザインですので、
スーツケースにもスポッと入れられそうです。
ヘッドバンドのサイズが小さいので、この点には充分注意して下さい。

○価格など

参考価格は4500円前後です。
前回に引き続き、最高のコストパフォーマンスだと思います。
ポータブルサイズでロックやバンドサウンドをノリ良く聴きたい人には、
間違いなくこれをオススメします
SHE9700が好きな人には、きっとご満足頂けるはずです。
オススメですよ!

Philipsは総合メーカーなので、ヘッドホンのみに注力しておらず、
生産中止の判断や、マイナーチェンジによる
音質改変(改善とは限りません)がしばしば行われますので、
ほしい場合にはちゅうちょせずに買ってしまいましょう。

(音のバランス)
高音域:☆☆☆☆ (金属的でいい感じです)
中音域:☆☆★   (悪くないですが、ボーカル主体の曲は向かないかも)
低音域:☆☆☆☆☆(圧、量、ノリ、どれをとってもすばらしいです)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆★ (再度修正しました)
ハードウェア面    :☆☆    (サイズの小ささと側圧の強さがネックです)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆★(非常に良いと思います)
お気に入り度     :☆☆☆☆  (ドラムの音がたまりません)

得意ジャンル:ロック、ポップス
苦手ジャンル:クラシック、ボーカルもの
オススメCD:RED HOT CHILI PEPPERS 『STADIUM ARCADIUM』
        フリーの弾むようなベース、チャドの踊るようなドラミングが、
        とても元気良く明瞭に聴こえます。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング前の評価です。
ポータブルヘッドホン | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。