主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

TECLEST T51 vs COLORFUL CK4

リハビリがてら、比較記事なんぞを書いてみようかと思いました。

オーディオファンの間では比較的ポピュラーな高音質DAPであるT51とCK4、
その2つを相変わらずの文章量で徹底比較してみようと思います。

記事をかくにあたり偉大なる先人の皆様の記事を拝見しようと思いきや、
T51は比較的見るもののCK4はあんましないのですね。

①お値段
T51は割りと簡単に輸入できます。海外通販って言った方がただしいのかな?
オススメはOWNTAという怪しげなサイト。PeyPalが使えます。
PayPalっていうのはクレジット支払い代行みたいな。
詳しくは需要がありましたらそのときにでも。
英語力も必要ですが、英検3級TOEIC300点代の私でも問題ないので、大丈夫です。
ただ、初期不良などトラブったときは要注意。
OWNTAの対応はとても良いですが、日本からリチウムイオンバッテリーを含む製品は原則海外発送できません。
中国に旅行に行く友人に手荷物として持っていってもらう(これなら問題ありません)など、
何らかの手段を講じることができなければリスキーです。
日本での取扱いは徐々に少なくなってきている様子。お店に急げ!

CK4はTAOBAOがメジャーどころ。
ただPayPalが使えないので、代行業者を使うのも手かも。
敷居が高いなっていう方は、フジヤエービックさんとかでも売ってます。
アフターケアは万全!ちょっと相場はお高め(20,000円くらい)ですが、
保険がついてると考えたらむしろ安いかも。

前置きが長くなってしまいました。

T51は購入価格12,000円ちょい、CK4は14,000円程度。
ドキドキ堂など日本で扱っているお店で買うと、+2~3割という感じです。

ちなみに、どちらも4~5万円レベルのアンプと同程度の音の感じです。
その意味では、どちらもどっこいどっこい。十分素敵なコストパフォーマンスです。


②音の傾向
さくっといえば、T51は重心低めのしっとり系、CK4は湿気なしのカラッとさわやか系。
ちょっと安っぽい言い方をすれば、低音が豊かなのがT51
(ただしキレがあるというよりは厚みがあり濃厚な感じ)、
中音~高音が前に出るのがCK4です。

使い分けるなら、T51はクラシックやヒーリング、バラード、演歌、
ヘヴィロック、歌謡、しっとり系ポップス、ベースが艶っぽい音楽なんかがいいかも。
CK4は元気系ポップス、テクノ、アニソン、ブリティッシュロック、さわやかロック、
ギターソロのかっこいい音楽とかが素敵かも。

アーティストでいえば、T51はTHE YELLOW MONKEY、鬼束ちひろ、黒猫チェルシー、
椎名林檎、志方あきこ、相対性理論、RADIO HEADとか。
CK4はくるり、フジファブリック、OASIS、吉井和哉、奥田民夫、
BUMP OF CHICKEN、放課後ティータイム(けいおん!のやつ)とか。


③操作性、ハードウェア
どっちも中華のあやしいDAPのあやしい様を存分に楽しめる操作性&ハードウェアです。

T51は反応のちょっと遅れるタッチパネル式。操作にコツが必要です。
あと、バッテリーが弱いです。8時間充電とかもうね。
友人とかに頼まれたりして延べ4つくらい買ったことがあるのですが、
うち1つは届いた時点でバッテリーがお亡くなりになられていました。合掌。
ちなみにバッテリー交換をするには、本体カバーを無理やりひっぺがして傷物にするよりほかありません。
背面はマットな質感に仕上げたアルミ製。これが頑丈そうに見えて、簡単に凹みます。

CK4も負けてはいません。
まず届いた時点で、保護のために仮で貼ってあるフィルムの乱雑さに度肝を抜かれるでしょう。
いろいろあってこれまた3つくらい仕入れたのですが、3つともひどいことになってました。
気泡はデフォルト、はしっこはがれてるし。ていうかつまみの部分のテープぐしゃぐしゃだし。
このテープも汚れまくりで、ほこりついてるとかってレベルじゃねーぞ!

で、一見タッチパネルのようで、実はボタン式。
何も知らない人が画面を指でなぞるのは、通過儀礼です。

驚愕の事実として、3つくらい仕入れたうちの2つは、
ホールドスイッチがいかれてました。
スライド式なんだけど、なんかべたべた?してて動かないの。
無理に動かすと今度は戻らないの。
しかもそもそもホールドにもならないという親切設計。
間違えてホールドにしたら大変だものね!
CK4さんの名誉のために言うならば、1つはちゃんとしてました。
あと、CK4たんの日本語はちょっとつたなくてかわいいです。
エクスポローラーてあなた。

比べると、個人的にはT51が僅差で勝利です。普通に使う分には液晶波打たないし。
ボタンから壊れそうな中華DAPたちなので、ボタンが少ないのはむしろ安心。
ちなみに音量はT51が無段階、CK4がデジタル有段階です。

④デザインとかもろもろ
んなもん気にすんな!
パチiPhone?ちっちゃいカーナビっぽい?
うっせー!堂々と使ってやったらいいんですよ!


というわけで、役に立ちそうな記事は②のアーティスト別比較くらいです。
久々とはいえひどい文章ですね、本当にありがとうございました。

あ、T51にはSRH440、CK4にはSR225がオススメです。
私が持っているヘッドホンの中では最高の組み合わせだと思っています。
どっちも付属のイヤホンだけは使っちゃダメですよ。あれひd…ユニークですから。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
ヘッドホンアンプ | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。