主観だらけのヘッドホンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Philips 『SHL9600』

どうやればブログが検索に引っかかってくれるのかよくわからず、
未だ閑古鳥の当ブログです!でも書きます!
今回は、Philips のポータブルヘッドホン『SHL9600』です。

    

○購入価格 (購入場所)

3990円 (インターネット通販:e☆イヤホン)

○音の印象

低音の弾み方がとても楽しいヘッドホンで、
同価格帯では考えにくいほど元気な低音を鳴らします。
バスドラム、ベースがとてもよく聴こえますので、ロック向きのヘッドホンという印象です。

中音域は少し遠くから聞こえます。
ボーカルメインの曲を聴くと、不満が残るかもしれません。

高音域の伸びはきれいで、ハットやクラッシュシンバルの音がきらきら聴こえます。
「音が地味」(落ち着いている)という評価を良く見かけますが、、
個人的にはノリ良く楽しく聴けるヘッドホンという印象を持っています。

ただ、非常に明暗(コントラスト)の強い音を鳴らしますので、
人によってはドンシャリと感じるかもしれません。

密閉型で遮音性は充分です。なおかつ、音のこもりは感じません。
非常に気持ちよく音を楽しむことが出来ます。
分解能も充分で、迫力のある低音域に他の音域が埋もれてしまう感じはありません。

音場の広がりについては、特に不満はありません。
特段広くも狭くも無く、やや広め(スタジオくらい?)の印象です。

先述の通り、中音域が少々引っ込んでいるので、
中音域のよく鳴るヘッドホンを使用した後だと、物足りなく感じるかもしれません。
しかし、SHE9700と同程度の魅力を感じます。
もっと評価されてもいいヘッドホンだと思います。

○似ている機種

保有機種の中では、同社PhilipsのSHE9700に近いですが、
かつて保有していたKOSSのPorta Proと方向性が重なると思います。
豊かな低音がロックの魂をゆさぶる、
非常に男気あふれるヘッドホンかと思います。

また、試聴したのみですが、
SENNHEISERのHD25と低音の雰囲気が似ています。
「低音域が固まりとして鼓膜に直接ぶつかってくるような感覚」なのですが、
この表現が正しいかどうかは難しいところです。

○ハードウェア面の印象

側圧は強めです。おそらく、これが低音域をよりかせいでいるのでしょう。
側圧強いのが苦手な人は、手でぐいぐい押し広げることで自由に調節できます。
低音の圧もやや減るので、音がくどいと感じる方は試してみてもいいかもしれません。
ちなみに、私は広げて使っています。
※完全に元には戻らなくなりますので、自己責任で慎重にやりましょう!

コードはやわらかめで、クセはつきにくいです。
途中にボリュームコントローラー(1円玉大)がついているのが気になる人もいるかもしれません。
ケーブルにこだわる方は、ボリュームコントローラーをパスして使っている人もいるそうです。
個人的には、ボリュームコントローラーは便利で好きです。
気になる人は、ボリュームコントローラーの音量を最大にして、
本体側で調節するのが良いでしょう。

なお、左耳のメッシュ部分が高い確率でよれているのが玉にキズです。
実は、SHL9600は色々あって5台ほど見ているのですが、
そのうち4台について、左耳のメッシュ部分が波打っていました。
音には特段の影響がありませんので、
よれパッドに当たっても泣かないで、大切にしてあげて下さい。

スイーベル機構ですので、平たく折りたたみが出来ます。(写真2枚目参照)
また、内側に折りたたむことも出来ます。
スーツにも合いそうなデザインですので、
スーツケースにもスポッと入れられそうです。
ヘッドバンドのサイズが小さいので、この点には充分注意して下さい。

○価格など

参考価格は4500円前後です。
前回に引き続き、最高のコストパフォーマンスだと思います。
ポータブルサイズでロックやバンドサウンドをノリ良く聴きたい人には、
間違いなくこれをオススメします
SHE9700が好きな人には、きっとご満足頂けるはずです。
オススメですよ!

Philipsは総合メーカーなので、ヘッドホンのみに注力しておらず、
生産中止の判断や、マイナーチェンジによる
音質改変(改善とは限りません)がしばしば行われますので、
ほしい場合にはちゅうちょせずに買ってしまいましょう。

(音のバランス)
高音域:☆☆☆☆ (金属的でいい感じです)
中音域:☆☆★   (悪くないですが、ボーカル主体の曲は向かないかも)
低音域:☆☆☆☆☆(圧、量、ノリ、どれをとってもすばらしいです)

(主観評価)
総合的な音の良さ  :☆☆☆★ (再度修正しました)
ハードウェア面    :☆☆    (サイズの小ささと側圧の強さがネックです)
コストパフォーマンス:☆☆☆☆★(非常に良いと思います)
お気に入り度     :☆☆☆☆  (ドラムの音がたまりません)

得意ジャンル:ロック、ポップス
苦手ジャンル:クラシック、ボーカルもの
オススメCD:RED HOT CHILI PEPPERS 『STADIUM ARCADIUM』
        フリーの弾むようなベース、チャドの踊るようなドラミングが、
        とても元気良く明瞭に聴こえます。

※評価方法などはこちらをご覧下さい。
※エージング前の評価です。
スポンサーサイト

ポータブルヘッドホン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<新製品情報 その1 | HOME | marantz 『HP101』>>

この記事のコメント

Lets 様
はじめまして。SHL9600の記事、大変興味深く拝見させて頂きました。的確な分析をされていることに感心致しました。

当方、CD900ST、7506、EX90SL・LP等SONY製品(Monitor系)を中心に好んで聴いている者です。

EイヤホンさんでこのSHL9600のBLOGを見て興味を持ちました。かなり安いこともあり、低音の質が高くコンパクトで持ち運びも便利と、1つ持っていてもいいかなと思いました。

今後とも宜しくお願い致します。
2009-05-30 Sat 21:27 | URL | うひちゃん [ 編集]
>うひちゃん様
は、半年後のお返事になってしまいました・・・
本当に申し訳ありません!!

よくある話で、更新が完全にストップしておりました・・・
またぼちぼち続けて参りますので、
もしまたご覧頂ける機会がありましたら、
どうぞよろしくお願い致します!

本当にすみませんでした・・・
2009-10-07 Wed 20:03 | URL | Lets [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。